「16スコーピオン」登場。伝統のワインレッドではなかった。

公開日: : 最終更新日:2016/02/27 新製品, Reels

最近、いろいろと考えることありまして。

自分の新たな欠点に気付きました。「はっきりNO」と言えないこと。自分の望まない状況や環境があるとしたら、たぶんそれは全てこれが原因の可能性あるなと。

はっきりと断らないから相手もどことなく期待してくることも、きっとある。その相手にも無駄な時間とエネルギーを使わせてしまうことになるので迷惑かけるし、なにより自分にとって良くない。残りの人生、納得できるものにするために、自分が本当にYESと思えることだけに進むべき。最近、そう感じています。

話はがらりと変わりますが、シマノの気になる新作ラストはこちらです!新作スコーピオン!

根強いファンの多い、スコーピオン新作

product1 (3)

New「スコーピオン」。
シマノのがサラッと普通に新作リールをどんどんHPで公開しています。これも新作であり名門シリーズである、スコーピオンの2016年モデルです。

自重190g、ギア比3種類(6.3、7.2、8.2)、最大ドラグ4.5kg、ラインキャパ12lb100m、定価27,000円(税抜)。右ハンドルは2016年2月、左ハンドルは2016年5月の発売予定。

ソルト対応、Xシップ、ハガネボディ、S3Dスプール搭載。またどんなシチュエーションでも外部ダイアルのみでほぼ調整できてしまう、新SVS∞(インフィニティ―)も搭載。

旧スコーピオンに比べると、ややライト向けになっている印象を受けます。軽量ルアーを投げやすくするためであろうスプール径の変更(34mm→32mm)、それに伴うラインキャパの大幅減少。旧モデルは12lb165m巻けましたが、本モデルは12lb100m。豊富なラインキャパが魅力でスコーピオンを使っていた友人がいますが、そういった方々にとってはやや物足りないかもしれません。

 

最大の変更点は、ボディカラー

2016-01-28 17.00.37(スコーピオン1500)

でも、なんと言っても最大の変更点はボディカラーです。

これまでの伝統的ワインレッドから、単なるブラックのような色合いになっています。ほんの一部だけ、スプールの淵とメカニカルブレーキノブに赤っぽいカラーが使われていますが、『このリール何色?』って問いに答えるなら、それはやはり『黒』になるわけです。

僕が小学生の頃は、このスコーピオンのリール(↑スコーピオン1500/1501)が物凄く流行っていて、また少年の憧れでもあったリールです。当時はアンタレスなどもなく、メタニウムXTがシマノ最高機種であった頃です。1996年くらいかな。

いろんなリールを試しては売ってきましたが、この中古5,000円くらいで買ったスコーピオン(↑)は売らずにずっと持ってます。中高生の頃の相棒ですよ。hebinumaとはというページに載せているビッグバスを獲った時も、フェンウィックの竿にスコーピオンでした。

スコーピオンを特徴づけるワインレッド(スコーピオンカラーと呼ばれることも)、今後のリールには採用されないのかな。

新しいリールはだいたいどれもワクワクするのですが、今回はちょっと違う。複雑です。

↓旧スコーピオン

via:SHIMANO

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

「Pocket Reel(ポケットリール)」。それはパックロッドを超えた最強のモバイル釣り道具。

ダイワの「フッキングノイジー」がなかなか良さそうな件。ルアーでもいいの出してくるね、最近のダイワ。

モリックス「スーペルナート・ビートル」。クワガタ型ルアーが、2016年春に登場。

「CIRCUS(サーカス)」。青木大介さんと並木敏成さんによる、斬新なテーマのDVD

O.S.Pから新作防寒グッズが出ているゾ!

「バウンストレーサー」、これは結構まじで根掛かりしないメタルバイブかもしれない。

GEECRACK(ジークラック)とLIVRE(リブレ)がコラボしたハンドルが登場!!

ジャッカルの新ノイジーは「カップラップ」に決定! プロップ付きだよ。

「TNトリゴン」、ジャッカルからTNシリーズ新作モデルが登場予定

「ジャギポップ」という最新作ポッパー! アイアンマウスの短いバージョンか!?

太細いクランキングミノー「CHUB(チャブ)」の水中アクション動画などが公開!発売は2015年春頃か。

10月初旬ダ!O.S.Pの新作「ハイピッチャーMAX」の発売時期が決定!!

「ジリオン1516SHL」を買いました! かっこよすぎて惚れちゃう。

ビッグサイズ版は「ギガンタレル」として、2016年秋頃に登場予定

「Project T 2017」始動。DAIWAからTWS搭載の新作リールが登場予定

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です