フィッシング風景もあり。「iPhone 7 Plus」によって撮影されたアウトドア写真たち

公開日: : iPhone

午前中、珍客を発見。

捕まえようとしたら逃げたのですが、トカゲとは違う、あのペタペタと走り回る様はなんとも独特。足触りたい。

SPONSORED LINK

デュアルレンズカメラによる、アウトドア風景

hunting_trout_iphone_7

いよいよ明日16日から発売される新型モデル「iPhone7」シリーズ。

iPhoneシリーズ初となるデュアルレンズカメラにも大きな注目が集まっております。iPhone7 Plusのみですが、1200万画素の広角カメラと望遠カメラの2つのレンズが背面に搭載されます。

iPhone5くらいからかなり綺麗な写真が撮れるようになりましたが、物理的にレンズを2つ搭載することによって、これまで以上に「鮮明、自然な見え方」で世界をそのまま切り取ってくれるようです。

実際にiPhone7 Plusのデュアルレンズカメラを使って、アウトドアシーン(釣り風景も!)を撮影した写真がOutside Onlineにて公開されましたので、一部紹介させていただきます。

 

「iPhone7 Plus」で撮影された写真

被写体が動いていても、光量が少なくても、逆光でも、水面が反射していても、シャッターを切るだけとても魅力的な一枚が撮れるという。

それでは、実際にiPhone7 Plusを使って撮影された以下写真たちをご覧ください。嬉しいことに、フィッシングシーンも含まれています。

※画像クリックで拡大

 

フィッシングシーン

fly_fishing_new_mexico_iphone_7(via:Outside Online

 

fishing_cold_water_iphone_7(via:Outside Online

 

hunting_trout_iphone_7(via:Outside Online

 

landing_a_trout_iphone_7(via:Outside Online

 

その他、アウトドアシーン

new_mexico_ponderosa_iphone_7(via:Outside Online

 

desert_flower_iphone_7(via:Outside Online

 

truck_rain_iphone_7(via:Outside Online

 

耐水機能、Felica対応も

2016-09-15 12.22.12-1(iPhone6でも十分に綺麗なんですけどね)

もちろんそれなりに丁寧に撮影、撮り直しなどもしているでしょうが、これら全てがiPhoneによって撮影された写真であるとは、非常に期待できそうです。

一眼レフには敵わないでしょうが、何も考えずにシャッターを切るだけで素晴らしい写真が撮れるのがiPhoneならではの魅力。

また今回の7シリーズから、待望の「耐水」機能も。

完全防水ではないものの、普通に釣りの中で使う分には非常に役立ってくれそうです。雨の中OK、濡れた手でもOKっぽいですしね!

Felica対応でもあり、iPhoneさえ持ってれば電車乗れるしコンビニで買い物できるしってのは確実に便利。

耐水機能については、こちらでも解説しています。

発売はいよいよ明日です。ソフトバンクなどのキャリアでも予約受付しています。SIMフリーモデルが欲しい方は、Apple Storeへ。

私もSIMフリーモデルを買う予定ではいますが、調べたらまだソフトバンクの割賦代金が3ヶ月ほど残っていたので、タイミングを見計らってます。

かぶっても、今行くべきか。

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週もっともよく読まれている記事たち hebinuma人気記事ランキングへ

■HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です