エバグリから本格的2ピースロッド「コンバットスティック・ライトキャバルリー」登場。

公開日: : Rods, ニュース

本日もhebinumaをご覧いただき、ありがとうございます。

もう20年近くも前に、人気ロッドシリーズの「コンバットスティック」を生み出し、現在に至るまで不動の人気を誇るEverGreen(エバーグリーン、以下エバグリ)のロッド。その人気と技術・素材進化に比例して、価格もどんどん高くなっているように感じますが、ファンの方々にとっては、高いとか安いじゃないんでしょうね。

そんなエバグリから、本格的2ピースロッドが登場します。

 

コンバットスティック・ライトキャバルリー

54_01

コンバットスティック・ライトキャバルリー
ベイト4モデル、スピニング2モデルの全6モデルです。

公式HPには

1ピース主体のバスロッド市場において、釣りを愛しているが、ロッドの運搬や移動手段に悩むアングラーが増えているという事実。仕方なく安価な2ピースロッドで妥協するか、本気の釣りが好きだからこそ釣り自体をあきらめてしまうという悲しい選択。

 
 

これスゴイわかりますね。
2ピースって、なんだか二軍のようなイメージがあって、機能的にもメーカーが全力出してない。ダサイし、周りから初心者じゃね?って思われる。で、結局、移動が不便だとしても1ピースが絶対条件になってしまう。うん、すごいわかります。

モデル一覧です。

タイプ モデル 定価
ベイト CLCC-68ML 58,320円
ベイト CLCC-610M 60,480円
ベイト CLCC-611MH 61,560円
ベイト CLCC-71H 62,640円
スピニング CLCS-611L 58,320円
スピニング CLCS-70ML 59,400円

なぜかラッキークラフトのロッドを思い出しましたよ

コンバット2 20120819 (1) 
エバグリが出してた初代コンバットスティックが↑のようなモデルです。この頃(たぶん2000年前後)は、エバグリとラッキークラフトが二大巨塔のような感じで、バス釣り界を盛り上げていました。

今は国内では大人しくなってしまったラッキークラフトですが、当時は、今では信じられないくらいメチャメチャ勢いがあったんですよ。現在で言うところのO.S.Pとかジャッカルくらい。もしくはそれ以上。

そんなラッキークラフトは全盛期にだけ、ロッドを出していました。確か2モデルのみの発売でした。

それがこちら。プラッッギングパフォーマンスだったかな。
130601ラッキー

ラッキークラフトのHP見てみると今はロッド作ってないようですね。残念。。
国内ではなく、海外ではラッキークラフト非常に勢いがあるようです。あぁ、あの頃の「エバグリvsラッキークラフト風潮」が懐かしい。

via:Ever Green

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

マレーシアの雷魚ジャイアントトーマン狙うなら年末年始にバッシンヘブンで!

ロッド「Bantam(バンタム)」、2016年4月~デビュー。全14モデル。

大型サイズ「DoLiveShad(ドライブシャッド)6インチ」も開発中!2015年に発売予定!

まじでゴールデン! いま巷で話題の「黄金ナマズ」、ナマで見てきた。

来たる9/13(土)、津久井湖で「ロードランナー試投会」が開催されるんだってさ!全モデルが無料で借りられる!

今でも追加してんのか!「コンバットクランク400」に新色が追加ラインナップ!!

メガバスがプロテスター(契約社員)を募集しているゾ!

フィールドは自分たちでキレイに。ダイワ「夏だ!地球のために汗をかこう!!キャンペーン」

ポンパドールにJr.(ジュニア)サイズが仲間入りするゾ!

うう。O.S.Pとティムコが、値上げを決定。やはり円安が影響しているのか。

東京LURE PARADISE(ルアーパラダイス)にガンクラフト代表・平岩孝典がゲスト参加するゾ!

いま話題のFishman「BRIST(ブリスト)5.10LH」を解剖してみる。パワフルさが伝わってくるパックロッドだゾ!

あのアウトドアブランド「コロンビア」でフォトコンテスト開催中!さっそくエントリーしてみた!

人気釣りアプリ「釣りオン!」にダイワ製品が登場。スティーズもあったんだが現実世界同様クソ高い・・・。

New「デストロイヤー」、フルモデルチェンジし新登場。2016年3月~発売。