「圏外」でもスマホのメッセができちゃう最新アイテムがスゴそう。ただし日本は未定。

公開日: : 最終更新日:2015/08/21 デジタル系, 海外ネタ, ガジェット(道具)

SPONSORED LINK

本日もhebinumaをご覧いただき、ありがとうございます。

日々、通信インフラは整備されていますが、釣りをやっている最中に「圏外」になってしまうことは、みなさんであればありますよね?

そんな時に便利なアイテムを紹介したいと思います。

SPONSORED LINK ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

Bluetoothでメッセできる「goTenna」

スクリーンショット 2014-07-19 22.19.24

goTenna
このUSBメモリのようなスティック状のアイテムが、スマホ同士の圏外でのメッセージを可能にしてくれます。

Bluetoothによって通信を可能にしており、数十キロの距離でも、メッセできちゃいます。最大で160文字を送受信できます。

専用アプリのメッセージ送受信画面。別に「圏外」でなくても、電波アリの状況下でも普通に会話をすることも可能。

スクリーンショット 2014-07-19 22.23.05

 

アメリカとカナダで先行発売。でも日本は未定・・・。

2014-04-29 22.47.15

一部の人間しか知らないような秘境では、特に電波が入らないことありますよね。実際に↑の写真のダムでは、ずっと「圏外」でした。

友達とボート2台以上で釣りしてる時など、
『向こうのボートの状況知りたいけど圏外やん!!』
『釣れた写メ送ってやりたいのにメッセ送れん!!』

みたいなことってあると思うんですよね。こういう時に、絶対に重宝するはず。

まずはアメリカとカナダでの発売。$299~。日本の発売は、残念ながら未定です・・・。なんでも、日本国内の電波法のせいでスンナリ行かないんだとか。むむんん。

法令緩和、お願いします!
もしくは、「圏外」が死語になるくらいの整備に期待です!

via:goTenna

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週よく読まれている記事たち
hebinuma人気記事ランキングへ

■HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

■当サイトについて
なぜhebinumaを立ち上げたのか

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

リクルートの「つりマジ!」、本日からスタート! バスフィッシングもあった!

本日22:00~、BITE「ルアマガLIVE」に川村光大郎さん&伊藤巧さん登場

まったく世界には超豪華な船が多すぎるぜ。「Picchio Boat(ピッキオボート)」がこれまた高級ホテル並みなんだけど。

no image

モリゾーがいまさらフェイスブックを始めている!「いいね」の数がハンパない。

日本初!!?釣り人らしく「iPhone6」を開封してみたんだけど、サイズ感わかるっしょ?

うひょ。「アングラーズケース」の新デザインがイケてる。

no image

カワイイ。あんまりメモとかしないけど、こいつはデスクの上にでも置いておきたいな。

no image

トルコの「ガラタ橋」。そこはレストランであり、釣りの名所。

「Pocket Reel(ポケットリール)」。それはパックロッドを超えた最強のモバイル釣り道具。

ヒトのような歯が生えた魚が見つかる・・・。おそロシア。

メガバスからPOP-Xっぽいペンシル「CHUGY-X(チャギーX)」が完成!!ただ、まずはアメリカでの発売。またかよ。

no image

またまた「バス釣り」スタンプ!今度はギリングのジークラック社から登場!!

「GoFish Cam」っていう “釣り用GoPro” が商品化されるカモ! まだちょっとバスには厳しそうだが。

no image

【ド迫力】クジラが宙を舞う!ブリーチングの瞬間の写真がスゴイ。

ドローンの進化が、釣りを「観戦スポーツ」へと変貌させる。ような予感がしてならない