本物のネズミをスキャンした「3D Rat」。Savage Gearからラット型ルアーが登場予定

公開日: : 新製品, Lures, Savage Gear

SPONSORED LINK

日頃から新たな釣具が次から次へと生まれていますが、これは日本だけではありません。

もちろんアメリカやヨーロッパなどでも日々生まれていますが、まだまだ情報にラグがあるのが現状だと思います。Apple製品などデジタル分野ではタイムリーになりつつありますが、釣りでも同じようにしたいという個人的な想いもあります。ということで、今回は海外の新作ルアー情報です。

ちなみにApple関連のニュースについては、尊敬しているgori.meさんが海外情報含めて発信しています。こちらから↓

SPONSORED LINK ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

Savage Gear から新作ラット型ルアー

2016-02-20-16.15.06

雑誌やネット上で、『今年は日本でも来るかも!?』と言われているラット型ルアー。欧米諸国では以前からすでにラット型ルアーは一つのジャンルとして確立しています。

そして「ラインスルートラウト」などをはじめとしたビッグスイムベイトで、日本でも知名度をあげつつあるSavae Gear(サベージギア)。2016年のキープキャストにも出展されていました。

そんなSavage Gearから、今年新たなラット型ルアーが誕生します。

 

本物のネズミを3Dスキャン

それがこちら「3D Rat」。

まだプロト段階ですが、ほぼ完成間近の状態。

その名の通り、本物のネズミを3Dスキャンしボディ成形されており、ジョイント式。手足や尻尾、耳は交換可能なラバー素材でできています。

全2サイズあり、でかい方が約30cm、小さい方が約20cm。$20~$25前後の予定。日本で購入する際には、2500~3000円前後になるでしょうか。

7月に開催される世界最大のフィッシングショーICASTでお披露目となり、詳細なども明らかになるようです。

 

日本製のラット型ルアーたち

ちなみに現在、メイドインジャパンとしてはこれらのラット型ルアーが2016年に出る予定になっています。

ネズミが水面を泳いでるのを見たことがないので、うまくイメージが湧かないのですが、日本のバスも恐らく食ってくることでしょう。

日本のバスがネズミとして認識して食ってくるのではなく、水面上を動く "なにかの" 生命体として食ってくるんでしょうね。

日本でも一ジャンルとして確立するのか。それともマグナムスプーンのように一時的なブームで落ち着くのか。

ラット型ルアー、今年注目のジャンルです。

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週よく読まれている記事たち
hebinuma人気記事ランキングへ

■HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

■当サイトについて
なぜhebinumaを立ち上げたのか

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

バスロイドからピーコックカラーも登場! これはカッコイイ。

「リアルアユ」登場! ラッキークラフトから格安ビッグベイトがリリースされるゾ!

O.S.Pの新作「ハイピッチャーMAX」はそろそろ発売か!?さすがにもう来るだろう。

【開封の儀】エバーグリーン「ラストエース」のフックの付け方

「デスアダー・リザード」登場! なにこれ?って感じだけど、なんか釣れそう。

デュオ「オニマス」、2016年1月発売。ようやく公開された水中アクション。

りんかの新作「リドル」。サイト専用ワームらしい。

盛三の新作「スイミングトゥルーパー」というスイミング専用ジグ。期待できそう。

レイドジャパン、次なる新作はビッグソフトベイトか!? モザイク写真あり。

ジャッカル「リジン」登場。 ソルトルアーっぽいけど、これでもバス用。

「オーバーリアル63ウェイク」、O.S.P新ブランド第一弾ルアーについて直接聞いてきた

デプス「スリザーラット」。今年はラット型ルアー元年!?

レッグワーム2.9インチ、4月末頃に登場。小森プロの言う「フリーズアクション」とは

名称は「チビタレル」か!? ガンタレル ジュニアではないのかもしれない。

「ダークスリーパー」という久しぶりの?メガバスヒット作。完全にフックが見えない小型スイムベイト

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です