H-1第2戦チャンピオン川島勉さんのウイニングルアーとは そしてTDハイパークランクでも?

公開日: : トーナメント・大会, H-1グランプリ

はじめてアマゾンで返品します。

これまで200点くらいは買ってきたと思うのですが、この前買ったLED電球がまったく点きませんでした。もちろん他で試してみると大丈夫。お金全額返ってくるのですが、返送作業がちょっと面倒くさいですね。楽天ですでに替えを買いましたが、果たして次はどうか。

先日開催されたH-1グランプリ第2戦(千葉県・亀山ダム)の詳細などが公開されました。

SPONSORED LINK

スカッドミノー95FTN-60

スクリーンショット 2016-06-08 10.46.30

一般アングラーもトップアングラーも同じ土俵で戦うことができ、ハードルアーオンリーというルールのもと関東フィールドを転戦する「H-1グランプリ」。

参加者が毎年増え続けているという人気トーナメント、第2戦を制したのは川島勉さんでした。


 

チャンピオン川島さんが関東のメジャーフィールド亀山ダムをどう攻めていたのか、どんなルアーを使っていたのかなどについて気になっていた方も少なくないはず。

ヒーローインタビュー動画が公開されており、その中で当日の試合展開などについて語られています。

こちら↓

 

ここで下手に僕が解説するよりも、動画を見ていただた方が確実ですので、気になる方はご覧ください。エリア、ポイントなども出てきます。

ご自身が開発したポンパドールなどから攻め、最終的にはスカッドミノー95FTN-60で優勝へと導くバスを獲ったようです。

シャッドやクランクを巻いたり、エレキを突っ込んで "オイカワを散らす" ことによって、意図的にフィーディングを作り出し(?)、上から下まで巻いてTN-60で食わせたとのエピソードも(7分30秒くらい~)。

 

 

他選手のヒットルアーも公開

2016-06-08 10.56.54

ヒットルアー公開

ウエイインした全選手のヒットルアーが公開されることも、H-1グランプリのおもしろさのひとつであることは以前にもご紹介させていただきました。

そして今回の第2戦の分も公開されています。亀山でどんなハードルアーが釣れていたのか。

バス釣り雑誌やDVDにもたびたび登場するような有名アングラーやバスプロの方の使用ルアーももちろん参考になりますが、一般人の方のヒットルアーというのはよりもっと参考になるような気がしています。

自分のような週末アングラー、大してうまくない、ボウズも全然あり得るような釣り人からすると、一般の方の情報の方が親近感があり(勝手に)、再現性もある(ような気になってしまいます)のではないかと感じています。

≫全選手のヒットルアー一覧はこちら

 

TDハイパークランクでも!

ゾーイやギリング125、ブルシューターJrなどのギル系ベイト、シグレやシケイダーなどの虫系トップ、ステルスぺッパーやグリマーなどのI字系・・・

などヒットルアーは様々ですが、そんな中に「TDハイパークランク」という文字も!

伊藤巧さん含め、上位お二人の方が亀山でハイパークランクで獲っていたようです。これは勝手に1人でテンション上がってしまいました。

こんな記事を書いたこともあるくらい、個人的に大好きであるTDハイパークランク。


好きとはいえ、最近は全然使ってあげていませんでした。もちろん亀山でも投げたことはありません。

これで釣れたら嬉しいだろうな~。ということで、次回行く時はハイパークランクも投げてみたいと思います。そう簡単に釣れるわけはないのですが。

次の第3戦フィールドは6月26日(日)、茨城県・牛久沼です。

via:spawnermovie

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週よく読まれている記事たち
hebinuma人気記事ランキングへ

■HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

■当サイトについて
なぜhebinumaを立ち上げたのか

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

【結果】バサーオールスタークラシック2014、優勝は・・・青木大介さん!!

2016「H-1グランプリ」第3戦(牛久沼)、優勝は高橋一夫さん!牛久沼は二連覇!

「JBトップ50」の開催スケジュール。今年は結果だけでも紹介していく予定です

2016「H-1グランプリ」第2戦(亀山湖)、優勝はジャッカルチーム川島勉さん!

昔は「釣り」がオリンピックの正式種目だったという事実

優勝者エバース選手が使っていた、ウイニングルアー4つとは?

H-1グランプリ第5戦(津久井湖)、優勝は佐藤光選手! そして、年間総合優勝はオリキンさん!

青木大介さん、がっつり7日間プラ & ルアーは「スピードクロー」か!?

【修正/約3キロです】優勝者エドウィン・エバース、約4キロのビッグフィッシュ賞も獲得か

アメリカの賞金額が約3,600万円! 同じバス釣りでこんなにも差があるとは。

『小さな恋のうた』で有名なモンパチに、釣り好きメンバーがいた!しかも優勝経験もアリ。

【まとめ】「バサーオールスタークラシック2015」、出場選手一覧 & 各メーカーブース情報。

「バサーオールスタークラシック2016」の栄冠は誰の手に? 開催日時や出場選手一覧など

2016「H-1グランプリ」第1戦(相模湖)、優勝は21歳の若手選手!

冨沢真樹選手!ジャパンスーパーバスクラシック2016を制したのは、平成生まれの超若手アングラー

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です