リールのネジ、時々チェックした方がいい。僕みたいに開いちゃいますよ?

公開日: : 最終更新日:2016/05/15 Reels, テクニック・マメ知識

ブラインドタッチ。

半月前よりはだいぶ慣れてきました。でもちょっとやりにくいところが何カ所か。Yを右手中指で押しちゃう、Bを右人差し指で押しちゃう、エンターを薬指で押しちゃうなどです。これも矯正して強制して慣れていくしかない。

ヒヤッとするようなことが起きました。みなさんもご注意を。

【関連】ハンドルノブにベアリング入れてみた結果。→回転力ハンパない!

ボディが開いてる・・・( ゚д゚)

釣りしてて、なんか違和感あったんです。投げても巻いてても “引っかかる感” あるというか。この日使ってたのは「ジリオンTW」。

ブレーキ調整おかしいのかな?とか、半クラッチ状態で投げちゃってるのかな?とか、ガイド部分のラインがくぐっちゃってるのかな?とか思って見ても、特にそんなことなし。

で、気付いちゃったんです・・・

 

ボディが開いてるぅ”ぅぅおr!!!! ネジがいつの間にかユルユル状態に・・・・・( ゚д゚)
2015-10-17 06.58.02

この下のネジが特にユルユル。マイナスドライバーなんか釣りの時持ってないから、爪とペンチとスナップを駆使してなんとかネジが落ちない程度には固定。2015-10-17 06.58.06

よりによってこっちが開いちゃうとは。いつも開ける方(マグダイヤル付いてる側)のサイドプレートだったら完全に開いちゃったとしてもスプールがころんと出てくるくらいですが、このハンドル側がもし完全に開いちゃったら大変なことになりそう。確実にパーツ紛失ですよ。

毎回やる必要はないけど、数か月に1回くらいの頻度でネジの緩みチェックもした方がいいのかも。

みなさんも念のため、お持ちのリールのネジチェックをすることをおすすめします。

【関連】ハンドルノブにベアリング入れてみた結果。→回転力ハンパない!

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

シマノ「16ナスキー」登場。実売10,000円前後では最もコスパが良いかもな豪華スペック

シマノ「STILE(スティーレ)」は、やはりソルト向けベイトリールである模様。

メインギア破損してた。お気に入り「07メタマグ」、どれだけの摩耗・汚れがあったのか

逆に “しっくりこない” と思ったほどに超軽量な 「レボ LTX-BF8」。スペックも公開。

ジリオンTWS「1516SHL」購入したので、開封の儀します。こりゃワクワクする

「SS AIR(エア)8.1L」をTATULA(タトゥーラ)と比較してみました。

「タトゥーラCT」「タトゥーラCT TYPE-R」、日本モデルも発売か

no image

明日から使える、ボウズだった時の言い訳をまとめてみました。

本当にロッドソックス “スピニング用” がかなり便利だった

「ジリオン1516SHL」を買いました! かっこよすぎて惚れちゃう。

【まとめ】2015年の新作リールをまとめるよ!ダイワもシマノもアブも整理しよう!

シマノ「スティーレ」。2016年、新作ベイトリールが登場予定!

世界記録のブラックバスは、Manabu Kurita氏によって、2009年に琵琶湖で釣れているという事実。

衝撃!!「ZILLION(ジリオン)TWS」は、スーパーハイギアの9.1モデルも出るゾ!!

「STRADIC(ストラディック)」のスペック詳細キタ! 実売価格は1万円台!!

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です