生物ライター「平坂寛」。なぜ今メディアが彼に注目しているのか? ~前半~

公開日: : 最終更新日:2016/10/18 怪魚, 芸能人・有名人

久しぶりに怪魚ハンターを紹介させていただきます。

と言っても、今回ご紹介する方は少し変わっており、サカナだけでなく爬虫類などもハンティングしています。さらに、それらの誰もこれまで食べたことないような生物を自ら調理し食べているというのですから、単なるハンターではありません。

そんな平坂寛さんを紹介させていただきます。

SPONSORED LINK

サカナだけじゃない。テレビにも出てる生物ライター

グリーンイグアナ 石垣島


平坂寛(ひらさかひろし)

こんな生物ライターがいるのをご存知でしょうか? 1985年、長崎県生まれ。国内外の生物を獲っては食べてみるという一風変わった活動を続けており、ニフティの人気エンタメサイト「デイリーポータルZ」のライターとして、自身の体験記録などを綴っています。

2年前には『外来魚のレシピ: 捕って、さばいて、食ってみた』という本を出版したことでも知られており、最近ではMonsters Pro Shopというメディアの編集長も務めております。

最近だと有吉さんがMCを務める『有吉弘行のダレトク!?』というテレビ番組にも、ダレトクなレシピ系のテーマの時にちょいちょい出演してるっぽいです。

今回はそんな平坂さんを紹介させていただきます。

ちなみにこれまで、以下のような方々を紹介させていただきました。




 

 

平坂さんが捕獲してきた生物たち

※各写真とコメントは、平坂さんご本人からご提供いただきました。

 

ヘラチョウザメ(アメリカ)。 オクラホマの河川にて。食べるつもりで捕まえたが、泣きそうな顔に情が湧いてしまいリリースした。
ヘラチョウザメ アメリカ 
プラークラベーン(タイ)。釣りというより、「巨大生物捕獲体験!」といった感じ。良い経験でした。プラークラベーン タイ

クラリアス(香港)。香港のドブに棲むアフリカ原産の大ナマズ。こんなに臭い水辺での釣りは初めてでした。そして、肉からも同じニオイが…。クラリアス 香港

ヤシガニ(沖縄)。沖縄にて捕獲。ヤシガニは成長が遅いので、このサイズになると、おそらく自分よりも年上(30歳以上?)。さすがに食べられなかった。ヤシガニ 沖縄

ダイナンアナゴ。東京湾、水深350メートルから釣り上げた巨大アナゴ。体重は19ポンド!ダイナンアナゴ

アリゲーターガー。北米原産の魚だが、なぜか横浜で遭遇。発見から捕獲まで1年間を要した。アリゲーターガー

ヘラツノザメの一種(東京湾)。東京海底谷にて。初めて釣り上げた「深海魚らしい深海魚」。深海へ本格的に目を向けるきっかけとなったメモリアルフィッシュ。ヘラツノザメの一種 東京湾

バラムツ(静岡)。食べるとお尻から油が漏れることで有名な深海魚。見た目もカッコいい、引きも強い、美味しいけど食べるとヤバい!といろんな魅力が詰まった魚。バラムツ 静岡 同船者から強奪

カミツキガメ(千葉)。印旛沼水系での繁殖が頻繁に報道されている外来亀。「具体的にどれくらい増えてるの?」という疑問を解決すべく千葉へ。…いっぱいいました。カミツキガメ 千葉

オオカミウオ(知床)。知床にて。あまりの迫力に、海外では「突然変異の巨大魚だ!」とあらぬ噂が立って大騒ぎに…。12036480_833220453465184_692516290705761121_nオオカミウオ 知床

ウォーキングキャットフィッシュ(沖縄)。沖縄で繁殖している外来魚。黄色と黒のブチ模様が印象的。ちなみに、なぜか肉も黄色。でも美味い。ウォーキングキャットフィッシュ 沖縄

カスザメ(房総)。房総にて。個人的には日本の岸から釣れる魚の中でトップクラスにカッコいいと思う種。「あんなの楽勝で釣れるよ!」という地元民の言葉と裏腹に、この一匹までに膨大な時間とお金を費やした。カスザメ 房総

マダラロリカリア。通称「プレコ」。沖縄の川に大量に生息している。外来生物問題に関心を抱くきっかけとなった魚。マダラロリカリア

タスマニアンキングクラブ(タスマニア島沖)。タスマニア島沖の深海に棲む巨大蟹。100円ショップの商品でトラップを自作し、漁師さんやテレビ番組の協力のもと捕獲。巨大なハサミはクルミを豆腐のように砕く。タスマニアンキングクラブ タスマニア島沖

ワニガメ(沖縄)。沖縄の川で友人と捕獲、保護。今は保護施設で平和に暮らしている。近いうちにまた会いに行きたい。ワニガメ 沖縄

怪魚だけでなく、爬虫類などもターゲットである平坂氏。そして海外ではなく、意外にも国内でもいろんな珍生物を捕獲しているんです。

沖縄や北海道だけでなく、千葉にも意外とこのような生物がいるのが不思議です。後半では、引き続き、平坂さんが捕獲してきた生物について紹介していきます!

後半はこちら↓

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週よく読まれている記事たち
hebinuma人気記事ランキングへ

■HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

■当サイトについて
なぜhebinumaを立ち上げたのか

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

120kg超! イタリアで巨大ヨーロッパオオナマズが釣り上げられる。

世界を旅する「鍋田陽二」さんがオモシロい!!深海サメ好きな冒険家ハンター! ~後半~

ローラ『夢はみんな持っているものだし、私も実は釣り師になりたい』 え、釣り師!?

怪魚ハンター「ヤコブ・ワグネル」を知っているか?

あの菜々緒がゲーリー使いであることを全国放送でバクロ

平成生まれの怪魚ハンター「尾池泰志」とは!? ~後半~

【衝撃】メガバス、アーロン・マーティンスとのスポンサー契約を終了・・・。17年間の歴史に幕が下ろされる。

並木敏成さんが「情熱大陸」に出たという事実。今見てもパワーを感じる。

「徹子の部屋」に反町隆史が登場! ビッグベイトを持ち込んでるゼ! ポイズン!

怪魚ハンター「沖山朝俊」がスゴイ。世界中の怪魚を釣りまくってる!!~後半~

ナイナイ岡村とこじはる(AKB)の釣り番組が9月7日に放送予定!

『小さな恋のうた』で有名なモンパチに、釣り好きメンバーがいた!しかも優勝経験もアリ。

千原せいじ、メガバス本社に来る。釣り好きだったのか!

ピクシブ社長の片桐孝憲さんも怪魚ハンター? 巨大エイを釣り上げる!

村田基さん、読売新聞に掲載。「ミラクルジム」というヒーローのような存在

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です