カラー変化する「BLUE CHIME(ブルーチャイム)」、本当に変わるのか実験してみた

公開日: : 最終更新日:2016/10/22 開封の儀, Lures, FLYER’S

最近またTRFを聴きまくっています。

その中でも特にLove & Peace Foreverは1曲リピートしちゃうくらい好きです。テンションあげあげ系ではないのですが、なんとも言えない心地良さを感じるんです。歌詞もいいですね~。

温度によってカラー変化するルアー

2016-10-21 19.06.43BLUE CHIME。

FLYER’Sから出ているブルーチャイムというルアーがあります。先日(って言っても2ヶ月以上前)、小型カメラ内蔵のルアーを購入したのですが、その際に一緒に手に入れました。

FLYER’Sというブランドは、ユニークな発想でこれまでにあまりなかったようなアイテムを販売しています。カメラ内蔵ルアー以外にも、デニムを着たルアーや本物のビー玉が入っているルアーなども。気になる方は公式サイトをご覧ください。

このブルーチャイム。見た目的にはビッグバドのような形状をしていますが、こいつの最大の特徴は、温度によってカラーが変化するというところです。

水温20℃くらいからブルーの色が薄くって、白っぽくなっていくのです。

カラーが変わるから釣れる釣れないとか、そういうのはわかりません。ちょっと珍しいユニークなルアーとして、ご紹介させていただきます。

カメラ内蔵型ルアーについてはこちら。

 

まずは外観チェック

久しぶりの開封の儀です。こんな感じでパッケージに入っています。
2016-10-20 17.45.48

サイド。ヴィンテージルアーなどにありそうな雰囲気。2016-10-20 17.48.19

形状的にもサイズ的にもビッグバドに似てる部分が多いです。2016-10-20 17.49.29

リップにはFLYER’Sであることがわかる文字。2016-10-20 17.49.56

ブレードもオリジナル。ハート型になっています。2016-10-20 17.50.29

 

本当にカラー変化している・・・!

20℃くらいから変化するみたいなので、手でしばらく握って温めてみました。が、末端冷え性であるために手がいつも冷たいことを忘れ、全然変化なし。

ということで、文明の利器(洗面所のお湯)を使うことにしました。

温度計ってないので体感的にですが、いつものシャワーよりもぬるいかなくらいなので、たぶん35℃くらいはあったと思います。

実際にお湯につけてみた結果は以下の通り。


うお!
めちゃ白くなってる!!

 

これが。2016-10-20 19.29.28

これですからね。2016-10-20 19.28.41

 

今回は特に洗面所のお湯でやったので、こんなにも顕著&急速な変化でしたが、自然界ではまずこうはならないでしょう。

商品紹介ページには『フィールドの水温の変化のチェックに役立ちます』とありますが、たしかに夏場の超アバウトでもいいなら、役立つかもしれませんよね。

そんなちょっと変わった、温度によってカラー変化するFLYER’Sのルアー「BLUE CHIME」でした。

公式サイトはこちら

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週よく読まれている記事たち
hebinuma人気記事ランキングへ

■HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

■当サイトについて
なぜhebinumaを立ち上げたのか

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

本物のヘビ革を使ったザラ。地元の友人に作ってもらいました

日本初!!?釣り人らしく「iPhone6」を開封してみたんだけど、サイズ感わかるっしょ?

「イナズマSH」ゲット! このイナズマアームは確かに奇抜だわ。

「FLIP KOGILL(フリップコギル)」新登場。そして意外な(?)フリップギルの使い方

くびれあり。「ピックルワーム」、ゲーリーから太めストレートが新登場

獅子舞カラーのPOP-X、また “無駄に” 買ってしまっていた

KROMUSHI(ケロムシ)。すり抜け良さそうな虫系ルアーがデプスから登場

ノリーズの「HOSHOKUON(ホショクオン)」を買ってみた。釣りにはまだ行ってない。

「リップルクロー」、ガンクラフト新作ビッグベイトがいよいよ発売開始

ZBC「スピードクロー」買ってみた。見た目はシンプルだけど、高評価のクロー系ワーム

メガバス「グレネード」でかすぎ・・・! こりゃもはやビッグベイトだわ!

「ムシガエル」とうソリッドボディの虫系ルアーが、ジークラックから新登場

「EARTH WORM(アースワーム)」、リアル系ミミズワーム登場。380円~!

「ルドラ」、スローフローティングとミディアムスローフローティング、どう違うのか?

「フリックカーリー」、フリックシェイクのDNAを受け継ぐカーリーテールが登場

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です