「ステルススイマー」、イマカツからフックが “見えない” スイムベイト登場。

公開日: : 最終更新日:2016/04/18 新製品, Brands, IMAKATSU

各社の新商品紹介などをしてますが、やはりメーカーに偏りが出てきますね。

フィッシングショー前だからどんどん新製品発表するメーカーがある一方、そうでもないメーカーも。オフシーズンだからこそ、新製品を出してファンの熱を冷めさせないようにしている狙いなどもあるのでしょうか。

今日一発目は、イマカツの新作スイムベイトです。

ステルス・スイマー

スクリーンショット 2016-01-22 15.20.41

ステルススイマー160」。
イマカツが2015年からコツコツと開発しては、ブログ上などでチラ見させてきたソフトベイトがようやく明らかになってきました。

名称からして全長160mmであることは予想できますが、それ以外のスペックについてはわかりません。価格も発売時期も。

でも最大の特徴であるフック構造については明らかになりました。外からは一切フックが見えていないのです。↑の写真のソフトベイトが完成品ですが、これですでにフックが付いている状態のようです。

フックが一切見えない、まさに “ステルス” な次世代ルアーについて詳しく見ていきましょう。

 

完全にフックが見えない状態に

ステルススイマー。その秘密はどうやらボディ内部にあるようです。光に透けて内部にフックが映っているのが確認できます。
スクリーンショット 2016-01-22 15.21.10

このように背中側がベロンと開く構造になってて、そこにラインアイと直結されたデカめシングルフックが埋め込まれている構造。もちろんバイトがあれば、ソフトボディが凹んでフックアップできる、と。
スクリーンショット 2016-01-22 15.21.21

フックが出てないのでストラクチャーに当たってもスルンとすり抜け、根掛かりを恐れずに攻められそうです。

詳しくは動画をご覧ください。

エラ下にあるアイにフックが付くのかと思ってましたが、ここはどうやらウェイトチューン用のシンカーをぶら下げるためのアイかもしれません。

動画説明文に『「チェイスだけで終わる…」を、終わらせる。』との記載がありましたが、これは確かにそうなるかもしれません。

フックの存在感で、あとちょっとのところで見切られる・・・そんなことがなくなる可能性を秘めているのかもしれません。

バイトあった時にちゃんとフッキングするのか、フックの存在感がほぼなくなったことでどのくらいの効果があるのかは定かではありませんが、ここまで完全にフックが見えなくなるルアーはなかったんじゃないかと。

ステルススイマー、注目です。

via:lurenewstv

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週よく読まれている記事たち
hebinuma人気記事ランキングへ

■HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

■当サイトについて
なぜhebinumaを立ち上げたのか

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

ノリーズの「HOSHOKUON(ホショクオン)」を買ってみた。釣りにはまだ行ってない。

ああ、懐かしい。実家から持ってきた昔のルアーたちを公開してみる。

陸っぱり向き「デラボール」、ジャッカルからデラシリーズ第5弾ルアーが誕生

「G.C.クランク56」登場! 村上さんプロデュースってだけで期待してしまうわ。

「RESERVE(レゼルブ)」、2017年新作ルアーの中で使ってみたいモノのひとつ

「アクションレインウェア」という新たなレインウェアを購入。色はアレだけど、防水性に期待

ノリーズから新フロッグ「HOSHOKUON(ホショクオン)」がリリース!でも正式な発売時期はわからない。。

「カレイド・セルペンティ」、2016年新たなスピニングシリーズがスタート。

イタリア釣具メーカー・モリックスの「スイミングドラゴンフライ」がちょっと気になる。

no image

メガバスの「I-BLAST(アイブラスト)」がタイプXと同じ道を歩みそうな気がする件

「ドライブホッグ」、O.S.P新作ワームに期待。4月末の発売予定

「ザ・モンキー」。ハトリーズから干支限定ルアー登場。

ついに「ギリング165」が発売になったゾ!!これでギリングが2サイズラインナップに!

「ウェアラブルルアー」!?カメラなどを内蔵できる先進的なルアーが登場

no image

リールのメンテ楽しい。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です