【閲覧注意】アメリカで釣れたバスの口がオカシイ・・・完全に人間のせいである。

公開日: : 海外ネタ

朝マック。

ひさしぶりにしてます。朝マックがいいって言うか、早起きして家でもオフィスでもないところで仕事するのって楽しいですね。なんか気持ちいい。もっと早寝早起きの生活にしようかな。24時寝、6時起きとか。

そんな気持ちのいい朝ですが、悲しいニュースをお伝えします。

【関連】釣り中はヒツジに注意せよ! こんなんされたらトラウマになるわ!

水質汚染が原因で、こんなバスが・・・

EhZg1wW9mk2hIsj1431473380_1431473485

 

アメリカのペンシルバニア州にあるサスケハナ川。ここで先日釣れたスモール(マウスバス)の口がオカシイ、と全米でニュースになっています。

まずはその口をご覧ください。

これです。
b6c47b9f

ご覧の通り、口に異常なものが付いているのです。これ腫瘍です。悪性の。つまりです。

アメリカの生態系を調査するフィッシュボート委員会によって発見され、正式な調査結果、癌であることが判明したんだそう。もちろんこんなバスが見つかったのは初めてとのこと。

原因は、人間による水質汚染。このバスが生息していたサスケハナ川は、「アメリカで最も危機に瀕している川」とされており、農業用水やら都市部からの未処理の水をそのまま排水していたことが主な原因として挙げられているそうです。

癌に侵されているバスが見つかったのは1匹だけですが、どう考えても同様のバスはまだまだいると考えらます。

日本では水質汚染によるバスの被害はあまり聞かないですが、ラインブレイクによって口に残ってしまったフックが原因で、口まわりがただれている、腫瘍ができている話は聞きます。

僕らが大好きなバスフィッシング。国内外ともにまだまだ人間側の改善すべき点がありそうです。

【関連】デンキウナギに感電すると、人間でもこうなる。コワすぎ。

via:WashingtonPost

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

釣り専用カメラ「Strike Cam(ストライクカム)」はバイトの瞬間を至近距離で撮影できるのがスゴイが、ちょっとゴツい。

マリオが現実世界でイタズラ?「スーパーバッドマリオ」がオモロイし、よくできている!!

【怖い】ボートを猛スピードで追いかけてくるカバがコワい・・・。釣り人ならこの恐怖がわかるはず。

TATULA(タトゥーラ)にはロッドもあったことが判明!!!!

ヒトのような歯が生えた魚が見つかる・・・。おそロシア。

オーストラリア。ここでは、ワニ釣りができるらしい。その実態とは?

ナニコレ?釣りもできちゃうコノ設備が、いかにもSF映画に出てきそう。

「船のロールスロイス」と呼ばれるイタリア製のボートがあったなんて・・・!!

釣り針の付いたフォーク?フランスは広告さえもオシャレでハイセンス。ボンジュールですわ、これは。

今もっとも話題の“マグナムスプーン”ってなんだ?バスが狂ったように食ってくるらしい!

ピラニアだらけだと、釣っても無事にランディングできない・・・こんなに一瞬で食われるのかよ。

こんなとこにバスが!!本場アメリカはやはりスゴイし、うらやましい。

ネコリグも、海外で「NEKO RIG」とそのまま呼ばれているっぽい。

怖すぎる!ライフジャケットなしの海がいかに危険かがわかる体験型ムービーを見てほしい。

「新・世界怪魚釣行記」。リアルな描写と、怪魚の写真がハンパない。いや、マジで。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です