新生「アルデバラン」誕生! 驚異の135g!スプールもより浅溝に!

公開日: : 新製品, Reels

本日もhebinumaをご覧いただき、ありがとうございます。

これでいったん、シマノ最後のリール紹介になります。前々から知ってたのもあれば、いきなり出たのもありますね!この冬、シマノもダイワもアブも新作リール出しまくっているので、どこかのタイミングでまとめようと思います。自分で紹介しておきながら、僕自身も整理できてないんです。

大人気リール「アルデバラン」、フルモデルチェンジで登場!

product1 (4)

新生「アルデバラン」。
この冬シマノから出る新作の中でもっとも注目されているリールではないでしょうか。旧「アルデバラン」から実に6年ぶりとなるフルモデルチェンジです。

具体的な変更点・特徴は、以下です。


自重135gに
→旧モデルから20gも軽量化

浅溝スプール採用
→軽量ルアーが扱いやすく

X-SHIP搭載
→駆動部まわりが改善、シルキーに

SVSインフィニティ搭載
→サイドプレート開けなくてもSVS調整可能に

サイレントチューン
→スプール回転の立ち上がりがスムーズに


ってところです。

とくに自重135gというのは驚愕の数字です!!国内に存在するどのベイトリールよりも軽いことになります。

この数字はたぶんダイワに火をつけたので、2015年後半にでもダイワからも同重量、もしくはそれを超えるような軽さのリールを出してくるでしょう。シマノとダイワは、リール自重に置いても長年バチバチ争ってますね。

これがサイレントチューン。
33618_feature1

スプールを保持するベアリングにわずかな圧力をかけることで、高速回転時のベアリングの振動を減少させる

っていう仕組みのようです。

全4モデル、2月以降発売!

スペック表。 実売価格は、30,000円ちょいってとこでしょうか。
スクリーンショット 2015-01-21 14.53.24

ギア比2モデル(6.5と7.4)、左右ハンドルの計4モデル。右ハンドルが2月発売で、左ハンドルが4月発売。

こちらは旧アルデバラン。僕も買いました
product1 (2)

これまでと比べると、機能的にはもちろん、デザイン的にも大幅にチェンジが施されています。

最初この記事で見た時は、正直『ダセぇ』と思いましたが、よくよく見ると結構カッコイイように見えてきました。購入意欲が湧いてきちゃいましたよ、どうしよ。

今年の冬はまじで新作リールが豊作だぜ。ダイワにしてもシマノにしても、魅力的なのが結構ある。今のところ「ジリオンTWS」がもっとも気になってますが、実物見たりしたら変わるかも。悩ましいものです。

via:SHIMANO

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週よく読まれている記事たち
hebinuma人気記事ランキングへ

■HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

■当サイトについて
なぜhebinumaを立ち上げたのか

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

ジークラック「デイス195」。これまでのよりもちょいデカい版が登場。

ビバ「生ガエル」登場! これで釣ったらオモロそうだゼ!

TWS搭載の「スティーズSV TW」、ついに明らかに! 2016年春発売。

「レーシングアベンタクローラー」開発中! 今度のイマカツはウッド素材トップだ!

「16 エンブレムMS」。2016年、ダイワから新作スピニング登場か!?

10周年記念の限定「ルドラ」が登場! 9月発売!

「ラストエース」「スカルピン」などファクトからも新作がまた出る。

【まとめ】実際に買ってみた「16アルデバランBFS XG」の仕組みやレビュー

イマカツ新作「スケアブローデケム」が、そろそろ発売!暴れ馬が千鳥ってバイト誘発!

ようやくダイワ公式HPに「ジリオンTWS」がキターーーー!! スペックも発表!!

「C-4シュリンプ4.2」というワームが、FACTから新発売! オスのテナガエビ!?

「バギークロー」の全10色! まずはナチュラル系を揃えてきてるんだな。

「RESERVE(レゼルブ)」、2017年新作ルアーの中で使ってみたいモノのひとつ

「EARTH WORM(アースワーム)」、リアル系ミミズワーム登場。380円~!

やっぱカラフル!ヘッジホッグからアブ用の「オフセットスタードラグ」も出たゾ!

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です