エバグリから福島健プロデュースのロッド「FACT(ファクト)」シリーズ新登場!第1弾はスピニングですよ。

公開日: : 最終更新日:2014/11/26 新製品, Rods

本日もhebinumaをご覧いただき、ありがとうございます。

エバーグリーンのロッドと言えば、初代コンバットスティック以来かれこれ15年以上も大人気であり続けている驚異的ロッドです。僕の感覚では、年々に価格も上がっていて、いまや7万円代、8万円代は当たり前、9万円近くするロッドもあります。そんなエバーグリーンから、新たなシリーズが登場です。

FACT(ファクト)シリーズ新登場

main

FACT(ファクト)
JBワールドチャンピオン、JBバスアングラーオブザイヤー、JBクラシックウィナーなどのビッグトーナメントでも優勝経験があり、サイトフィッシングにおいては驚異的な力を発揮する福島健さん。そんな福島健さんプロデュースの新シリーズです。

正確には、「コンバットスティック ヘラクレス ファクト」のようです。コンバットスティックの血を継承してるってことですね。

公式HPには、コンセプトとしてこんなことが書かれてました。

動きにこだわったハードベイト、形状にこだわったソフトベイト、細部にまでこだわりのチューンが施されたロッドetc……たとえそれらが見た目に新しさを感じさせないものであっても、また逆に物凄く尖ったものであっても、結果として恐ろしく釣れるという事実は変わりません。福島健のこだわりがカタチに。FACT。ついに事実が明かされる。

だそうです。
釣れるという“事実=FACT”のようですね!

まずはスピニングから。

hfas65ulst

HFAS-65ULST」。
というスピニングが第1弾です。
全長6フィート5インチ、ウルトラライト、ルアーキャパ1/32~3/16オンス、推奨ライン2~5ポンド、61,000円(税別)。

スペック見ればわかるとおり、フィネス設計のロッドです。スモラバ、ネコリグ、ノーシンカーなどに適しているようで、小型プラグもイケるとのことですが、巻き抵抗のあるあるルアー(クランクやミノー)などはちょっとキツそうな気がします。

FACTについての動画もありました。

僕はこれまでエバーグリーンのロッドを使うことはほとんどありませんでした。友達のをちょっと借りてってくらいです。

だって中古でもクソ高いですからね!中古で3万とかも普通ですし。なので、僕は今さら生産終了してるタクティクスなどを中古で狙ってるくらいです。それでもそこそこの値段しますけどね。。

エバーグリーンのことですから、これまた人気シリーズになるんではないでしょうか。そして僕個人的には、そろそろイマカツが本気でロッドを出してくるんじゃないかと思ってます。

via:EVERGREEN

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

モリックス「ラヴァ―スプーン」、マグネット固定式のミドルスプーンが誕生

ノリーズ「インレットミノー」がスゴそう。これはたぶん釣れるわ!

「スーパーディトネーター」! コンバットスティックシナジー第1弾がついに発売!!

2本で1,800円!「ステルススイマー」、ようやく2016年5月末に発売

「ZILLION(ジリオン)TWS」がもう間もなく発売の模様!ただし、アメリカでの話。

イマカツ「ギルロイド寒鮒」登場。リアルなフナ型ベイト。

イマカツ「ギルロイド」の全貌が徐々に明らかに。ブルシューター意識か!?

O.S.P新作「ドライブホッグ」の正体。スカート付きのクロー系!?

「ニンジャスイマー」「ニンジャグライダー」、デュエル初のビッグベイトが登場。

新アンタレスや新メタニウムなど、シマノHPで公開されはじめる。

「マッシュボブMR」、川島勉さん新作クランクが登場。

よりコンパクトに!「ジリオンSV TW」、新しくなったのはスプールだけではなかった。

盛三の新作「スイミングトゥルーパー」というスイミング専用ジグ。期待できそう。

DAIWA×issei 限定コラボ「タトゥーラ HLC TW 6.3」、2016年11月頃に登場

レイドジャパン「ダッジ」のスペック明らかに! 1オンスもあった!

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です