トリプルインパクトを生んだ「Nishine Lure Works」、キープキャストで限定ルアー発売。

公開日: : Lures, Nishine Lure Works

今日の関東はめちゃ暖かいですね。

最高気温22度もあって、2月なのに意味わかんないくらい暖かいです。今日釣り行った人、もしかしていい結果出てるのかな~。比較的暖かくなったシャロー付近にバスが上がってきて、陸っぱりからでも結構釣れちゃうとか。いやーそんな1日くらいの天気だと変わらないんですかね。どうなんだろう。

キープキャスト、必ず行っておきたいブースがあります。

Nishine Lure Works、キープキャストに出展

d0145899_21484716

キープキャスト出展社の中で、今回僕が特に気になるメーカーがあります。

Nishine Lure Works(ニシネルアーワークス)」です。

流行りに左右されず10数年以上も前からリアルな造形で、かつ独特なルアーを世に送り続けており、日本国内のショップに商品入荷するとたちまち売り切れになるほどの人気っぷり。代表でありルアービルダーでもある西根さんは現在カナダに住んでいますので、日本に来ることはあまり多くはありません。もちろん日本でのイベント出展も貴重。

そんなニシネルアーワークスが、来週末の名古屋キープキャストに出展し、特別カラーのルアーを販売するようです。スーパーチナイ95スライドダート85Fの2種類で、どんなカラーなのかは当日のお楽しみ。

前々からニシネさんのプラグが気になっていた僕ですが、なかなか入手できなかったりで、これまで1回も使ったことありません。当日買えるかどうかわかりませんが、いい機会なので見に行ってみようと思います。

 

ニシネさん = 名作「トリプルインパクト」生みの親

2016-02-13 15.32.24

なぜ、僕が前々から気になっていたのか。

それは、代表の西根さんがシマノ名作「トリプルインパクト」生みの親だからです。

2016年新トリプルインパクトが出ますが、15年くらい前に出た初代(旧)トリプルインパクト(↑)を作ったのが、このニシネルアーワークスの西根さんなんです。

シマノがバス用ルアーを出し始めて、およそ30年の時が経ちますが、シマノ史上もっとも売れたバス用ルアーがこの初代トリプルインパクト。

見たことないような曲がったボディ、ふてぶてしい顔つき(シマノらしからぬ造形)、なんとも言えないプロップ&アクション、そして何よりも、全国で続々と叩き出される圧倒的な釣果…。

もう間もなく4月に出る、大注目されている新トリプルインパクトですが、シマノHPやFacebookなどには西根さんの名は一切出てきていない、と思われます。

全く関与していないからなのか、版権を丸ごとシマノが買ったからなのか・・・。詳しい内情はわかりませんが、今回の新トリプルインパクトの原点は、旧トリプルインパクトを生み出した西根さんということは間違いありません。

ということで、旧トリプルインパクトの威力を感じていた思い出があるので(当時中学生くらい)、キープキャストに出るニシネルアーワークスさんが気になっているのです。

激混みするから買うのムリかな~ ( ゚д゚)

via:Nishine Lure Works

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週よく読まれている記事たち
hebinuma人気記事ランキングへ

■当サイトについて
なぜhebinumaを立ち上げたのか

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

カラー変化する「BLUE CHIME(ブルーチャイム)」、本当に変わるのか実験してみた

「パドチュー」をようやく入手。こんな風に奥まで中空になっているのがキモ

ヌルヌルしそうなくらいにリアル。ジークラック新作のスイムベイトに期待

【ダイソー木材】15年ぶりのハンドメイドルアー製作方法・手順&アートナイフ素晴らしい!

「デラスピン」、デラクーコンセプト第4弾ルアーが登場。スピナベにフェザーフック!?

「ドライブホッグ」入手。意外にも(?)ダウンショットで、ふわりアクションを活かせそう

巻きの「バスロイド」、をイマカツが開発中。詳細は一切不明

「キング青木虫」、4月発売予定。約7.6gへボリュームアップ

DSTYLE「Dジグ」、2016年4月発売予定。ゲーリーのとはなにか違うのか?

「ドライブスティックファット」入手。見た目はほぼ同じだけど、重量比35%アップのバックスライド向けモデル

ルアーにも「STEEZ」ブランドが登場。2016年3月~発売。

「ファイヤークラッカー」、ジャッカルから "爆竹" という名のバズベイトが登場

DSTYLE、次なる新作は「D-BLADE(ディーブレード)」か

「タイニーシグレ」入手。自然に溶け込むナチュラルな蝉プラグのちっちゃい版

好調な「ピンコストレート」に新サイズ登場。縦浮きがバスにとって新鮮なのか?

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です