シマノ「16ナスキー」登場。実売10,000円前後では最もコスパが良いかもな豪華スペック

公開日: : 最終更新日:2016/10/01 新製品, Reels, SHIMANO

各社から冬時期に発表された内容が、2016年の新作リールの全てかと思いましたが、まだありました。

先日購入したTATULA CT タイプRもそうですが、シマノからもまだ新作が控えていました。今回は、淡水海水問わず、リーズナブルな価格帯として一定の人気を誇る新作スピニングを紹介します。

SPONSORED LINK

3年ぶりに、ナスキーがフルモデルチェンジ

 

product116ナスキー

シマノの廉価スピニングリールとして人気の高いスピニングリール「ナスキー」が、3年ぶりにフルモデルチェンジを果たしました。

全11モデル、重量215g~、定価10,900円(税抜)~。2016年9月以降順次発売。詳細スペックは公式HPをご覧ください。

これまでも十分に使える能力を持ちながらも、実売価格10,000円弱というリーズナブルな価格設定で、初心者~中級者層を中心に好評であるナスキー。

前モデル13ナスキーはシルバーベースでしたが、最新モデルはブラックとゴールドを基調とした、何とも高級感あふれるカラーリングデザインになっております。

しかし、変化したのは見た目だけではありません。シマノ最新技術が惜しげも無く使われている性能面についても見ていきましょう。

 

上位機種にも採用される豪華スペックも

スクリーンショット 2016-08-29 08.34.59

HAGANE(ハガネ)ギア

ストラディックが登場するまで、上位機種にしか見られなかった精密冷間鍛造技術によって生まれたハガネギアを搭載。

金属の塊を約200トンのもの力で圧縮することで完成するという、『永遠に変わらない巻き心地』をめざすシマノ独自の技術です。

このハガネギアのおかげで精度と強度が増し、リール性能の向上に大きく繋がっているということです。

度々使われる表現&もっと砕けた言い方をするのであれば、“かっちり感” がより出たというところでしょうか。

 

コアプロテクト

主要駆動部分への水浸入を防ぐ、コアプロテクトが採用されています。

『撥水処理による水玉形成効果により、微細な隙間があっても水の浸入を抑制』というシマノ独自の技術で、これまた滑らかな巻心地を維持するためのひとつです。

ハガネギア同様、前モデル13ナスキーには採用されていません。もちろん上位機種であるステラやヴァンキッシュには採用済み。

余談ですが、ダイワにも似たような技術マグシールドがあるのはよく知られていますね。

 

Gフリーボディ

リール重心を手元側に近づけることによって、ロッドとの一体感が高まり、より軽く感じるというGフリーボディ。

14ステラ、15ツインパワーなどを始め、現在ではストラディックシリーズにも採用されていますが、この価格帯のリールに採用されるのは今回が初めてです。

 

10,000円前後では最強モデルか

2016-08-29 08.38.34

シマノのリールの中では、この16ナスキー、存在感がそこそこ大きくなるのではないでしょうか。

特にグレード(価格帯)的にはナスキーよりも少し上の “はず” のアルテグラですが、コスパの良さは16ナスキーに軍配が上がるのではないかと思われます。

実際にまだ触ってないので確実なことは言えませんが、巻き心地や剛性を含めた使用感は同等、もしくは16ナスキーの方が優れていることだって十分にあり得ます。それでいて、アルテグラよりも安い。

これはもう9月以降、実際に自分でも触って確認してみたいところです。

アルテグラも十分に使えると思うんですけどね。実際に僕もスピニング持ってく時は、アルテグラも使っています。

ご興味あれば、こちらなんかどうぞ

 

そんなアルテグラも、現モデルは12アルテグラなので(2012年登場モデルなので)、そろそろ来年あたりモデルチェンジも来るのでは?と囁かれています。生まれ変わった新モデルは、16ナスキーを凌駕するかもしれません。

まだネットショップでも予約は始まっていないようですが、16ナスキーの実売価格は10,000円以下となるのではないかと予想しております

同価格帯では、現在のところ最もコスパが良いスピニングになりそうです。

【追記】楽天などの一部ショップでは、すでに予約販売が始まっていました。(2016.8.29)

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週もっともよく読まれている記事たち hebinuma人気記事ランキングへ

■HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

イッセイからロッド登場か!? 果たしてどんなロッドに仕上がっているのか。

レアリス「CAMBIOSPIN(カンビオスピン)」。 こいつ、こんなグニャグニャするのか!

エバグリから「ジッパー」が出たけど、これ系は絶対に便利ですよ。

「ノイジースティック」と「早野ミノー」がそろそろ登場!ジャッカルの新作ゾクゾク!

ビッグミノー「KANATA(カナタ)」。30gとは思えないようなキレアクション

「ポッパーワーム」ついに登場! 村上晴彦さんプロデュースの虫系ポッパー!

ドランクレイジー「インダクション」が最近話題。たしかにボトムアクションとかすげぇわ。

人生初のバスを釣らせてくれたんです。シマノ「VR-70」が今でも好き。

ビバ「生ガエル」登場! これで釣ったらオモロそうだゼ!

確かに。TATULA(タトゥーラ)などに搭載の「TWS」はフリーフォールでも大きなメリットがあるな。

やはり「2015イグジスト」は黒っぽい!間違いなさそうだ。

「16 STEEZ(スティーズ)」。ダイワ最高峰ベイトリールがモデルチェンジするらしい。

DSTYLE、次なる新作は「D-BLADE(ディーブレード)」か

O.S.P新作「ドライブホッグ」の正体。スカート付きのクロー系!?

フックはどこにある? イマカツ新作スイムベイト、2016年春頃の発売か。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です