アヒルをスキャンしたSavage Gear「3D Suicide Duck」。バズベイトのような2本の足とは

公開日: : 最終更新日:2016/07/19 新製品, Lures, Savage Gear

最近新たなイスを探しています。

仕事柄、日中のほとんどをPCを目の前にしているのですが、今使っているイスは楽天かなにかで3年くらい前に買った安物。仕事環境に投資する意味も含めて、より快適なのを探しています。背中が疲れなくて、マウスを使う際に肘がうまいこと肘掛けに置ける奴。

今回は海外ルアー情報を。

SPONSORED LINK

本物のアヒルを3Dスキャン

13217394_10154833935424867_7427772337040620345_o

Savage Gear(サベージギア)の3D Suicide Duck

2016年の新作ルアーということですが、まだプロト状態であり、公式デビューは今年7月に開催されるICAST(アイキャスト、世界最大のフィッシングショー)開催後となるよう予定。

名前に "3D" という文字が入っていることから推測できるように、本物のアヒルを3Dスキャンし、ボディ造形しているとのこと。

本物からスキャンして作るというコンセプトは前回ご紹介した3D Ratとも同じ。

スペック

全2サイズ(6インチ、4.25インチ)、全3色(Wood Duck、Yellow Duck、Baby Black Bird)。

発売時期はアメリカなどではICAST後ということなので8~9月頃かもしれませんが、輸入という形になる日本はもう少し遅くなる可能性もあります。

 

回転する足。まるでバズベイト?

この3D Suicide Duckの特徴は、本物からスキャンしたということだけではありません。

二本の足がプロップのようになっており、タダ巻きするだけでそれぞれが回転するようになっています。

アヒルの足部分がこんな感じに水を掴むような形に。
13221393_10154833935479867_8157998166408451455_o

Tackle Tourでは以下のように解説されております。

These spinning feet throw off water in all directions and because of their cupped shape they will even churn water like a double-buzz, helping the bait not only create a big wake but a bubble trail. When retrieved slowly the bait churns plenty of water, but when the bait is burned it will really get pretty loud, and much like a twin bladed buzzbait is designed to call in fish from a great distance.

引用:Tackle Tour

超カンタンにまとめると、

これらの足がまるでダブルバズのように水を撹乱し、大きな引き波を立てるだけでなく、泡を発生することもできる。ブレードが二つ付いたバズベイトのように遠くからも魚を寄せることも可能。

ってところでしょうか。受験時の貯金しか英語力はないので、怪しいかも。

よ~く見ると、それぞれのペラが両方とも内側に回転しているっぽい。もう少しきれいに見たい方は、後述する動画をご覧ください。

 

リアフックは半固定

スクリーンショット 2016-06-01 10.26.49リアフックは背中側についています。

そして金属パーツにパチンとはめるようになっている模様。完全ロックではなく半固定状態なので、ここにバイトがあったら外れるという仕組みになっているようです。

マグネットなどによる磁力ではありませんが、うまいこと外れてくれるのでしょうか。

動画を見ると、結構キツ目のように見えます。

【追記】公式動画も公開されました。(2016.7.19)

 

この回転する足のカタチ

この3D Suicide Duckの足のカタチと機能を見た際に、以前に似ているの見たことあるような気分になり、ちょっとググってみるとありました。

Whopper Plopper(ホッパープロッパー)です。このホッパープロッパーの下半身を見てもらうとわかるのですが、同じように水を受けて回転するような構造です。

メンバー限定ルアーとして、国内メーカーからも同様コンセプトのものが出ることが決定しています。ちょっと遅れているようで今月末か来月くらいには届く予定。

一緒に房総でボート乗った友人がホッパーストッパーを使っており、そこで初めてこのルアーの存在を知りました。

みなさんのご想像の通りだと思いますが、ネチネチ粘るようなトップではありません。それこそバズベイトのようにテンポよく流していくトップ。そんなアクションを見せてもらいました。

 

ここ最近、日本で広がりつつある動きを見せるサベージギアの新商品。前回のラット型ルアー同様、気になっている方も少なくないのではないでしょうか。

※積極的にサベージギアを取り扱っているショップさんはあると思いますが、HAMAさんでもプッシュされておりました↓

引用:Tackle Tour

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週よく読まれている記事たち
hebinuma人気記事ランキングへ

■HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

■当サイトについて
なぜhebinumaを立ち上げたのか

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

「ライオットブレード」、根掛かり知らずなスピンテールジグがティムコから登場

「DOUBLE EDGE(ダブルエッジ)」。伊藤巧さんフック、リューギから夏前に登場か。

レイドジャパン「ダッジ」のスペック明らかに! 1オンスもあった!

「カープヘッド」、前評判の高いビッグスイムベイト(約6.8oz)がシグナルから登場

「キング青木虫」「DEX」など、2016年 Berkley の新作ルアーたち

「ブルタンク」、レイドジャパン新作がいよいよ発売。2016年5月頃か

「ワカペン」って名前っぽい。イッセイの新作ペンシルは。

エバグリから福島健プロデュースのロッド「FACT(ファクト)」シリーズ新登場!第1弾はスピニングですよ。

ステラに「C3000HG」「4000HG」のハイギアモデルが追加ラインナップされたゾ。

アブ「カーシートカバーⅡ」が便利そう。しかも、3,000円とそんなに高くない。

「ヤマフロッグ」登場! ゲーリーからもフロッグワームが出るゾ!

「フリップギル」! ノリーズからギル型ソフトベイトが登場するゾ!

「ポニーテール120」登場! ジャッカルの新作ジョイントベイト。

「Revo YABAI Spinning(レボ・ヤバイ スピニング)」も登場! 河辺裕和さんプロデュースモデルだ!

「ジリオンTW HLC」ついに来月6月発売。そして個人的に苦い経験をした前作ハマジリについて

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です