ジークラック「ジャイロベイト」、浮袋の役割も持つインナーコアとは

公開日: : 最終更新日:2016/07/24 新製品, Lures, GEECRACK

暇な時によく見てしまうメディアの一つのGIGAZINEというのがあるのですが、ここが大プレゼントをやっています。約70アイテムも用意できるところはさすがの大手。太っ腹ですね。しかも単なる『はい、あげる。』ではなく、どのアイテムについても開封の儀やレビューなどがされています。これはGIGAZINEならでは。

GYROBAIT

スクリーンショット 2016-07-22 10.53.56
GYROBAIT(ジャイロベイト)

ジークラックから、新たなルアーが登場しました。前作ジャイロの名を引き継ぐ、デカすぎず小さすぎずなスイムベイトです。

全長130mm、約1オンス、全4色、定価1,980円(税抜)、2016年7月発売。※すでに発売中

ジークラック社長のFacebookでその存在が知らされた時にも、そのヌルヌルしそうなペイントに大きな反響が集まっていました。

琵琶湖はもちろん関東やその他エリアでも、すでに釣果報告が挙がっているとのことで、公式ブログでも釣果写真が公開されています。

水中アクション動画も公開されており、亀山の流れこみでいいバス獲ってるシーンもちょっとだけ。

 

 

インナーコア内蔵

スクリーンショット 2016-07-22 10.57.09
このジャイロベイトは単なるソフト素材の塊ではなく、「インナーコア」と呼ばれるハード素材で作られたパーツも内蔵されています。

上の膨らみには空気が入っているおかげで超スローシンキングになり、さらに下の膨らみにはウェイトボール内蔵。水中姿勢を安定するのに一役買っているとのこと。

そしてインラインシステム。ラインスルーと呼ばれたりすることもある、ラインとフックを直結するという構造。

力がダイレクトに伝わるためにフッキングしやすく、且つ掛かった後はフックがフリーになるためにバレにくいという特徴を持っています。ルアー自体へのダメージを減らす狙いもあるとか。

ボートでもオカッパリでも使いやすいサイズ感ということもあり、ぼちぼち人気で始めているようです。ネットショップをちょっと覗いてみると、鮎やモロコカラーなどは品薄気味ですね。

via:GEECRACK

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

「コンバットペンシルジャスティーン」登場! 確実に掛けるサイレントペンシル。これは重宝する。

【新製品】メガバスの新バイブ「バイブレーションXマイクロ」登場!!

no image

「ドライブカーリー」。ネコリグやるなら最近はほぼこれ一択

ウナギ流行ってんの? バークレイからもウナギ型「イール8インチ」登場・・・!

止めるスイムベイト「アイブレイク」の全貌明らかに! なるほど、これで止まるのか!?

名古屋でもまた限定カラー「ギリング」が発売されるみたいだゾ!

「ダッジ」のカラーラインナップ判明! 相変わらずレイドジャパン、きれいだな。

「ブルフラット5.8インチ」開発中。キープキャストあたりで詳細明らかになるか!?

「グランデザワン」。反町隆史さん要望でジークラックがビッグラバジを作っている!

no image

あれ「ZILLION(ジリオン)TWS」もう出てる!?US版Amazonで普通に買えるゾ!

シマノから「CURADO(クラド)」というベイトリール登場! パワフル版スコーピオン?

イマカツの新作「クロースピン」がそろそろ発売か!?

「ニンジャスイマー」「ニンジャグライダー」、デュエル初のビッグベイトが登場。

「KANATA(カナタ)」、ロング&極薄のミノーを開発中。遥か “かなた” まで飛ぶからか。

カバー周りも攻めやすい「ゾーイ ケイリーン」、奇才ブランドTHタックルから新登場

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です