ブランク経て再開、凡人アングラーのバス釣りブログ

hebinuma

トーナメント・大会 バサーオールスタークラシック

「バサーオールスタークラシック2016」の栄冠は誰の手に? 開催日時や出場選手一覧など

体操女子団体は、惜しくも4位でしたね。

だんち(段違い平行棒)を見ていて思ったのですが、数年前に妖精と呼ばれていたロシアのヴィクトリア・コモワ選手が生み出したコモワをやる選手が多いですね。あの動き、すごすぎる。明朝は男子個人総合なので、引き続き、内村選手に期待したいところです。

ますます盛り上がりを見せるバサーオールスタークラシック

2015-10-25-12.38.03

日本のバスフィッシング界において、もっともギャラリーが多く、もっとも盛り上がると言っても過言ではないバサーオールスタークラシック

JB/NBCなどではなく、その名の通り月刊誌Basserが主催する、超有名アングラー(まさにオールスター)を集めた大会です。

その歴史は1986年から途切れることなく毎年開催され続けており、今年で記念すべき30回目を迎えます。

詳細内容が決定してきているので、現段階でわかっていることを紹介します。


 

【名称】Basser ALLSTAR CLASSIC 2016
【日時】2016年10月29日(土)~ 30日(日)
【フィールド】霞ヶ浦・北浦を含む利根川水系
【観戦会場】水の郷さわら(千葉県香取市佐原イ3981-2


 

今回も会場は道の駅にもなっている「水の郷さわら」。利根川沿いです。※以下画像クリックでGoogle Map起動図22

今回もバサーオールスタークラシック観戦者のための、1,000台停められる専用無料駐車場が作られる予定ですので、必ずそちらに停めましょう。

道の駅内の駐車場は利用禁止になります。

 

栄冠は誰の手に? 出場選手一覧

2015-10-25-15.01.26

(↑2015年のウェイインの様子)

また出場選手もすでに発表されており、以下の方々です。※敬称略

 

青木大介、赤羽修弥、伊豫部健、大塚茂、沖田護、澳原潤、小田島悟、小野俊郎、河辺裕和、菊元俊文、北大祐、小森嗣彦、沢村幸弘、清水盛三、田辺哲男、並木敏成、福島健、村川勇介、吉田秀雄

 

現在のところ、去年は出場していた草深幸範さん、市村直行さんは今年は出場予定がないと思われます。特に市村さんは若手アングラーとしての活躍も素晴らしいだけに、出場を期待していた方も少なくないのではないでしょうか。

歓声に包まれた、青木大介さんの登場シーン。2015年の様子です。2015-10-25 14.53.58

昨年の優勝者は青木大介さん。選びぬかれた猛者たちを抑え、2位以下に3,000g以上の大差を付け頂点に輝きました。2,570gというビッグフィッシュ賞も獲得し、まさに完全優勝。

ウイニングルアーにもなったスピードクローは、一時的に少しだけ話題になりました。そして、この頃からもD-SPIKERを使っていたとか。

記念すべき30回目を迎える今大会。果たして勝利の女神はどの選手に微笑むのでしょうか?

ここ数年、ギャラリー数が毎年増えていると言われているほどに人気のBasser ALLSTAR CLASSIC 2016。再来月を楽しみに待ちましょう!

2015年の様子についてはこちらもどうぞ↓

https://hebinuma.com/2015/10/26/post-18220

-トーナメント・大会, バサーオールスタークラシック

Copyright© hebinuma , 2019 All Rights Reserved.