【寄稿】バス釣り専門のYouTubeチャンネル「TRIBE TV」をご存知ですか?

公開日: : 寄稿

今回は、岡山県の釣具屋さんから寄稿してもらった記事です。

1年以上も前になりますが、「TRIBE(トライブ)」っていう岡山にオープンした釣具屋がオシャレ。これは行ってみたい。という記事を書かせてもらったことがあり、その時のご縁で今回のような流れになりました。

釣具の販売だけに留まらず、動画を通してバス釣りを発信されています。

 

~~寄稿ここから~~


hebinuma読者のみなさまこんにちは!

バス釣り専門のYouTubeチャンネルTRIBE TVです。

このチャンネルは、以前hebinumaさんで記事として取り上げていただいた、岡山のバス釣り専門店Fishing Gear & Tackle TRIBEが運営するYouTubeチャンネルです。

ここで、少しだけTRIBE(トライブ)というお店を紹介させてください!!

TRIBEは、2014年12月岡山県にオープンしたバス釣り用品専門の釣具屋です。

TRIBEとは部族という意味で、TRIBEに関わるお客様はもちろん、ブログを読んでくださっている皆様、SNSなど繋がるお客様すべてと深くつながり、情報交換ができたり、繋がっていきながら一つの部族のような仲間になりたいというところからTRIBE(トライブ)という名前がつきました。

ですので、ご来店されたお客様にお声かけをさせていただいております。全国一、会話ができる釣具店を目指しています。

その一つとして、運営しているのが、最初にご紹介させていただきたいと書いたTRIBE TVです。
バス釣りの楽しさや素晴らしさを伝える為に配信されているチャンネルで、岡山県を中心に中四国から、今後は全国のフィールドまで、TEAM TRIBEの実釣動画を中心に、シーズナブルの事や、ルアーの使い方、新商品のレビューまで幅広く配信中です!!
https://www.youtube.com/channel/UCufC5N3qX9nN9GtFqj4vn2g

 

最初は、簡単な動画のアップから始まりましたが、少しずつ本格始動し、初のリザーバーでの実釣動画がアップ!!
『【TRIBE TV】MOTOがイマカツルアーで秋の早明浦ダムのブラックバスを連発!』

TEAM TRIBEの一員でありイマカツフィールドスタッフとして活躍中のMOTOがフットボールジグを中心に秋の早明浦ダムに挑んでいます。早明浦ダムをバスボートで一日かけて、バスを連発!!

 

続いてアップされた動画は引き続き早明浦ダム!!
『【TRIBE TV】チョッパーが秋の早明浦ダムでバス釣り。ボートフィッシングで50UPが連発!』

今回はTEAM TRIBEのCHOPPERが巻物を軸に前回のMOTOとは、全く違うパターンでバス釣りの楽しさを伝えるべく秋の早明浦ダムに挑んでいます。その、シーズンのバスを彼のシーズナブルパターンから予測し、実際にフィールドに立ってからのバスが出すヒントをもとに、どんどんビックバスに近づいていく様は必見!!現れた、ビックバスは、果たしていかに!!

 

また、大規模野池でのボートフィッシングも展開!!
「【TRIBE TV】YASUが野池でクランキン炸裂!初冬のホットヒーヒー!HIDEUPのHUクランクが炸裂!」

TEAM TRIBEの一員でもあり、ハイドアップスタッフのYASUが初冬の野池のボートフィッシングで、クランクベイトを使って、巻物の楽しい釣りを展開!!
周りがメタルバイブを投げている中、彼が選択したのはクランクベイト!
クランクベイトのカラー選択やストラクチャーに対してのアプローチの解説などもまじえながら、ビックバスをゲット!
また、彼のキャラでもある面白さが画面から伝わる動画になってます!

 

最近ですと岸釣り動画も配信!!
『【TRIBE TV】新メンバー初登場!ニッシーが冬のオカッパリ!フルメタルソニックで実釣&解説!!』

新メンバーとして迎えられたNISSYが冬の岸釣りでフルメタるソニックのPEスピニングの解説を交えながら実釣!
フルメタルソニックをPEスピンのメリットを交え解説と使い方、カラーローテーションやエリア選びなど詳しく解説!
冬でも、バスを沢山釣れるルアーとして紹介しながら釣りを楽しんでいる姿は、見ている視聴者の方も楽しめる動画だと思います。

 

今後も、どんどん動画を更新していくTRIBE TVに是非、注目してください。

もし、気に入っていただけたらチャンネル登録もよろしくお願いいたします。

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週よく読まれている記事たち
hebinuma人気記事ランキングへ

■HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

■当サイトについて
なぜhebinumaを立ち上げたのか

◆こちらの記事もどうぞ

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です