iPhone7発表、釣り人が気になる耐水性能「IP67」とは

公開日: : iPhone

Appleのイベント発表をリアルタイムでお届けしようと、日本時間午前2時くらいから多くのメディアでその内容が更新されまくっていました。法人メディアだとしても自宅作業しているのでしょうが、どこよりも早く!という緊張感は凄まじいものでしょうね。

SPONSORED LINK

最新モデル「iPhone7」発表

unnamed(↑はiPhone6)

ついに数時間前(8日早朝)に、最新モデル「iPhone7」が発表されました。もしかしたら、実際にリアルタイムで発表内容を追いかけていた方もいるのではないでしょうか。

見た目こそ大きな変化はないものの、内部的にはいくつもの点で進化を遂げています。カメラやディスプレイ性能の向上、シリーズ初のステレオスピーカー内蔵、イヤホンジャック廃止・・・などありますので、気になる方はApple公式サイトなどでチェックしてみるといいでしょう。

イメージムービーなども公開されています。

 

釣り人にとっては嬉しい!? 防水機能を初搭載

スクリーンショット 2016-09-08 10.42.59

そんな中でも釣り人視線でもっとも注目、そして期待してたのが、防水性能。事前の噂通り、このiPhone7に初搭載されました。

iPhoneが誕生したのが2007年。これまで何度もモデルチェンジを繰り返していながらも、ようやく今回はじめて水まわりへの対策が施されました。

釣りをする以上、水とは切っても切れない関係です。雨の中で操作する時、釣れて濡れた手で自撮りする時などは非常に気を使っている方も少なくないはず。

個人的な話ですが、晴れの中、ローボートで釣りをしていた時のことです。全く気付かずに、ボート底に溜まっていた僅かな水たまりに、びちゃびちゃとiPhoneが浸かっていた苦い経験もあります…。

釣り人にとっては嬉しいはずの、今回の防水機能ですが、詳しく見てみると、必ずしもそうでもないかもしれません。

完全防水ではなさそうなのです。

 

防水ではなく、『耐水』という表記

スクリーンショット 2016-09-08 10.13.38

実は公式発表前から「それっぽいのは搭載されるけど、完全防水ではない?」とも囁かれていました。

残念ながら、調べてみるとどうやらその通りのようです。まずApple公式HPの仕様ページから、その性能についてよく見てみると、

防沫性能、耐水性能、防塵性能 – IP67等級

となっており、他のどのページを見ても『防水』ではなく『耐水』と表記されています。前半部分(防沫性能~)は字面からその意味はわかりますが、後半部分(IP67等級)については意味不明。

非常に気になるところでもあるので、少し調べてみました。

IPコードとは

まず IP とは International Protection の略であり、防水や防塵の程度についての等級のこと。

そしてIPの後に続く2つの数字によって、その度合いを表すようです。詳しくはこちらのサイトで非常にわかりやすく説明されています。

結論を砕けた表現で言うと、今回のiPhone7に搭載された「IP67」は『塵に対して最高レベルの防御がされているけど、水に対しては最高レベルの防御ではない。』と言えそうです。

正確には、

規定の圧力、時間で水中に浸漬しても有害な影響を受けない。

という程度の水への防御は持っているものの、連続的な水中での使用には適していない、となります。

実機で試してはいないので何とも言えないのですが、水中に突っ込んでの撮影や、長時間(これもどの程度なのかは不明)水中に放置しておくのは厳禁。

雨やシャワー、濡れた手ならOKですよ!という程度なのかもしれません。公式HPの表記通り、完全防水などではなく『耐水』と書かれている理由は、こんなところのような気がします。

ちなみによく見かけるこのような防水ケースは、最高レベルのIP68クラスでした。

 

水による故障は、保証対象外

ここで、重要な事をひとつ。

完全防水ではないものの、耐水性能を持ったiPhone7ですが、どうやら「水が原因の故障は、保証対象外」のようです。

公式HP下部には小さく、でもはっきりと『液体による損傷は保証の対象になりません。』とあり、また冒頭に紹介したムービーの最後にも『Liquid damage not covered under warranty.』と書かれています。

耐水ではあるものの、やはり気を付けながら使うことには変わらないかもしれません。

 

発売は、9月16日

発売日は、9月16日です。ソフトバンクオンラインショップなどでも9日から先行予約販売を始めるようです。

ここまで耐水性能について書いてきましたが、個人的にはなんだかんだ購入しようかなと思っています。これまでの無防備状態と比較したら、「耐水性能」のメリットはかなり大きいはず。特に釣りにおいて。

ただし今回は、SIMフリー端末にするかも。

キャリアで契約し続ける意味をそんなに感じなくなってきたからです。つい最近始まったばかりのLINEモバイルなんかも気になりますね。

ということで、iPhone7発表に合わせて、気になる耐水性能についてでした。

ちなみに以前こんなこともしてました↓

via:Apple

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週よく読まれている記事たち
hebinuma人気記事ランキングへ

■HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

■当サイトについて
なぜhebinumaを立ち上げたのか

◆こちらの記事もどうぞ

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です