ジークラック「ジャイロベイト」、浮袋の役割も持つインナーコアとは

公開日: : 最終更新日:2016/07/24 新製品, Lures, GEECRACK

暇な時によく見てしまうメディアの一つのGIGAZINEというのがあるのですが、ここが大プレゼントをやっています。約70アイテムも用意できるところはさすがの大手。太っ腹ですね。しかも単なる『はい、あげる。』ではなく、どのアイテムについても開封の儀やレビューなどがされています。これはGIGAZINEならでは。

GYROBAIT

スクリーンショット 2016-07-22 10.53.56
GYROBAIT(ジャイロベイト)

ジークラックから、新たなルアーが登場しました。前作ジャイロの名を引き継ぐ、デカすぎず小さすぎずなスイムベイトです。

全長130mm、約1オンス、全4色、定価1,980円(税抜)、2016年7月発売。※すでに発売中

ジークラック社長のFacebookでその存在が知らされた時にも、そのヌルヌルしそうなペイントに大きな反響が集まっていました。

琵琶湖はもちろん関東やその他エリアでも、すでに釣果報告が挙がっているとのことで、公式ブログでも釣果写真が公開されています。

水中アクション動画も公開されており、亀山の流れこみでいいバス獲ってるシーンもちょっとだけ。

 

 

インナーコア内蔵

スクリーンショット 2016-07-22 10.57.09
このジャイロベイトは単なるソフト素材の塊ではなく、「インナーコア」と呼ばれるハード素材で作られたパーツも内蔵されています。

上の膨らみには空気が入っているおかげで超スローシンキングになり、さらに下の膨らみにはウェイトボール内蔵。水中姿勢を安定するのに一役買っているとのこと。

そしてインラインシステム。ラインスルーと呼ばれたりすることもある、ラインとフックを直結するという構造。

力がダイレクトに伝わるためにフッキングしやすく、且つ掛かった後はフックがフリーになるためにバレにくいという特徴を持っています。ルアー自体へのダメージを減らす狙いもあるとか。

ボートでもオカッパリでも使いやすいサイズ感ということもあり、ぼちぼち人気で始めているようです。ネットショップをちょっと覗いてみると、鮎やモロコカラーなどは品薄気味ですね。

via:GEECRACK

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

「ゾーイ トップブレード Jr.(ジュニア)」、奇天烈ギル型ベイトのサイズダウン版が登場。

「STRADIC(ストラディック)」登場! シマノのNEWスピニングリールだ!

“ほぼブルーギル” な「ギルロイド」、8月発売か!?

「スライドスイマー175」が新しくなって登場!そろそろ買ってみようかな~。

【まとめ】代表的な虫系ルアー(虫パターン)たち25選

【まとめ】2016年の新作リールたち。シマノ、ダイワ、アブから何が出るのか

「キング青木虫」、4月発売予定。約7.6gへボリュームアップ

「バスロイド」のスペック判明! 全長170mm、約3オンス!

「マッシュボブMR」、川島勉さん新作クランクが登場。

レイドジャパン新作「レベルシャッド」、ついに3月発売で決定!! 50.3mm、4.3g!

「モンスターキャット」、2016年2月の発売予定。怪魚ハンター・小塚さんによるスイムベイト!

「エスケープリトルツイン」、べた褒めされたから買ってみた。 “肉厚” なハサミ。

レイドジャパン「BULL TANK(ブルタンク)」、2016年5月頃の発売。

「ドラゴンボール × バス釣り」のコラボTシャツ、BASS BRIGADEから誕生

「スティーズSV TW」、気になる価格が公式発表されていた!

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です