完全盲点。ナゼ今さら「パドチュー」に興味を持ち始めたのか

公開日: : 最終更新日:2016/03/28 Lures, NORIES

昨日のスマステ、見た方います?

1990年代のミュージックランキングみたいな内容だったんですが、ところどころ思わず熱唱してしまいましたよ。アポロとかラブファントム、夏色とかは特に懐かしかったですね。個人的にはGLAYが1曲も入ってなかったのがちょっと残念。

先日一緒に行った友人が愛用しているワームを紹介したいと思います。

SPONSORED LINK

チューブ + パドルテール なワーム

2016-03-27 16.15.13

パドチュー」。
もう数年も前にノリーズから出ているワームですが、先日の釣りで、友人が愛用していることがわかりました。

実際に一緒に行った友人がバスを釣ってたので、すぐさま話しかけました。

僕『なにで出た?』
友『パドチュー。』
僕『え?』
友『パドチューだよ、ほら。これ。』
僕『!?』

 

正直すぐにその時には、どこのどんなワームなのかすぐにわかりませんでした。友人から聞いてノリーズのチューブ系パドルワームであること判明。

この日もそうですが、後日、これで2時間くらいの間で13匹釣ったとか。関東の陸っぱりで。
2016-03-27 16.26.00

現在はノリーズから出ていますが、初代モデルはエコギアブランドから出ていたようです。しばらくの生産中止期間を経て、2014年にノリーズから復刻。

恥ずかしながら、エコギア時代もノリーズ時代も、完全にノーマークなルアーでした。知ってたけど使ってないとかではなく、そもそも存在自体を知らなかったくらいです。

その場で友人に実物を見せてもらった時には『なにこれ?これで?』的に思ってしまいましたが、その後いろいろと調べていくうちに、今さら興味が出てきてしまったということです。

 

高比重ではないからこその、 "フワっ" とした動き

チューブワームとパドルテールのハイブリットであるパドチュー。

"チューブワーム" と聞くともはや時代遅れのようにも感じますが、その水中アクションなどを見てみると、全然今でも釣れる気しかしませんでした。

スプリットショットで。このフワっとした動きが、ここ最近流行りの高比重系ワームとは違い、これはこれで良さそうです。

 

伊藤巧さんによる実釣動画もあります。相変わらず、楽しそうに釣りしてますね~。

 

伊藤巧さんによると、(上下)逆付けした方がアクションが自然になるとのことです。友人もこのテクを動画から知ったらしく、逆付けしてました。2016-03-27 18.12.33

スプリットショットなんて滅多にやらないし(去年2回くらいタマゾン川でやった)、チューブワームなんて15年くらい使ってません。

小学生の頃にTDから出てた(気がする)チューブワームをジグヘッドでやってた以来です。パドチューのようなクロー系ではなく、ザ・チューブワームなカタチ、ゲソみたいなカタチのです。

普通のクロー系は似たような形が各社から出ていますが、このパドチューに関しては唯一無二だと思います。チューブ+パドルテールって。

今シーズンから試してみるために、さっそくネットでポチりました。

・・・と言いたいところだったんですが、あまり売ってない。さすがノリーズのワーム。フリップドムにしてもそうですが、なかなかノリーズのワームって流通してないんですよね。売ってても欲しいカラ―じゃなかったり。頑張って見つけますか。

ということで、タイトル通り、今さらこのワームに興味が出てきてしまったのです。

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週よく読まれている記事たち
hebinuma人気記事ランキングへ

■HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

■当サイトについて
なぜhebinumaを立ち上げたのか

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

カバー周りも攻めやすい「ゾーイ ケイリーン」、奇才ブランドTHタックルから新登場

「ショットシャロースクエア55」登場! この春から期待できるノリーズの新シャロークランク。

「フリックカーリー」、フリックシェイクのDNAを受け継ぐカーリーテールが登場

ついに「Dスパイカー」発売開始。ただし、すでに非常に入手困難な状態へ

ノリーズ「フリップドム」を導入してみようと思った3つの理由。今さらながら。

ギル版「ステルススイマー」、フックだけではなくテールにも隠し味?

今もっとも話題の“マグナムスプーン”ってなんだ?バスが狂ったように食ってくるらしい!

「ワムワム」、いい意味で “中途半端” なシルエット。しかも480円で、ジャッカルから登場予定

カラー変化する「BLUE CHIME(ブルーチャイム)」、本当に変わるのか実験してみた

「ショット オーバー 7(セブン)」。ノリーズからスーパーディープモデル登場。

好調な「ピンコストレート」に新サイズ登場。縦浮きがバスにとって新鮮なのか?

「ベイトベイト85」、S字スイミングもできる弱波動ルアーがノリーズから誕生

「ヒラクランクギル」のヒラ打ちが想像以上だった。正直舐めてた。

ビッグサイズ版は「ギガンタレル」として、2016年秋頃に登場予定

「ムシガエル」とうソリッドボディの虫系ルアーが、ジークラックから新登場

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です