「第19回サカナヘンノヒトタチ東京展」、釣り人達の作品を集めたイベントに行ってきた

どうでもいいことなのですが、担々麺が好きです。

大抵どこの担々麺もオイシイと思うのですが、特に気に入っているのが三軒茶屋にある陳麻家。前職時代、自宅からすぐのとこにあったのでよく行ってました。美味しいを表現する語彙力が乏しいのですが、本当に美味しいんです。そろそろまた行きたい。

SPONSORED LINK

サカナヘンノヒトタチ

2016-10-15 18.46.41

サカナヘンノヒトタチ

魚偏の人達・・・東京・目黒でこんな変わった展示会が開催されているのをご存じでしょうか。

私は全然知らなかったのですが、Twitterフォロワーの方から教えていただき、偶然にもこっち方面に用事があったので行ってきました。

コンセプトはこんな感じ。2016-10-15 18.46.10

『日常がちょっとだけ魚の方へ偏ってしまった釣り人達の作品を集めた』、そんな展示会です。

美術館内の展示会なので少し緊張していたのですが、そんな心配は全くいりませんでした。全体的にとってもアットホームで、受付やスタッフさん(?)なども和やかな感じでしたよ!

 

ざざっと一部を紹介

最寄り駅は「目黒」駅。目黒区美術館に隣接する区民ギャラリーというとことで開催されています。入場無料。
2016-10-15 12.58.37

簡単な受付を済ませると、まず魚型のクッキーを強制的に食べさせられるありがたく頂くことができるシステム。何枚でもOKという嬉しいサービスで、味は普通。2016-10-15 13.00.30

こんな感じで釣りにまつわる写真や絵画、造形物などが並びます。2016-10-15 13.07.30

琵琶湖のみに生息するというビワマス。

2016-10-15 13.04.40

2016-10-15 13.11.58

もちろんバス関連も。2016-10-15 13.03.37

2016-10-15 13.05.50

2016-10-15 13.01.53

2016-10-15 13.03.27

2016-10-15 13.06.23

ハンドメイドブランド六度九分の行友さんの作品。

2016-10-15 13.17.09

以前に紹介したこともある透明標本も。初めて現物を生で見ました。2016-10-15 13.09.08

2016-10-15 13.09.38

ざっくりとほんの一部ですが、こんな感じです。

どうも私のセンスが無いので、反射したりと写真ではうまく撮れないので、気になる方は実際に現物を見た方が絶対にいいです。

駅から10分ちょい歩くからなのか、あまり知られていないのか(?)、比較的空いてるのでのんびりと自分のペースと鑑賞することができます。

釣りにまつわる様々な展示物がありますので、お近くに行くことがあれば、寄ってみてはいかがでしょうか(^^)

開催期間は、明日16日までです。

催事名 第19回サカナヘンノヒトタチ東京展
期間 2016年10月12日(水)~16日(日)
会場 目黒区美術館 区民ギャラリー
東京都目黒区目黒2-4-36
入場料 無料

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週よく読まれている記事たち
hebinuma人気記事ランキングへ

■HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

■当サイトについて
なぜhebinumaを立ち上げたのか

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

TATULA(タトゥーラ)は、本当に良くできたリールだった。

「サウザーラダーシート」と脚立でレンタルボートがめちゃ快適! もっと早く買えばよかった。

【亀山バス釣り】こんなにリーダー長いの?ドラッキングでの冬場ディープ攻略を楽しんできた

気付かなかった…葛西臨海公園に「ブラックバス」が飼育展示されていたとは

【まとめ】実際に買ってみた「16アルデバランBFS XG」の仕組みやレビュー

「ハイピッチャー1オンス」登場。さっそく、これまでのモデルと比べてみた。

ボトムアップ「ARTIS(アーティス)」、川村光大郎さんブランドの陸っぱりバッグ到着

TATULA(タトゥーラ)のロッド「TATULA 721HFB」を購入しました。

TATULA(タトゥーラ)でバックラッシュしたら、コレだけは注意しておこう。

CAPE DESIGNを突撃訪問してきた ~アトリエ紹介編~

バラシてバラシまくったボートシーバス。エンジニア凄腕ガイドで横浜へ

凍ってる!?陸っぱりランガンするもノーバイトノーフィッシュ

釣魚画家「八百板浩司」さんの世界。“生命力” 溢れるブラックバスたち

「タトゥーラCT タイプR」を入手。いろいろとチェックしてみる ~外観編~

シマノ「VR-70」。僕に初バスをもたらした思い出のルアー。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です