フィッシュグリップについての注意点

公開日: : 最終更新日:2016/05/07 小物アイテム, その他

釣りをやるみなさんに、ご覧いただきたい内容です。

特にフィッシュグリップを使ってる方はお気を付け下さい。

SPONSORED LINK

できれば素手かネットでのキャッチを

 

雄蛇ヶ池の専門ブログとして人気の雄蛇ヶ池 蛇の道は蛇さんより、フィッシュグリップの使い方についての注意点についてです。

魚を掴む道具として便利なフィッシュグリップがありますが、モノによって魚を大きく傷つけてしまうことも少なくありません。

特にロックできるようなタイプは、場合によっては魚の一部を壊死させてしまう可能性があります。

バスであれば、できるだけ素手でキャッチしてあげるのが良いかと思われます。もしくは専用のランディングネット。

ブラックバスを新たに放流することができない今、現存するバスにはできる限りの優しさをもって接してあげることが、これからの未来に繋がっていくのではないでしょうか。

※すべてのフィッシュグリップではなく、一部のみがこのように傷つけてしまう可能性があります。※フィッシュグリップは適切な使用により、魚への負担を軽減させることもできます。
みなさん各自のご判断・ご注意の程お願いいたします。

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週よく読まれている記事たち
hebinuma人気記事ランキングへ

■HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

■当サイトについて
なぜhebinumaを立ち上げたのか

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

「Fishman(フィッシュマン)」のパックロッド、忘れてたハードケースが届いた。

「ソラローム ルアーPE」、東レから新登場した格安PEに期待

引っ越したら、絶対コレ買う!ガンクラフトの水槽「クロスミニ」欲しいんです。

水中カメラ『魚っちカメラ2』というおもしろアイテムがちょっとだけ気になる。

【募金】釣り好きのきょうこ(三輪響子・小6)ちゃんが、また釣りができるようにしてあげたい。

予想外! 楽しみにしていたキッチングッズで「サカナ型の氷」を作ってみた結果。

ヴィンテージ風の釣り「ブリキ看板」。これはインテリアとして普通にオシャレ。

安い&簡単。フックの保護には「網押さえゴム」がおすすめ

GEECRACK(ジークラック)とLIVRE(リブレ)がコラボしたハンドルが登場!!

ラインカッター「CT-041A」、切れ味バツグンだった。

緊急時や入門用にイイ!LOGOS(ロゴス)の偏光グラス。

サカナ型の氷が作れちゃうキッチングッズ! 買ってしまった。

【開封】日本野鳥の会「バードウォッチング長靴」。買うならワンサイズ上でもイイかも!

どこのピンオンリール買おう? 愛用してたシマノのを紛失しました。

サイトマスターに「ラスターオレンジ」登場。 “明るくコントラストはっきり” な偏光レンズ。

Comment

  1. 正道 より:

    まぁ要は使い方なんですが素手の方がいいという考えがすごいですね。

    使ったことありますか?

    トレブルフックが付いたルアーで釣れたバスを素手でバス持ちするんですか?

    自分は絶対嫌です。

    暴れて指にフックが刺さって病院行きになりましたから。

    暴れないようにしっかりファイトしてヘロヘロに弱らせてからフックを外しますか?(それは魚に優しいんですかね?)

    あと、素手よりはるかに魚体に優しいです。

    ソルトで長い間培われた方法です。

    間違った使い方をすれば貫通して口を痛めますがそれは素手のバス持ちも手首を返して持って顎関節に負担をかけるのと同じでツールではなく使う人の問題です。

    自身の安全と魚体への負担減を考慮してフィッシュグリップを使用して何が悪いんですか?

    もうちょっと書きようがあったと思いました。

    あとあの元記事の画像って本当にあの人の画像ですかね?

    2年前に知恵袋に投稿された物と同じですけどね。

    ま、あの人が2年前に投稿したのかもしれませんが。

    http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q14121661964

  2. 正道 より:

    あの画像は雄蛇ヶ池〜さんの2年前の画像だと確認できました。

  3. wpmaster より:

    正道様


    管理人の古澤です。

    この度は貴重なコメントありがとうございます。
    また至らない記事内容であり、お詫び申し上げます。

    私も主にシーバスにおいてフィッシュグリップを使わせ頂くことはありますが、バスの場合は素手で持っております。

    バスはNGでシーバスがOKということではなく、一部のフィッシュグリップの使い方について特に注意喚起させていただいたきました。

    確かに仰る通りフィッシュグリップその物ではなく、使い方次第ということだとも思います。

    頂戴しましたコメントを踏まえ、一部追記させていただきました。
    誤解を与えてしまうような表現であり、大変失礼致しました。

  4. 正道 より:

    こちらこそ少し感情的になっていたと思います。
    というのも記事を発信しておられる管理人さん、雄蛇ヶ池〜さんというよりもその記事にコメントしている方々の意見に苛立ちを覚えたのです。
    痛々しいというイメージで反対したり、ツールでなく素手でないと魚に失礼的なコメントも見られます。
    実際ゴツいボガグリップでもティッシュを一枚掴んで破らずに引っ張り出せるくらい優しいじゃないですか。
    フィッシュグリップを使う人間が魚に思いやりがないという流れになっているので意見させていただきました。
    大体釣り自体針で口に穴開けて釣り上げる遊びですよ。
    でもそこはこちらもつりびとですので言いません。
    しかし、フィッシュグリップを批判するのならせめて使用するフックは全てバーブレスにしてからでしょ。
    と、思いませんか?

    • より:

      グリップでティッシュを掴む云々のコメントを見て、余りに的から外れた論展開でしたので意見させて頂きます。

      ティッシュと魚の顎では厚さが違いますよね。
      そこに魚の自重が加わる訳ですから、ティッシュを掴むのと同じ負担で魚を持ち上げることが出来るはずがありません。
      貴方が仰るように、釣りというのはそれ自体が魚を傷つける行為です。
      しかし、釣り針で出来た傷とグリップで出来た傷は、規模も重さも全く違います。

      グリップを使う方々が皆、魚に対する配慮に欠けているというのは、暴論であると思います。
      ただ、グリップにより傷付いた個体が多く居るのも事実です。
      グリップ、並びにグリップを使う人を批判したいわけではなく、グリップの使用に因って魚が大きな傷を負うことを避けたい、またそのために注意喚起をしたいだけなのです。

      話を掘り返すようで申し訳ありませんが、御理解下さい。

  5. wpmaster より:

    正道様

    管理人の古澤です。

    とんでもございません。
    ご返信ありがとうございます。

    仰る通り、記事に対してのコメントには色んな方の考え方などがあり、私も全てに共感できるものではありませんでした。

    失礼などのメンタル的な要素もわからなくはないですが、やはり一番重要なのは魚にとっても人間にとっても最適かどうかだと思います。

    素手だとしても扱いが粗かったら当然魚を大きく傷つけることにもなりますし、逆にどんなフィッシュグリップを使ってでも丁寧に優しく扱うことで負担減になるはず。

    後半についても仰る通りで、釣り自体が針を使う行為です。
    魚だけではなく、人間側の安全・安心を優先することがあっても当然だと思います。
    現に私もソルトや海外フィッシングでは、基本的にはフィッシュグリップを使っています。

    この度は貴重なご意見、またご丁寧なご返信、誠にありがとうございます。
    私も改めて考えさせていただく貴重な機会とさせていただくことができました。

  6. 正道 より:

    こちらこそありがとうございました。
    そして失礼いたしました。
    facebookのコメントに書くと絶対に荒れると思ったのでこちらに書かせていただきました。

  7. wpmaster より:

    正道様

    管理人の古澤です。
    とんでもございません。

    改めまして、貴重なご意見を誠にありがとうございます。
    またこちらにコメント下さった件についても、ご配慮いただき、ありがとうございます。

    今後ともよろしくお願いいたします。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です