【まとめ】いつか役に立つテクニック・マメ知識 ~後半~

公開日: : テクニック・マメ知識, まとめ

SPONSORED LINK

続きまして、後半。また9つほど紹介させていただきます。前半はこちら

SPONSORED LINK ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

使える、役に立つ・・・はず

リールにライン巻く時は、これがラクです

これまで10年以上、僕はいちいちスプール外したりしながら、ライン結んでました。これを友達に教えてもらった時は、感動!こういうのって自分では考え付かないものです。

 

iPhoneで至近距離で撮影するならオススメ

iPhoneのカメラって本当にキレイで(たぶん最近のAndroidも)、コンデジ不要なくらいに高性能ですが、唯一の欠点として接写(マクロ撮影)が弱い。そんな時は、この方法で試してみましょう。

 

伊藤巧さんは『修行』と呼ぶ

ワーム用のオイルです。使う直前に塗るなどのレベルではなく、数か月間ドバドバと浸しておくというもの。今では多くの有名アングラーの方がやっているようです。

 

シマノベイトリールの由来

全てではないですが、アンタレスやアルデバランなどは宇宙にあるアレが名前の由来になっています。宇宙って本当にでかい。

 

バスの放流が認められている河口湖ならでは

河口湖は定期的にバスが放流されています。サイズはそこそこのようですが、とにかく数釣りしたいならおすすめです。キモは放流ポイントを見極めること。

 

貴重な釣果写真を逃さないために

iPhoneに限らず、Android含めたスマホ全般で使えるテクです。機内モードにしなくても、WiFiやブルートゥースなどの無駄な通信をオフにするだけでも、少しはバッテリーが長持ちします。

 

リール買う前は、ここも必ずチェック

アマゾンや楽天、ナチュラムなどが一般的ですが、意外と隠れたショップの方が安かったりすることもあります。たぶん、この大和屋さんのように安いお店が全国にまだまだあるんだろうな。

 

龍ケ崎市にある牛久沼

これはかなりローカル情報ですが、知った時はかなりの衝撃だったので。伝説では『牛を食う沼』から牛久沼です。

 

これは本当におすすめ

このワーム用接着剤は、本当に超使えます。プレゼントしても喜ばれます。液が固まってくるのを防ぐために、使い終わったらキャップはきつめに締めておきましょう。

 

 

ということで、前後半に渡ってあらためて20個弱ほどをご紹介させていただきました。新発見、使えそう、役に立ちそうな情報はありましたでしょうか?

これからも新たなテクニックやマメ知識に気付いたら、引き続き、ご紹介させていただきます。

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週よく読まれている記事たち
hebinuma人気記事ランキングへ

■HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

■当サイトについて
なぜhebinumaを立ち上げたのか

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

【2015年まとめ】もっとも売れたものランキング トップ10

【まとめ】2015年の新作リールをまとめるよ!ダイワもシマノもアブも整理しよう!

「西日本釣り博2016」開催。各ブース限定ルアーなども発売中

【2015年まとめ】買ってよかったものランキング ベスト5

スプールに超カンタンに糸を通す方法。○○○を使うだけ。

この夏、注目してる新作ギル型ベイトたち4選!!

【まとめ】大阪フィッシングショー、注目ポイントはこんなところ!

【便利】Google Map でポイント記録する方法

【2014年まとめ】もっとも読まれた記事 ベスト10

【まとめ】ジャパンフィッシングショー、 hebinuma は特にこれらをチェックしに行く。

世界記録のブラックバスは、Manabu Kurita氏によって、2009年に琵琶湖で釣れているという事実。

「バイトバスリキッド」。トップアングラーも使う、ワーム用オイル。

リールのネジ、時々チェックした方がいい。僕みたいに開いちゃいますよ?

【まとめ】フィッシングショー2016の新作たち ~その他編~

【まとめ】2016年、新作ベイトリールの発売時期や実売価格など

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です