「メタニウム MGL」、2016年3月~発売。大人気シリーズの最新作デビュー。

公開日: : 最終更新日:2016/02/27 新製品, Reels

昨夜からサーバーの引っ越し作業を始めています。

たぶんこの記事が見れてる頃には大方終ってると思いますが、もしかしたら部分的にアクセスしにくい状態などがある可能性があります。時間経過とともに安定するはずですので、リロード(再読み込み)するかしばらく時間を置いてからアクセスし直していただきますようお願いいたします<m(__)m>

昨日は新アンタレスDCを紹介しましたが、これも超期待の新作ベイトリールです。

 

大人気メタニウムシリーズの最新作

meta1

メタニウム MGL」。
シマノの大人気メタニウムシリーズの最新作が、2016年登場です。

ソルト対応、自重175g、ギア比3種類(6.2、7.4、8.5)、最大ドラグ5.0kg、ラインキャパ12lb100m、定価44,100円。右ハンドルモデルが2016年3月発売、左ハンドルモデルが2016年5月発売

現行の13メタニウムと比較すると、自重が5gだけ重くなっていたり、ラインキャパが少しだけ少なくなっていたり(13メタニウムは自重170g、ラインキャパ12lb120m)。

意外と、全てのスペック項目において性能アップということではないようですが、やはりこれは本モデルの最大の特徴でもあるMGLスプールが影響しているのでしょうか。

 

MGLのおかげでより飛ぶのか

リール名にもなっている最大の特徴「MGL(マグナムライトスプール)」。技術的に不可能とされてきたスプール側面への穴あきを成功させ、飛距離20%アップしたとか。 meta2

サイレントチューン。スプールを支えるベアリングに僅かな圧力をかけることで、静穏性&震動制御に繋がっているんだそう。meta3

新・SVS∞(インフィニティ)。基本的には4個のブレーキシューをオンにしておけば、調整幅が広がった外部ダイアルのみでセッティング可能とのこと。meta4

もちろんマイクロモジュールギアやXシップ、ハガネボディなどは標準装備。

見た目的にもシルバーに統一され、どんなロッドにも合いそうなデザイン。13メタニウムのツートンカラーよりは全然良さそうです。

定価44,100円ですので、実売価格は30,000円ちょい~35,000円程度ってところでしょうか。

フィッシングショーで実際に触ってきますが、たぶん僕これ買います。左ハンドルのギア比7.4か8.5を。5月発売ってことなのでまだ半年近くありますが、これは楽しみ過ぎますね。快適なキャストができそう。うまくなった気分になれるかも。

 

via:SHIMANO

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週よく読まれている記事たち
hebinuma人気記事ランキングへ

■HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

■当サイトについて
なぜhebinumaを立ち上げたのか

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

O.S.Pが新作トップウォーターを開発中・・・それ以外のことは一切不明。

「ジリオンSV TW」や「アルファス エア」、予約販売スタート。

「バスロイド寒鮒/寒鯉」、フィッシングショー限定カラ―として登場か!?

「16アルデバランBFS XG」、『チチチ…』とドラグ音が鳴る構造とは

「フェイカー」、直結のブレード付きシンキングミノーがティムコから新登場

「アトラクター登場」! 初のグラス素材採用のグラディエーター。

「ギルロイド」、初回出荷カラーラインナップが判明! どれもすごいギルですわ。

「ショットシャロースクエア55」登場! この春から期待できるノリーズの新シャロークランク。

「タイニーギリング」が結構楽しみ。これは早く投げてみたくなる。

「16 セルテート」登場。3年ぶりモデルチェンジで『より軽く・滑らか』に。

「HYUGA(ヒューガ)」にパックロッドモデルが追加される! 仕舞寸法35cm以下だと!?

ゲーリー「カリフォルニアロール」登場! アメリカ生まれのネコリグ専用ワーム。

【レビュー】実際に「16アルデバランBFS XG」を投げてきた。遠心っぽく気持ちいい

「アライブチャターHG(ギルチャ)」開発中・・・! たぶん、世界初のギル型チャターベイトだゾ!

反町隆史も喜んでる!? 「グランデザワン」間もなく発売。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です