【パックロッド】MonsterKiss「DearMonster MX-6」を買ってみたワケ

公開日: : Rods, Monster Kiss

今日は妻の友人宅へ行ってきました。

教えてもらった住所を頼りにカーナビで向かったのですが、どうやら違う。絶対的な信頼を置いているGoogleMapに任せてもイマイチ。30分以上の遅れて到着しましたが、どうやら区画整理で生まれた(?)飛び地的な住所だったため、うまくいかないようでした。さすがのグーグルでもこんなことがあるのか。

SPONSORED LINK

実際に使わせてもらってコレに決定

2016-10-16 16.36.00

最近新たなロッドを購入しました。

とは言っても、定番どころのシマノやダイワでもなく、ここ最近巷で人気のレジットデザインでもなく、そもそもバス専門ロッドでもありません。

上記写真をご覧いただいてピンと来た方もいると思いますが、選んだのはMonsterKiss(モンスターキス)の「Dear Monster(ディアモンスター)」です。

複数モデルありますが、今回は実際に使わせてもらったことのあるMX-6モデルを。

昨年モンキス代表の小塚さんとご一緒させてもらった際に触らせてもらったり、ピーコックバスのアマゾン釣行の際も貸していただいたのですが、その時から気に入ってしまいました。

ピーコックでも全然負けないほどのパワーを持ちつつ(超大型サイズを釣ってないのもありますが&怪魚もいけるので当然なのですが)、ロッドアクションがルアーに機敏に伝わってくれるような繊細さや適度な張りもある・・・ような感覚です。

このあたりについてはまた後日その使用感をレビューしてみたいと思いますが、とにかく使えるルアーの幅が広く、大型怪魚以外であれば、大体はとりあえずこれがあれば何とかなりそう、と思える1本です。

 

西表島も行ってみたい

CIMG0487

昨年はFishmanのBRIST5.10LHというロッドを使ってみたりもしました。今年のゴールデンウィークには、香港に釣りしに行ったりもしました。

そんな中で、よりコンパクトな(より仕舞寸法が短い)パックロッドが欲しいと思うようになり、依然実際に使わせてもらった経験から、これにしてみようと。

このタイミングで買ったのは、今月末にプチ遠征(釣り目的)行くのと、年末に海外(観光目的、釣りはオマケ)行く、という理由からです。

仕事的な兼ね合いと家族的な兼ね合いがありますが、来年あたりはまた釣りのためにガッツリ遠征してみたいな~なんて思ってます。南米もいいけど、アフリカ系も行ってみたい。

全然海外じゃありませんが、西表島のマングローブフィッシングもかなり楽しそうだと思っています(トキシンさんのモンプロ記事が詳しいです)。

昨年、全然釣りとは関係なく、観光目的で西表島行きましたが、日本とは思えないようなジャングを目の前にし、『あの倒木の横にルアー通してみたい。。』と1人思っていたりしたもんです。

ということで、開封の儀による細部写真などは近日中。詳しいレビューは年末くらいですかね。

今では数多くのパックロッドが各社から出ています↓

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週もっともよく読まれている記事たち hebinuma人気記事ランキングへ

■HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

白疾風。コイツ、最愛のパートナーだわ。

「インドネシア地獄の8日間」ってのがオモシロい。ゆるい旅番組のようだけど、見ててワクワクするゾ!

New「デストロイヤー」、フルモデルチェンジし新登場。2016年3月~発売。

「チタラ」いよいよ登場! このジョイント式メタルバイブは超使えそう。

「Bantam(バンタム)」。シマノの名門ブランドが復活、新たにロッド誕生。

「ジリオン」ロッドも出ているゾ! スティーズに匹敵する良コスパロッド。

メガバス「霧雨」に初のベイトモデル登場! 超繊細なベイトフィネスができるっぽいゾ!

あれ? タトゥーラとかジリオンのロッドが普通に日本で売ってる!! いつの間に!?

期待される新作「16 STEEZ」とは、ロッドの可能性も。リールではないのか!?

「MSGC-62MLXXF」が届いたので、開封の儀する! ガンガン使い込みまっせ!

どういうことだよ!メガバスの「ウアイラ」が普通にお店で取り扱い始めてるんだが!限定じゃないじゃん。

ロッド「ディサイダー」もあるよ! アブが一気に中堅モデルを揃えてきている。

兄弟サイズとなる「チタラMAX / MINI」が、新たに仲間入り。MINIは亜鉛タイプ

パックロッド決めるの難しい・・・! ジェットセッター(ジェットスロウ)かブリスト(フィッシュマン)しかない。

「EU180(エルアルバーノ180)」。TULALAからロンドン生まれのパックロッドが誕生。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です