1999年、バス雑誌に載っていた広告たち

公開日: : 懐かしのアイツら, 本・雑誌

掃除が楽しくなってます。

先月最新モデルのダイソンV8を買ったのですが、楽しくて掃除頻度が上がってます。自分の部屋、月に1回くらいしか掃除機かけてませんでしたが、最近は週2ペース。噂通り白い粉みたいのもよくとれますね。コードレスなので、車の中の掃除も楽しくてしょうがない。

SPONSORED LINK

出てきてしまった、昔のバス雑誌

そんなダイソンのおかげで掃除が楽しいのですが、ちょっと前に大掃除をしました。

すると昔のバス雑誌(1999年)が2冊出てきてしまいました。

案の定、掃除はストップ。今の倍以上あると思われる分厚い雑誌を見返してしまいました。今読んでも非常に勉強になるようなことばかり。自然相手のレジャーだからこそ、かもしれません。

そして記事以外に楽しかったのが、当時の広告ページ。10数年ぶりに見たわけですが、見覚えのあるものばかり。

中学生当時は全然買えなかったものばかりで、『もし3万円あったらどれにしよう。』みたいな空想ショッピングをよくしていたものです。

いくつか懐かしい広告ページを紹介します。

私の言葉がノイズになる可能性もあるので、敢えて何も書きません。

写真のみをご覧ください~ ^^

 

1999年、バス雑誌に載っていた広告たち

画像クリックで拡大版へ

 

2016-10-07 14.04.51

 

2016-10-07 14.05.27

 

2016-10-07 14.25.28

 

2016-10-07 14.14.28

 

2016-10-07 14.18.25

 

2016-10-07 14.19.08

 

2016-10-07 14.20.27

 

2016-10-07 14.20.42

 

2016-10-07 14.22.00

 

2016-10-07 14.08.50

 

2016-10-07 14.09.14

 

2016-10-07 14.10.30

 

2016-10-07 14.11.14

 

2016-10-07 14.13.15

 

2016-10-07 14.14.01

 

2016-10-07 14.06.38

 

2016-10-07 14.06.59

 

2016-10-07 14.08.19

 

2016-10-07 14.23.08

 

2016-10-07 14.07.47

 

今でもよく見かけるブランドもあれば、ほとんど見かけなくなってしまったブランドなども。

たかが広告ですが、いま見ても色んな想いが溢れてくるもんです。

こういったノスタルジックな振り返りができるのも、紙ならではの良さかもしれません。

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週もっともよく読まれている記事たち hebinuma人気記事ランキングへ

■HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

今月もバス釣り雑誌が出てますよ~。僕も買いました。

【まとめ】個人的な、懐かしの釣り道具やエピソードなど

釣果アップのために読み返してます。『バス釣りがある日突然上手くなる』を。

アングリングバス、今月からちょい早い発売。そして、改めてわかる川村光大郎さんの貪欲スタンス

書籍「ザ・鬼手仏心」が発売予定! シャチョー(伊東由樹さん)が16年ぶりに筆を執ったゾ!

中学生の頃に「fenwick HMX」を買った。良きパートナーだったな。

「トップ党」という素敵なバス雑誌。なんだか心地良くなってくる世界観

「Basser」定期購読、はじまった。バックナンバー約27,000円分も付いてきた。

『過去の成功体験が悪影響』。釣りも投資も同じ。

アップル社創業のマンガ「STEVES(スティーブズ)」がオモロい。スティーブ・ジョブズらの逸話を追体験させてくれる。

『新・世界怪魚釣行記』をリアクションバイトしてしまった・・・!

独自記事ばかり。今月号「Basser」、絶対に読んだ方がいい

「新・世界怪魚釣行記」。リアルな描写と、怪魚の写真がハンパない。いや、マジで。

青木大介さんから新著「適材適所のルアーセレクト」が出るゾ! しかも青木さんと釣りできるカモな特典付き!

O.S.P専門の無料冊子「O.S.P JOURNAL(ジャーナル)」が8月から配布開始!!これはオモロそう。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です