【まとめ】実際に買ってみた「16アルデバランBFS XG」の仕組みやレビュー

公開日: : 最終更新日:2017/08/25 レビュー(インプレ)・レポート, 開封の儀, Reels, まとめ, SHIMANO

最近痩せてきたかも。

これまでは12時くらいに家帰ってもそこからゴハン食ってたんですが、最近はほぼ食わずに(おかず1品だけとか)でそのまま寝てます。空腹で寝るとより体力回復されるとか、目覚めやすいということも聞いています。しかも痩せる。特に運動しなくても、まずは夜中にゴハン食べるのをやめるだけでも僕の場合、結構変化ありそうです。

ここらでいったん、16アルデバランについてまとめます。

SPONSORED LINK

実際に買ってみて、使ってみての感想

2016-03-06 15.48.04
今年になって新登場したシマノのベイトフィネス専用機「16アルデバランBFS XG」。

実際に買ってみて、そして使ってみて(まだ数回ですが)のこれまで書いてきたレポート・感想などをまとめておきます。

 

どのようにマグネットブレーキが移動するのか?

長年SVS(遠心ブレーキ)だったシマノが、久しぶりに上位機種に本気で搭載してきたマグネットブレーキ「FTB」。単なるマグネットではなく、高速回転時に移動する仕組みも兼ね備えているのですが、一体どういうことなんでしょうか。写真や図解で解説しております。



 

 

どのようなドラグ音が鳴るのか?

シマノのバス用ベイトリールとしては珍しく、ドラグ音が鳴ります。スピニングのように鳴るわけですが、どのような音が出るのか動画で録音してみました。聞こえにくいかもしれませんが、ぜひとも聞いてみてください。これがファイト中になると思うと楽しみです。



 

 

  “開封の儀” として外観や中身をチェック

しばしば新商品などを購入した場合、開封の儀として商品レポートさせてもらってます。ボディフレームはもちろん、気になるスプールやブレーキまわりについても写真中心でまとめてあります。ちょっと長くなったので、前後半に分けてます。




 

 

SSエアとの比較

実際のキャスト、使用比較ではありません。外観やスプール、パーミングや巻き心地など、屋内での比較です。いずれは使用感における比較記事なども書きたいと思いますが、まだ明確な違いを感じるまでアルデバランの方を使い込んでないので、いずれです。



 

 

実際に投げてのレビュー

他のリールとの比較などではなく、アルデバラン単体でのレビューです。繊細な感覚を持っているわけでもなく、また自分の感覚を文字として表現するのが難しいので、実際に投げたルアーごとに感想を書いてます。なにかしらの参考になるような情報が伝われば嬉しいです。



 

最後に

今回僕が購入したのは左巻きです。

だいたいシマノはいつも右巻きを先行発売しますが、今回は逆でした。右巻きの発売は、来月2016年4月です。

その他にも、16アンタレスDC(右巻き)やレボLTX-BF8なども来月発売です。どのリールがいつ頃に発売されるのか。詳しくは以下にもまとめているので、よろしければご覧ください。

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週よく読まれている記事たち
hebinuma人気記事ランキングへ

■HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

■当サイトについて
なぜhebinumaを立ち上げたのか

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

アブ「エリートオーロラ64リミテッド」登場! 今江さんのギラギラリールやわ~。

「BBマスタング」ゲットしてみた! ジークラック初のクランクベイト。

【まとめ】香港・マカオで釣りしてきた。海外そんなに甘くない

隠れたダイワ名機「Z」に、限定モデル「Z 2020 BLACK LTD(ブラックリミテッド)」登場。最大ドラグ力アップ

「16 アンタレス DC」登場。飛距離テストでは100m超え!?

「バンタムトリプルインパクト」入手。初代モデルのDNAを継承しつつも、細部には変更点あり

TATULA(タトゥーラ)は、本当に良くできたリールだった。

「リサ70F」入手。ワカサギ系ベイトのリアルなフォルム、質感とは

「タトゥーラHLC」も発売予定!!すでにプロト(試作)機で、実際にテストしている模様。

【結論】ウェアラブルカメラ「Q-camera ACX1」は動画はイイ! 静止画はイマイチ。

「Final Ans. of Hook」を読んでみた。これは消化不良になるくらいに、マニアックで濃い。

コロンビア「ティートンタワーズレインスーツ」を買ってみた。お姉さん可愛かった

FAT PEPPAR Jr.(ファットペッパージュニア)。見た目は普通だけど、スゴい何かを持っている。

戦闘機カラー「紫電POP-X & POP-MAX」を今さら開けてみた。カッチョイイしかない。

人生初のバスを釣らせてくれたんです。シマノ「VR-70」が今でも好き。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です