「EARTH WORM(アースワーム)」、リアル系ミミズワーム登場。380円~!

公開日: : 新製品, Lures, BIOVEX

さすが東京駅。

いつもPCの仕事柄、外で作業する時は電源利用OKのカフェを探すんですが、東京駅はいっぱいある。普通は駅周辺に5~10店舗くらいしか出てこなかったりするのですが、東京駅は50件近く出てきた。ちなみにiPhoneの方はこの「電源カフェ」アプリ使うと便利です。いつも僕はこれを使ってます。

格安ルアーを出し続ける、バイオベックスから新作ルアーです。

格安、リアル系ミミズワーム

earth_worm_image

EARTH WORM(アースワーム)」。
格安ビッグベイトを出していることで知られるBIOVEX(バイオベックス)から、新たなリアル系のワームが出ます。ご覧の通り、ミミズ。

全4サイズ、6~8本入り、定価380円~480円(税抜)、カラーはこれ1色のみ、発売時期不明。2016年3月~4月頃ってところでしょうか。

さすがバイオベックス。ワームも安いですね。500円以下で売ってるワームは最近あまり見かけません。というか、780円とか880円とか1,000円近いワームの方が多いくらいですからね。

EARTH WORMを見た時に『地球の・・・?』と思ってしまいましたが、まさにミミズのことを英語で “earthworm” と言うみたい。Google先生が教えてくれました。

見た目的には結構リアルなこのアースワーム。ノーシンカーワッキーなんかで、いい動きしてくれそうです。比重も実際のミミズと同程度にしてあるんだそう。ワームとしての硬さはどのくらいなんだろう。

なんとなく、でかいサイズの方が良さそうですね。小さい方のは形状変化があまりなく、シンプルな棒のような感じっぽい。

 

もうちょっとだけ、頑張ってほしいような気も

最後にもうちょっと頑張ってほしかったところを。

格安で出してるのでしょうがないのかも知れませんが、ワーム先端のバリ(はみだした余計なとこ)は、ちゃんと切って欲しいような気がしちゃいます。

現物見てみないことには実際のところはわかりませんが、たぶんフィネスな釣りに使うであろうこのアースワーム。こうったワーム先端の整い具合(精巧さ)もちょっと気になっちゃいました。

たぶん大きさにしたら1mmあるかないかくらいの微笑サイズだと思いますし、バスがその部分を気にしてることはないかもしれません。つまりこのままでも普通に釣れるでしょうが、使い手の人間側が気になっちゃうと、信じて投げ続けることが難しくなっちゃいますからね。なので、普通に使う前にチェック、除去が必要かもしれません。

超細かいですが、こういった点も改善されて今くらいの価格帯だったら、もっともっとバイオベックスが流行りそうです!

今後の動向にも注目しておきましょう。

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

「ゾーイ トップブレード Jr.」買ってみた。奇抜すぎる。でも超リアル。

「バスロイド」が死ぬほどリアル。イマカツ新作のバス型ビッグベイトがヤヴァイ。

スモールサイズの「チャンクロー2.8インチ」が登場。3月発売予定!

「GOGOチャター」という新チャターをジークラックが開発中!低速でもしっかりブルブル?

「ジリオン」ロッドも出ているゾ! スティーズに匹敵する良コスパロッド。

「i-BREAK(アイブレイク)」、メガバスが謎のスイムベイトを開発中!!

「DEX(デックス)」、日本向けのバークレイハードルアーシリーズ始動。

ダイワ×ガンクラフトのコラボ「ジョイクロ」が、ついに発売開始してる!!

ヘドンから今年も「干支ルアー」が出るゾ!今年はマグナムトーピードにファー仕上げ!

「16スコーピオン」登場。伝統のワインレッドではなかった。

「ダッジ」のカラーラインナップ判明! 相変わらずレイドジャパン、きれいだな。

「野良ねずみ」、ティムコからもラット型ルアーが新登場

デュエル「クレイフィッシュ」ってのがリアル。まさにザリガニっぽいし、買うわ!!

新「グリフォン」、これまでとどう違うのか? 旧モデルと比較してみた

「ビアンカ」登場! メガバスからマグナムスプーンが出るらしい。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です