「Bantam(バンタム)」。シマノの名門ブランドが復活、新たにロッド誕生。

公開日: : 新製品, Rods

2016年、新作がスゴイです。

例年、フィッシングショー前のこの時期は各社からいろんな新作が発表されますが、今年は特に豊作のような気がします。単なる新作ではなく、ビッグ同士のコラボだったり、名作の復活だったり。その反面、ファストファッションのように商品サイクルが短くなってて、ロングセラーが生まれにくい。その結果、どんどん新商品を出すしかないような状況になっているのかもしれませんが。

シマノからは名門ブランドが復活し、ロッドが新たに誕生します。

Bantam」ロッド、誕生

ついに発表!!皆さん秘密にしてきてごめんねm(__)m昨年密かに開発、テストを続け、シマノ社から、シマノ社だけのオリジナル製品として、僕らの10年、20年先の覚悟を形にしたバンタムロッド、バンタムルアー(^o^)1979年に初めてバス…

Posted by 伊豫部 健(イヨケン) on 2015年12月25日

シマノが秘密裏に進行していた「Bantam(バンタム)」プロジェクト。シマノが初めて作ったバス専用ブランドであり、1980年代に隆盛を極めました。

バンタムブランドが2016年復活し、先日紹介した新「トリプルインパクト」のようにルアーもリリースされますが、バンタムブランドのロッドも登場予定です。

以下の全14モデル、定価や発売時期は未定。

ベイトロッド

164ML-G
165L-BFS
168M
168MH
170M-G
170H
172MH
173MH-SB
1711H-SB

 

スピニングロッド

264UL+
265L
267ML
2610ML
274M

ブラックカラーのブランクス、アンタレスのようなガンメタカラーのリールシート、コルクグリップ。シンプルで上品な落ち着いたデザインは、使う人や使うリールを選ばなそうです。

フィッシングショーには実物が展示されていることでしょう。これはぜひとも触ってみたい。はたしてどのくらいの値段設定なのか。

詳細など分かり次第、またお知らせします。

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

サベージギア「ラインスルートラウト」登場。全長40cm、重量24オンスというモンスタースイムベイト!

ダイワから「エメラルダス×ルミノックス コラボウォッチ」が発売開始。

「ドッグX ディアマンテ」、ジャイアントよりもデカいペンシルが新登場

「リザードクロー」。ima(アイマ)の新作バス用ワーム!?

「16 STEEZ(スティーズ)」。ダイワ最高峰ベイトリールがモデルチェンジするらしい。

「Revo YABAI Spinning(レボ・ヤバイ スピニング)」も登場! 河辺裕和さんプロデュースモデルだ!

よりコンパクトに!「ジリオンSV TW」、新しくなったのはスプールだけではなかった。

「Revo Deez 6(レボ ディーズ6)」登場!!青木大介さんプロデュースのリールがカッコイイ。

「キング青木虫」、4月発売予定。約7.6gへボリュームアップ

新「ルドラ」開発中か!? O.S.P定番ミノーにボーン素材モデルが出る可能性。

6オンス!?「I-SLIDE(アイスライド)262T」の全貌が明らかに!こんなんどこで使うんや・・・。

「ポニーテール120」登場! ジャッカルの新作ジョイントベイト。

「16アルデバランBFS XG」、シマノはどんなマグネットブレーキを搭載してくるのか。

フィッシュアロー「ゼンマイルアー」を出すのか!? あのルアーと酷似。

なぜ「KANATA(カナタ)」が発売前から品薄状態になっているのか

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です