「16アルデバラン BFS XG」購入。まずは外観や仕組みをチェック! ~後半~

あぶねー。

2月29日まであってよかったー。昨日28日までだとしたら、2月末払いのいろんな支払いなどを忘れてたところでした。クライアントへの支払いもプライベート的な駐車場の支払いなども。今日があってよかった。忘れずに午前中には入金しておこう。

今年はうるう年なんですね、救われた。

SPONSORED LINK

後半は、スプールやブレーキまわり

2016-02-28 22.56.30

ということで、「16アルデバラン BFS XG開封の儀、後半です。

前半では主に外観を見てきましたので、今回は中身、特にスプールまわりやFTB(マグネットブレーキ)まわりをチェックしてみたいと思います。

FTBについては、以下記事でも触れておりますのでご覧ください~。

【関連】「16アルデバラン BFS XG」、高速回転時にマグネットブレーキが移動する仕組み。

 

 

マグネットが付いている位置

サイドプレート側にすべてくっ付いているブレーキパーツ。
2016-02-28 22.29.57

ちょっと見えにくいのですが、小さいボタン電池のような形状のマグネットが3つ装着されてるのがわかりますでしょうか?2016-02-28 22.31.43

反対側にも3個。つまり計6個が、出荷時には装着されています。まだ空き穴が2つあるので、最大8個のマグネットを入れることができるようになってます。2016-02-28 22.31.53

見やすいように角度変えると、このようにマグネットが埋め込まれています。2016-02-28 22.31.08

 

ユニットレススプール

ユニットレススプールと呼ばれる通り、スプールに余計なユニット(パーツ)付いておりません。肉抜きは左右非対称で、ブレーキ側(この場合は右側)はマグネットを効かせるため、肉抜きされていません。
2016-02-28 22.42.05

こちら側にも余計なパーツはなく(ベアリングはあります)、2016-02-29 00.38.08

もちろんこちら側にもない。後日、SSエアなどと比較もしてみます。2016-02-29 00.37.58

スプール重量は8gでした。もちろん敷いてあるペーパーの分はあらかじめ差し引いてます。2016-02-28 22.40.36

スプールとFTB(マグネットブレーキ)のイメージとしては・・・2016-02-28 22.42.44

こんな感じ。サイドプレート側のブレーキパーツが、スプールに内側にすぽっと収まります。2016-02-28 22.43.53

 

マグネット調整は、外部ダイアルで

FTB(マグネットブレーキ)の強弱調整は、すべてこの外部ダイアルで完結します。無段階調整なので、細かい、自分好みの絶妙なセッティングができそうです。クリック音(ダイアルまわした時のカチカチ音)はなし。
2016-02-29 00.04.37

ブレーキ部分が左右にスライドすることにより(マグネット作用範囲が変化することにより)、ブレーキを調整できるということです。ちなみに、この状態(↓)はブレーキ力ゼロ(外部ダイアルで最も小さくした)の場合。2016-02-28 22.45.12

こちらはブレーキ力マックスの状態。明らかに、ブレーキパーツが飛び出しているのがわかります。スプールとマグネット部分の接触面(実際には接触してないが)が広くなるため、その分ブレーキ力も大きくなるということです。2016-02-28 22.44.46

説明が難しいので、ここはシマノ公式HPの画像をお借りしましょう。こういうことです。引っ込むとスプールとかぶらない、飛び出すとスプールともろにかぶる。
img06

 

マグネットが移動する

マグネット移動機構というものもあり、このマグネットがスプールの回転数に応じて移動します。回転数が上がると、マグネットがスプールに近づきブレーキ力アップ、ということなのです。
2016-02-28 22.49.15

動画も撮ってみました。ほんの僅かですが、マグネット部分に動く余地があるのです。

 

最後に

2016-02-28 22.55.12

ということで、前後半に渡って「16アルデバラン BFS XG」の開封の儀をお届けしてきました。

フィッシングショーや公式HPだけではよく見えなかった部分なども、ご紹介できていたようでしたら幸いです。

特にFTB(マグネットブレーキ)まわりについては未知の部分が多かったですが、実際に自分で買ってみて、触ってみることで、明らかになってくることも多いと感じました。

今週末、房総あたりに釣りに行ってくるので、実際に使ってきてまたレビューなどしてみたいと思います。その前に、SSエアとの比較もやろうかな。

新たないいパートナーになってくれることを願ってます。ピーキーとかではなく。

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週よく読まれている記事たち
hebinuma人気記事ランキングへ

■HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

■当サイトについて
なぜhebinumaを立ち上げたのか

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

新生「15フリームス」誕生! 2015年フルモデルチェンジし、既に発売開始している!

【まとめ】2017年の新作リールたち。シマノ、ダイワ、アブから何が出るのか

品薄状態の「ブルフラット」を買ってみた! コイツで今年の夏はデカバス釣りたい。

「MDR-EX31BN」買った! ソニーのノイズキャンセリングで騒音とはお別れするゼ!

ようやくダイワ公式HPに「ジリオンTWS」がキターーーー!! スペックも発表!!

「フラスター」かっこいい! デプスメンバー限定ルアーを開封します。

確かに。TATULA(タトゥーラ)などに搭載の「TWS」はフリーフォールでも大きなメリットがあるな。

シマノ「16ナスキー」登場。実売10,000円前後では最もコスパが良いかもな豪華スペック

no image

僕が初めて買ったベイトリール「BW2」。そしてコイツで人生初のバスを釣ったんだ。

「ルドラ」、スローフローティングとミディアムスローフローティング、どう違うのか?

フロッグ「ブレックファースト」入手。ボディよりもでかいペラの付いた、虫系っぽいルアー

「アルデバランBFS XG リミテッド」登場! 超シャロースプール搭載の2015年限定モデルが出るみたいだゾ!

「アルファス SV」誕生! あの名作がSVスプール搭載で帰ってくる!!

TATULA(タトゥーラ)のロッド「TATULA 721HFB」を購入しました。

「トリプルインパクト」復活! シマノ名作ルアーは、再びブームを起こすのか!?

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です