魚・海洋生物 海外ネタ

【少し閲覧注意】ゴブリンシャーク(ミツクリザメ)って深海サメがメキシコで釣り上げられる!これは確かにゴブリンとか言われる顔してるわ。

本日もhebinumaをご覧いただき、ありがとうございます。

僕たちの大好きなバスフィッシングでは、本命以外のギルや雷魚、ナマズが釣れてしまうことは多々あります。そんな本命ではない魚は、“外道(げどう)”と呼ばれたりします。それは海水となると、外道の種類もスケールも一気に広がります。

予期せぬサカナがメキシコで釣られたようです。これはビビる!

 

その名もゴブリンシャーク!!

Goblin-SharkJPG2

ゴブリンシャーク。正式名称はミツクリザメ
ヨーロッパ方面の伝説などにも出てくるモンスター「ゴブリン」の名が付いちゃってます。。

2014年7月19日(土)、メキシコ湾でエビ漁をしていた男性(63歳)が、たまたま釣り上げてしまったそうです。こんなのがいきなり釣れたら怖すぎる。正直チビる。。

全長4.5mほどあったそう。エビに混ざって獲れました。
photo-28

 

どこがなんのパーツかもよくわからないくらい、ブサイク。。どういう進化の理由があって、こんな形になったのか。
2018718-3x2-940x627

 

出現はレア。出現報告のほとんどが日本から!

799px-Mistukurina_owstoni_museum_victoria 
このゴブリンシャーク、普段は深さ300~900mの深海に生息しているため、今回のように捕獲されることは極めてレアなケースのようです。

これまでも世界各地で目撃・捕獲報告があるのですが、ナント!!その報告のほとんどが日本からのようです。特に駿河湾や相模湾でよく報告があがるようです。ジャパン恐るべし!

明らかにキモすぎる。。というか、コワすぎる。。 FFとかに出てきそうなレベル。
1371360570928561

 

なにこの歯・・・サカナというか爬虫類かなにかみたい。。
 Goblin Shark Mitsukurina owstoni I.24053-001

ここ最近有名になりつつあるダイオウイカも、日本近海での発見が特に多いそうです。

淡水だと外道だとしても大体は予想できるけど、海水だと予想できないから、怖いわー。とは言え、淡水でもギル以外のナマズとか雷魚釣れると、いまだに慣れないもんですけどね!

via: THUNDERBIRD37

SPONSORED

SPONSORED

-魚・海洋生物, 海外ネタ

Copyright© hebinuma , 2020 All Rights Reserved.