「トップ党」という素敵なバス雑誌。なんだか心地良くなってくる世界観

本当に体がもう若くない。

昨日、前職時代の仲間と飲んでいたのですが、ほどほどにしか飲んでないのに二日酔い。家に帰ってきてから酔いが覚めるまで水飲んだりしても、翌朝はダメージが残ってる。大学生の頃はあんなに飲んでも二日酔いとかなかったのに。

SPONSORED LINK

2014年創刊、TOP TOU(トップ党)

2016-10-13 11.06.19

TOP TOU(トップ党)という釣り雑誌があるのをご存じでしょうか。

バサー、ルアマガ、ロドリ、アングリングバスは今さら説明するまでもなく皆さんご存じだとは思いますが、実は意外と、他にもバス雑誌があったりするものなのです。

そのうちの一つが、このトップ党。2014年6月に創刊し、今回で10号目。その名の通りトップの釣りに特化した内容になっております。

当初はかつて存在していたトップ堂のパロディ色を全面に出していた表紙だったようですが、今では完全に独自路線。

失礼ながら、私はこれまで全くこの雑誌の存在を知らなかったのですが、つい最近になって知るようになりました。

そのきっかけが、クマゼミ(オータニ昆虫館)。そのキモさに惚れ、気合で購入させてもらった虫ルアーです。

 

このルアーを知っていくうちに、あれよあれよと繋がり、このトップ党を知ることになったのです。

 

とても心地の良い、世界観や雰囲気

2016-10-13 11.11.33

とても興味深いです。

なにが興味深いかって、ここでしか得られないような情報が多く、ページをめくる度に新たな発見などがあるのです。

ハトリーズ本の発売記念イベントのレポートがあったり、バスポンド松井さんへの単独取材があったり。唯一無二の、他誌やネットなどでは中々読むことができないような内容ばかり。

逆に、一般的な国産超人気メーカーは一切登場しません。ルアーはもちろん、所属アングラーもです。

その代わり、ジェームズ・ヘドンさんがどどーんと出てる広告ページがあったり、40年近くも前のアブのリールについての記事があったりと、他紙とは一線を画しています。

2016-10-13 11.12.20

2016-10-13 11.07.51

他にもトップを中心に様々なページがあるのですが、ここで公開しすぎるとアレなのでこれくらいで。

そして、個人的にいいなと思っているのが、世界観。というかスタンス。

今号の冒頭付近に『ソコソコ主義で行こうっ!』という特集(宣言?)に書かれていたことから、端的に言うと “たとえ釣れなくてもそこそこ楽しいよね” というようなメッセージを感じたのですが、これにとても共感してしまいました。

そして、誌面全体から伝わってくる “緩い雰囲気、のんびり感”。無理して頑張っている感がなく(当然頑張っているはずなのですが、それを感じないという意味で)、読んでいて息苦しくないというか、なんだか心地良いのです。

う~む。難しい。

この絶妙な感じを言葉では上手く言えないので、ご興味ある方は是非とも読んでみてください。

全国63店舗で取扱・販売しているそうですが、公式ストアからでも手に入ります。1冊702円(税込)。ちなみに現在、このトップ党を取り扱ってくれるショップさんを募集中のようです。

ということで、TOP TOU(トップ党)の紹介でした~。

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週よく読まれている記事たち
hebinuma人気記事ランキングへ

■HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

■当サイトについて
なぜhebinumaを立ち上げたのか

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

「ハイピッチャー1オンス」登場。さっそく、これまでのモデルと比べてみた。

釣りの寒さ対策に。タンブラー(ケータイマグ)なら、12時間以上もあったか

ルアー接写いけるか? DIME5月号の付録、「CHUMS」スマホレンズに期待

「O.S.Pジャーナル vol.2」が出たぞ!無料だしもらっておくべし!

近日中にレポート予定の釣具アイテムたち

「O.S.Pジャーナル」がネット上からでも見れるようになっている。でも紙の方がいいな。

「ジリオンTW HLC」ついに来月6月発売。そして個人的に苦い経験をした前作ハマジリについて

アイドルかよ! ジョイクロの写真集「JOINTED CLAW the LOVE」が発売! バスは1匹も写ってないんだって?

安いけど使える「フロロマイスター」が優れている2つの理由

Basser 年間購読した。やっぱり写真の美しさはピカイチだよね。

「フットコンマウントダブル」でレンタルボートが快適。使ってみて感じた3つの良さ

伊東シャチョーの「THE 鬼手仏心」を読んだ。これは釣りの本ではない・・・人生とビジネスの本だ。

KIOB、scandalous、+ROOMS’、ATTIC、SAVAGEGEAR、OwlGeneLure’s・・・インディーズブランドさんの紹介

「タトゥーラCT タイプR」を入手。いろいろとチェックしてみる ~内部編~

【レビュー】実際に「16アルデバランBFS XG」を投げてきた。遠心っぽく気持ちいい

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です