2016「H-1グランプリ」第2戦(亀山湖)、優勝はジャッカルチーム川島勉さん!

公開日: : トーナメント・大会, H-1グランプリ

昨日は、個人的な亀山釣行のレポートを書かせていただきました。

関東超メジャーフィールですので魚影は濃いのですが、余裕で超カンタンに釣れるほど甘くはない(と感じています)。そんな亀山で、昨日は今注目の大会が開催されました。

試合結果などをご紹介させていただきます。

約170名のトップに輝く

関東のメジャーレイクをレンタルボートで転戦する「H-1グランプリ」の第2戦が、昨日29日、亀山湖(千葉県)で開催されました。

優勝者は・・・川島勉さん!

ジャッカル公式Facebookなどでも公表されています。

 

170名のトップに!

H-1グランプリ史上最多の約170名の方が参戦したという今回の第2戦。

前回の第1戦(相模湖)では50位という結果であった川島さんが、数多くの猛者を抑え見事トップに!

川島さんと言えば、亀山をホームとするスーパーロコアングラーとして知られています。ジャッカルの人気ルアーである躱マイキーやポンパドール、そしてガンタレルやチビタレルなどは川島さんが開発した商品です。

果たして今回はどのようなルアーを使って、見事チャンピオンへと輝いたのでしょうか。

第1戦のヒットルアーはハマクルバグとのことでした。試合展開など含めまだ詳しく発表されていませんので、わかり次第また改めてご紹介させていただきます。

ちなみに昨年2015年のH-1グランプリ亀山戦の優勝者でもあるオリキン(折金一樹)さんもしっかりと4位に食い込んでおります。

次戦は、ウシク

次の第3戦フィールドは6月26日(日)、茨城県・牛久沼です。全体的にシャロー、アシやガマが繁茂するこのメジャーフィールドで各選手どう戦うのか。

個人的に牛久沼は超地元なのですが、小中学生の頃全然釣れなくてトラウマになってます。。

そんなタフフィールド(だと感じている)牛久沼で、ハードルアーオンリーでどう釣るのか。これは非常に気になるところです。

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週よく読まれている記事たち
hebinuma人気記事ランキングへ

■HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

■当サイトについて
なぜhebinumaを立ち上げたのか

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

【まとめ】「バサーオールスタークラシック2015」、出場選手一覧 & 各メーカーブース情報。

アメリカの賞金額が約3,600万円! 同じバス釣りでこんなにも差があるとは。

いよいよ、今年も「H-1グランプリ」が開幕! ハードルアーオンリー大会を制するのは?

約20年前に発売された「ディープX200」がウイニングルアーに! 名作はいつまで経っても名作なんだな。

バサーオールスタークラシック優勝した、青木さんのメインタックル。ロッドは? ルアーは?

【初日結果】「バサーオールスタークラシック2015」、トップは? 青木大介さんは?

アメリカでも!? 日米チャンピオンが2人とも「スピードクロー」を使用してたっぽい。

冨沢真樹選手!ジャパンスーパーバスクラシック2016を制したのは、平成生まれの超若手アングラー

ケーシー・アシュリー?大森貴洋?モリゾー? 2015バスマスタークラシックのダイジェストが公開されたゾ!

H-1グランプリ初戦チャンピオン千田選手のウイニングルアー、試合展開とは

バスマスターエリートシリーズ第4戦(レイクハバス)、優勝者はアーロン・マーティンス!

「the another Dimension」予約販売スタート。バサーオールスタークラシック2015の青木大介さん密着DVD!

エドウィン・エバース優勝! バスマスタークラシック2016、最終結果

「バサーオールスタークラシック2016」の栄冠は誰の手に? 開催日時や出場選手一覧など

JB TOP50 年間優勝は、青木大介さん!! クラシックにも期待!

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です