いよいよ、今年も「H-1グランプリ」が開幕! ハードルアーオンリー大会を制するのは?

公開日: : 最終更新日:2016/05/30 トーナメント・大会, H-1グランプリ

本格的にシーズンインしました。

ブログやSNSで『初バスゲット』という投稿も多く見かけます。もちろんトーナメントも始まっており、2016年もバス釣り本格シーズンインしました。

そして近年話題の、ハードルアーオンリーのH-1グランプリも開催です。

SPONSORED LINK

「H-1グランプリ」とは?

スクリーンショット 2016-04-23 12.19.31H-1グランプリ」。

5年前より関東エリアを中心に開催されているバスフィッシングトーナメントであり、プロアマ問わず誰もが出場可能。

一般アングラーも出場できるトーナメントとしては、いま最も盛り上がっているトーナメントのひとつではないでしょうか。

その名の通り、Hard LureのNo.1を決めるグランプリ。
以下、ルール抜粋です。

H-1GPXで使用できるルアーはハードルアーのみです。大会中ハードルアー以外はボートへは持ち込めません。
◎スピナーベイト、バズベイト、スピナー、スプーン、メタルジグはハードルアーの1種に含みますが、チャターベイト、ラバージグ、中空フロッグは含みません。また、トレーラーのワームやポークも使用を禁止します。
◎順位は3匹のラージマウスバスの総重量で決定します。

使っていいのはハードルアーオンリーであり、3匹リミット。陸っぱりではなく、レンタルボートによる釣りになります。

そんなH-1グランプリが、いよいよ本日から開幕です。以下2016年スケジュール。

第1戦 4月24日(日) 相模湖(神奈川県)
第2戦 5月29日(日) 亀山ダム(千葉県)
第3戦 6月26日(日) 牛久沼(茨城県)
第4戦 7月24日(日) 新利根川(茨城県)
第5戦 9月11日(日) 津久井湖(神奈川県)
もちろん一般アングラーだけでなく、伊藤巧さんやオリキンさんなどのプロスタッフの方々も参戦しています。

ちなみに、2015年の年間チャンピオンは伊藤巧さん。第2戦でノーフィッシュだったものの、総合重量で2位以下に大差をつけ優勝。

 

プラでビッグバスを仕留めてしまう伊藤巧さん

そんな2015年チャンピオンの伊藤巧さん。

今年ももちろん参戦されるようで、今週は第1戦の会場でもある相模湖でプラをしていたようです。そこで、驚愕のビッグバスを獲っていました。



 

57.5cm、3キロオーバー

初日はノーフィッシュだったものの、2日目にこのビッグバスを捕獲したとか。ハイプレッシャーでもある相模湖、しかもテキサスなどではなく、ヒラクランクギルで!



伊藤巧さんにとっても自己最高記録のようで、多くの方からのいいね!や賞賛が付いておりました。船内で暴れる音は “ドスドス” という巨体っぷりを感じさせる音がしてたとか。

いや~、これはスゴイ。

本日すでに開催中のH-1グランプリ第1戦、伊藤巧さんはどんな釣果を上げてくれるのでしょうか。プラでこれだけのを出してしまってる分、大きな注目が集まっていることでしょう。

また結果などわかり次第、お知らせさせていただきます。そして、今年はH-1グランプリの結果も追いかけながら紹介させていただきたいと思います。

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週よく読まれている記事たち
hebinuma人気記事ランキングへ

■HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

■当サイトについて
なぜhebinumaを立ち上げたのか

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

エバース選手、「フェザージグ」がウイニングルアーか!?

H-1グランプリ初戦チャンピオン千田選手のウイニングルアー、試合展開とは

バサーオールスタークラシック優勝した、青木さんのメインタックル。ロッドは? ルアーは?

りんか準優勝!!そしてDゾーンすげぇえええ!!

【JBトップ50】第4戦チャンピオンは、五十嵐誠選手!ウイニングルアーは自作モノ?

優勝したりんか、ビッグスプーン「ダイラッカ」で、3,050gのデカバスを仕留めていた。

「JBトップ50」の開催スケジュール。今年は結果だけでも紹介していく予定です

H-1グランプリ第4戦(新利根川)、優勝は横井丈史選手! 総合成績トップ(暫定)はオリキンさん

JBエリート5、完全復活チャンピオンに輝いたのは・・・番長、関和学選手!

「the another Dimension」予約販売スタート。バサーオールスタークラシック2015の青木大介さん密着DVD!

アメリカでも!? 日米チャンピオンが2人とも「スピードクロー」を使用してたっぽい。

青木大介さん、がっつり7日間プラ & ルアーは「スピードクロー」か!?

2016「H-1グランプリ」第1戦(相模湖)、優勝は21歳の若手選手!

H-1第2戦チャンピオン川島勉さんのウイニングルアーとは そしてTDハイパークランクでも?

ケーシー・アシュリー?大森貴洋?モリゾー? 2015バスマスタークラシックのダイジェストが公開されたゾ!

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です