「ドライブホッグ」入手。意外にも(?)ダウンショットで、ふわりアクションを活かせそう

公開日: : 開封の儀, Lures, O.S.P

初めての自動車税の通知が来ました。

去年マイカーを初めて買ったのでそりゃはじめてなの当然なんですが、忘れた頃にやってくるとちと痛いですね。週に1回くらいしか乗ってないので、意外にもあんまり乗ってない。やはり都内の移動は電車が圧倒的に便利ですし、いつでもお酒も飲めますからね~。

ということで、O.S.P新作ドライブホッグについてです。

SPONSORED LINK

O.S.P初となるホッグ系ワーム

2016-05-09 10.20.11

DoliveHog(ドライブホッグ)」。
今年のO.S.P新作であり、O.S.P初となるホッグ系ワーム。もちろんこれまでドライブクローやドライブシュリンプなどはありました。ホッグ系も一応エビ系にもなるのかな?

あえてノンソルティ(塩なし)素材を使うことによって、中層やボトムでふわりとしたスローな誘いができるようになってるとか。

どんなスペックなのかなどについては、以下の記事をご覧ください。


 

先日入手しましたので、どんなワームなのか自分自身でも見てみたいと思います。開封の儀です。もう開封しちゃってますが。

 

思っていたよりもコンパクト

これが全体図。いろんなパーツがごちゃごちゃついてることの多いホッグ系ですが、ドライブホッグは少なめ。2016-05-09 10.21.56

そして特徴的なのがこのスカート。硬すぎず柔らかすぎな感じで、ノンソルティ素材のおかげもあって、水中ではふわりと開いてくれるっぽい。2016-05-09 10.21.20

手(パドル)。ボディに対してちょいデカめ、肉厚なところは、定番エスケープツインシリーズを彷彿とさせます。2016-05-09 10.20.49

 

そしてこの細かい脚。計8本の脚1本1本が繊細に動いてくれるのかな?2016-05-09 10.21.40

ドライブクロー3インチと並べてみて。結構なコンパクトサイズです。並べてる時に気付いたのですが、足の繊細感・ピリピリ感はドライブクローの方が上かも。2016-05-09 10.23.41

 

ダウンショットでもいい動き

最後にこのドライブホッグのリグについて。

テキサスやビフテキでの使うのはもちろん、意外にも(?)ダウンショットで使うのもいいとのことです。比重が軽いので、ふわりとしたアクションを活かせるのがダウンショットでもあると。

すこすこ釣りチャンネル 茶坊主さんという方が、ダウンショットでの水中アクション動画をアップされていました。メーカー公式なんじゃないか?くらいキレイに撮影されてるので非常に参考になります。

こちらです↓


たしかに比重が軽い分フォール時はふわり感ありますし、ボトムでは逆さ立ちしてます。謎の生命体感もある。

ホッグ系をダウンショットで使うってあんまりイメージなかったのですが(もしかして普通ですか?)、この映像によってだいぶイメージが湧きました。

最近は仕事に追われているのであんまり釣り行けてないですが、さすがにそろそろ行こうと思ってますので、次回以降のレパートリーの一つにしておきます。

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週よく読まれている記事たち
hebinuma人気記事ランキングへ

■HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

■当サイトについて
なぜhebinumaを立ち上げたのか

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

「キラーズバズバースト Jr.」、ガンクラフトのバズベイトに小型サイズも登場

BURITSU(ブリッツ)のオリジナルTが届いたので、さっそく着てみたゾ!家の中だけど。

ネルソン・ナカムラ「サラサラ」は超定番。見た目はフツーのペンシルベイトなんだけどね。

「アライくんスウィッシャー2」が届いた! カワイイな、これで釣ったら快感だろ!

Molix、MonsterKiss、WILDLURES、GANCRAFT の新作などを紹介

レイドジャパン「ホッグ系ワーム」、そろそろ発売か

O.S.P新作「ドライブホッグ」の正体。スカート付きのクロー系!?

話題のトップウォーター「ポンパドール」を買ってみた!

「ダークスリーパー」という久しぶりの?メガバスヒット作。完全にフックが見えない小型スイムベイト

「ガンティア」、ジャッカル新作ビッグベイトが2016年4月発売

「ディスラット」、アイマからネズミ型ルアー登場。

no image

「ドーン」。ジャッカルの新スピナベを買ってみました。

O.S.P「DoLiveCurly(ドライブカーリー)」、油断してた。これやっぱ釣れそう。

ジークラック「デイス160」、開封の儀してみる。

好調な「ピンコストレート」に新サイズ登場。縦浮きがバスにとって新鮮なのか?

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です