ブランク経て再開、凡人アングラーのバス釣りブログ

hebinuma

ニュース 本・雑誌

O.S.P専門のフリーペーパー「O.S.P JOURNAL(ジャーナル)」をGETしたが、これは思ってた以上に濃い情報だった。

本日もhebinumaをご覧いただき、ありがとうございます。

O.S.Pが8月から隔月で、独自のオリジナルフリーペーパーを出しているのですが、この前、上州屋渋谷店にあったので早速一部もらってきました。家に置きっぱでもらってきたのを忘れてしまってたのですが、昨日思いだし読みましたが、これはこれは濃い情報でした。

【関連】O.S.P専門の無料冊子「O.S.P JOURNAL(ジャーナル)」が8月から配布開始!!これはオモロそう。

 

そもそも冊子ではなかった

2014-08-15 12.26.50 
まず内容の前に、そもそも冊子ではありませんでした・・・!

冊子(本)のようなスタイルではなく、見開きのスタイルです。
2014-08-15 12.27.07

 

裏表面で文字メインです。
2014-08-15 12.27.16

 

目線が素晴らしく、バランスも良い

2014-08-17 12.43.58

これ、とっても勉強になります!
雑誌もありますが、雑誌とは別の観点で書かれてるんです。
それは、メーカー独自のフリーペーパーだからできることでもありますよね!

たとえば・・・「ブレードジグ」の使い方について、

ドライブシャッド4.5inのようなシャッドテール系は、ハイアピールかつ同じレンジをスローに引きたいときに有効なトレーラーだ。(中略)特にドライブシャッドはやわらかい素材ゆえ、よりスローに巻いてもしっかりとアピールしてくれるのだが、ズレやすいという一面も。

と、チャター全般の使い方ではなく、O.S.Pのチャター「ブレードジグ」の使い方についてピンポイントで書かれていますし、“ズレやすい”などとデメリットについてもしっかり言及しているのが、とても素晴らしいです。信頼できます。

また、もちろん、自社製品のことだけでなく・・・

★マッディウォーター、もしくは普段はクリアなフィールドに、雨などの影響によって濁りが生じたとき。
★河川のように、常にカレントがある。
★バスとルアーのとの間を遮断するカバーが豊富なフィールド。
★雨天や小雨などのローラライト。
これら要素のうち、2つ以上が複合するとき、ブレーデッドジグ(チャター)カテゴリーのルアーが極めて有効になる、独断場になるケースが多い。

と、チャタールアー全般のパターンなどについてもコメントしています。メーカー目線、一般目線、両方ともがバランスのいい具合で書かれてるで、読んでて『うむうむ、な~るほどね。』となってしまうと思います!

配布場所は、街の釣具屋さん!みなさんも普段の買い物で見かけたら、手に取ってみてはいかがでしょうか。

【関連】O.S.P専門の無料冊子「O.S.P JOURNAL(ジャーナル)」が8月から配布開始!!これはオモロそう。

-ニュース, 本・雑誌

Copyright© hebinuma , 2020 All Rights Reserved.