ナニコレ?釣りもできちゃうコノ設備が、いかにもSF映画に出てきそう。

公開日: : 最終更新日:2014/07/15 海外ネタ

本日もhebinumaをご覧いただき、ありがとうございます。

釣りのために、現代では多くのモノが出回っています。ボート、フローター、魚探、管釣り・・・etc。今日はこれまでに見たことないような近未来的で、釣りもできちゃう謎の設備をご紹介します。

 

生物っぽくも見える、その設備とは。

4

まるでオブリビオン(↑の画像)にも出てきそうな、SFチックな設備です。
それでは、紹介していきますー。

これです。
なんじゃこれ!生物みたい。歩き出しそう。。

20140526seashore02

ここから釣りもできちゃうんです!
足場とか波を気にしないでいいのは、安心&快適。
20140526seashore03

こんな感じに美女を配置することもできます。
もちろん、美女は自前で調達してくださいませ。

20140526ECseashore01

こいつの正体は・・・発電施設!

20140526seashore06
そうなんです!
なんのためにコイツあるのかって言うと、発電のためです!

波力発電装置を備えているんです。波の上下運動を利用して発電するタイプのようです。

なので、こんな感じで電線(コード)と繋がれてます。
20140618roomie_secretbase

開閉もできちゃうようです。海風から守ったりするためかな。
よりSFチック。 動いてるとこ見てみたいー。
20140526seashore04

こんな素晴らしい景色のフィールドで、美女と一緒に2人きりで釣りできたら、それはそれは楽しいでしょうね!間違いなく恋します。釣りどころじゃないですよ、これ。

ヘラクレスと俺のヘラクレスが火を吹くぜ!気を付けな!

via:dezeen

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

デンキウナギに感電すると、人間でもこうなる。コワすぎ。

こんなとこにバスが!!本場アメリカはやはりスゴイし、うらやましい。

釣り専用カメラ「Strike Cam(ストライクカム)」はバイトの瞬間を至近距離で撮影できるのがスゴイが、ちょっとゴツい。

怖すぎる!ライフジャケットなしの海がいかに危険かがわかる体験型ムービーを見てほしい。

下剋上!?サメがウツボに食われる貴重な光景が、海外で撮影される・・・!

オーストラリア。ここでは、ワニ釣りができるらしい。その実態とは?

12歳の少女が巨大イエローパーチを釣り上げる! アイダホ州の歴代記録に!

フィッシングボート「Ultraskiff 360」の形状が斬新すぎる。

【少し閲覧注意】ゴブリンシャーク(ミツクリザメ)って深海サメがメキシコで釣り上げられる!これは確かにゴブリンとか言われる顔してるわ。

TATULA(タトゥーラ)のロッド「TATULA 721HFB」を購入しました。

世界最大のフィッシングショーICAST2016閉幕。ベストルアー賞は Savage Gear「3D Suicide Duck」

ヒトのような歯が生えた魚が見つかる・・・。おそロシア。

アメリカで巨大「マンティスシュリンプ」が釣り上げられる!?

これなら携帯できるレベルかも。折りたためる長靴が登場。

【動画】3m超えのサメを釣ってしまう!しかもこっちはカヤック!w