「レザーロッドホルダーⅡ」。リューギの大人気陸っぱり用アイテムの新作登場

公開日: : 小物アイテム, RYUGI

iPhone7。

次期モデルとしてiPhone7が出ることはほぼ確実ですが、いろんな情報が飛び交うようになってきました。信憑性はどの程度かわかりませんが、GIZMODEによると全面ディスプレイになる可能性もあるとの見方。こんなのになったら画期的ですが、釣り人としては早くiPhoneも完全防水仕様になって欲しいところです。

ではでは、リューギの陸っぱりに便利な新作アイテムの紹介です。

SPONSORED LINK

レザーロッドホルダーⅡ

スクリーンショット 2016-05-20 12.09.03


フック界で、釣り人からの支持率をどんどん高めているRYUGI(リューギ)。

今年中には伊藤巧さんが開発するフック登場予定だったり、フックだけでなくビフテキリグなどの新たな釣法を提案したりと、なにかといま勢いのあるブランドです。


そんなリューギから、新作アイテムが登場です。それが↑の「レザーロッドホルダーⅡ」。定価5,800円(税抜)。ブラウン/ブラックの2色。

その名の通り、今回ので第二弾。第一弾もその機能性とデザイン性が評価され、一時は品薄状態になるほどに人気でした。

国内生産になり、さらにプライヤーホルダーが新たに標準装備されました。ベイト、スピニングどっちにも対応。

グリップ部とバット部の2点で固定するので『ちょっと小走りしてもロッドが倒れることはない。』とか。レザーの高級感も好評のようです。

前作同様、今作も人気商品となり品薄になることが予想されます。追加生産もあるか不明なので、気になる方はお早めにチェックしておいた方がいいかもです。


via:
RYUGI

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週よく読まれている記事たち
hebinuma人気記事ランキングへ

■HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

■当サイトについて
なぜhebinumaを立ち上げたのか

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

日本野鳥の会「バードウォッチング長靴」、いい評判しか聞かない。思い切って買ってみた。

水中カメラ『魚っちカメラ2』というおもしろアイテムがちょっとだけ気になる。

渋谷の熱帯魚屋「SENSUOUS(センシュアス)」で、オシャレでコンパクトな水槽を買ってみた。今日からエビちゃんと一緒にガンバるよ!

ヴィンテージ風の釣り「ブリキ看板」。これはインテリアとして普通にオシャレ。

Avail(アベイル)のスプールがもたらしてくれた2つの恩恵とは?

諸刃の剣「ダブルエッジ」、伊藤巧さんのこだわりが詰まったオフセットフックが10月登場

ジャッカルからヘビーカバー対応シンカー登場! え? 1個1200円・・・!?

ラパラ新作「フィッシュグリッパー」が、どうしてもエヴァンゲリオン量産機に見えてしまう件。

サカナ型ロボットの『ロボフィッシュ(ROBO FISH)』が本物っぽくてスゴイ!!

「Fishman(フィッシュマン)」のパックロッド、忘れてたハードケースが届いた。

結局「ラインクリッパーWITHカラビナⅡ」というジークラックのピンオンリールを購入。

6ヶ月間経って、初めて水槽を掃除してみた! やっぱメダカちゃん嬉しそうだな。

ティータイムでさえ釣りしたい人向けマグカップ「幸福漁人杯」がカワイイ。

【レビュー】タレックス「ラスターオレンジ」、実際にフィールドで見比べてきた。 水中、結構よく見えますよ。

KAHARA(カハラ)「ラバーランディングネット」がカラーラインナップ豊富でいい。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です