フロッグ「ブレックファースト」入手。ボディよりもでかいペラの付いた、虫系っぽいルアー

公開日: : 開封の儀, Lures, FROG

この夏、船舶免許取ることにしました。

これまでレンタルボートでも免許不要艇しか借りれませんでしたし、最近だとさくっと1日で取れりゃうコースもあるんですよね。学科は自分でアプリなどで勉強しておくっていうスタイルです。これについては、またじっくりと何回かにわたってレポートしていきたいと思います。

先日、新しいルアーが我が家に仲間入りしました。

SPONSORED LINK

BREAKFAST、情報ないしあまり売ってなかった

写真 2016-06-24 10 27 33
こんなルアーを買ってみました。

BREAKFAST(ブレックファースト)というルアーです。トップ系のブランドとして昔から人気のあるFROG(フロッグ)が作っています。

むかし雑誌か何かで見てからこのフロッグには興味あったのですが、なんとなく手を出していませんでした。普段自分が使っているルアーとはもう、全然系統が違うんですよね。でもなんかいつも気になるという。

週1くらいで時々アベマTVを使うんですが、あるスキマ時間に見てみると、フロッグ代表の荒井謙太さんの番組が!



その時にフローターから投げられていたルアーの一つがこのブレックファーストで、その動きがとても僕が好きなやつだったんです。

タダ巻きでではなく、細かくロッドジャークしてちゃちゃっと首振り。これだけのルアーボリュームがあるにもかかわらず、ほぼその場アクションはまるで虫系。そんなことを思いながら、動画を見ていく中で徐々に魅了されていきました。※残念ながら釣れてはいなかったのですが。

さっそく公式HPを調べるも載ってない。自分に買う理由を与えるため、コンセプトやエピソードなどを読んで確信したかったのですが、見つかったのはYouTube。

それがこちら。



ネットリサーチしているうちにいつの間にか買う気マンマンになっていたのですが、意外と売ってない。。Amazonや楽天はもちろん、他ショップでもあんまり扱っていない。

甘かったかと思って、別の用で寄った上州屋渋谷店にありました。あそこ、トップ系ブランドのルアーがイマカツコーナー、ティムココーナーの近く(行ったことある方ならわかる?)にあるのは知ってましたが、普段はちゃんと見てなかったのでまさかこいつもあるとは。

と長々とだらだら書いてしまいましたが、そんな経緯で手に入れたのがこのブレックファーストというルアーなんです。

では、開封の儀

 

ボディ本体よりもでかい矢印ペラ

FROG PRODUCTS。パッケージからして普段買ってるようなルアーなどとは違った雰囲気。
写真 2016-06-24 10 18 31
裏面や側面も超シンプル。スペックやコンセプトなどが載っているわけではありません。カラー名さえわからない。写真 2016-06-24 10 19 21
そして、これが人生初のフロッグルアー。ブレックファースト。言うまでもなく、朝食って意味ですね。朝の象徴?でもあるニワトリの風車のイラストも。写真 2016-06-24 10 20 45
裏面。言葉では説明できないようなボディ形状しています。曲線と直線の融合みたいな。写真 2016-06-24 10 21 11
でっかい矢印型のペラ。敢えてなんでしょうけど、バランス的に左右(上下)対象ではなく、先端の三角が付いてるほうが軽くなってて、常に矢印が上向くような設計になってます。軸(ヒートンが刺さっているポイント)を敢えてズラしているってことかな。写真 2016-06-24 10 24 33
 

比較してみた

クワイエットファンクのオリジナルフィーと。こいつも結構でかめペラですが、それと較べても更にでかいペラを持つブレックファースト。写真 2016-06-24 10 26 10
同じくクワイエットファンクのデカダンストーイ(インバーティド)。比較の話じゃなくなっちゃいますが、このデカダンス、通常タイプとは違ってケツにライン結ぶモデルです。写真 2016-06-24 10 26 32
多くの方が持っているであろうザラ(ヘビ革加工)と。だいたいのサイズ感はわかるかと。ちゃんとブレックファーストのサイズを測ってみたら、ボディ約55mmに対して、ペラが約70mmでした。2016-06-24 11.12.28


 

ということで、人生初のフロッグルアー。

そのアクション動画が見つからないのですが(アベマTVにはまた出てくるかも)、ほんとにこのボリュームありながらも虫系のように扱えてたんですよね。

止水エリアの岸沿い、パラ葦付近に投げてみるのが特に楽しそう。本当に釣れたら楽しいですが、まずは釣れなくても操作してるだけで楽しむことができるかもって感じです。ハードル低い。

今週末行ってくるので、いい感じに動画撮れたらアップします。アップされなかったらいいの撮れなかったと思ってください (´エ`)

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週よく読まれている記事たち
hebinuma人気記事ランキングへ

■HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

■当サイトについて
なぜhebinumaを立ち上げたのか

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

自動膨張式ライフジャケット「ラフトエアジャケット VF-052K」開封。外観や内部構造、細部をチェックしてみた

「イナズマSH」ゲット! このイナズマアームは確かに奇抜だわ。

いま話題のFishman「BRIST(ブリスト)5.10LH」を解剖してみる。パワフルさが伝わってくるパックロッドだゾ!

「リサ70F」、T.H.tackleからワカサギ系ベイトが新登場

「CAMBIOSPIN(カンビオスピン)」、実際にグニャグニャ曲げてみた。根掛かりは大丈夫なのか?

「MDR-EX31BN」買った! ソニーのノイズキャンセリングで騒音とはお別れするゼ!

O.S.P新作の「HPシャッドテール」を買ってみた。うん、釣れるイメージ湧いてくるね。

「生ガエル」の “ナマ感” すげぇ! 見ても触っても艶めかしい。

「NOVEL」、独特リップのラッキークラフト新作ミノー。

ジークラック「デイス160」、開封の儀してみる。

新「グリフォン」、これまでとどう違うのか? 旧モデルと比較してみた

ラインカッター「CT-041A」、切れ味バツグンだった。

なぜ「KANATA(カナタ)」が発売前から品薄状態になっているのか

完全盲点。ナゼ今さら「パドチュー」に興味を持ち始めたのか

KAESU「コテツ」、まるで伝統工芸品。品薄状態が続く、背針ハードベイトとは

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です