「忍虫(にんむし)」、デュオから毛入り・ソルト入りの虫系ルアーが新登場

公開日: : 新製品, Lures, DUO

朝方にまた戻す努力をしています。

12時くらいには寝て5時には起きるというスタイルを確立するために、今日からまたチャレンジ。見事5時には起き上がれたのですが、その後ソファでウトウト。大目に見てとりあえず起き上がれたことでも良しとします。ここから徐々にウトウトをなくしていけば、夢の朝型ライフだ。

久しぶりの新商品紹介。デュオです。

SPONSORED LINK

忍び寄っていく虫系

IMG_7222

忍虫(にんむし)」。
真虫という定番虫系ルアーを出しているデュオから、この夏前に新たな虫系ルアーが登場します。

全長38mm、フローティング、全12色、3匹入り、定価680円(税抜)、2016年6月発売予定。

何が「忍」なのかについては、開発者の相羽さんのブログ記事によると、

静かにバスにアプローチでき静かにバスに忍び寄って行ける

とのことであり、アピール力強めである真虫とは性格、役割が違うようです。

吸い込みアップ、毛で気泡

ソルト入り

フローティングモデルですが、敢えてソルトを入れることによって以下の2つに貢献しています。

◆飛距離アップ
◆吸い込みアップ

飛距離アップについては説明不要でしょう。吸い込みについては、ソルトが入ったことでフローティング力がやや弱まります。スレ気味、やる気のないバスの弱め吸い込みに対してもすっぽりと口にルアーが送り込まれるようになっているとのことです。

 

毛入り

さらに、この忍虫。ワームマテリアル内に毛が入っています

恐らく無造作(ランダム)にボディ内から飛び出していることになっていると思われるのですが、これが虫の触覚や足を表現できるだけでなく、毛についた小さな気泡が虫についた気泡を表現するとのこと。

毛配合のワームとしてはネジリー(ウォーカーウォーカー)やバイズクロー(ベイトブレス)もありますが、果たして虫系に含まれることで実際にはどんな効果があるのでしょうか。

水面に浮いた時に発生する表面張力はリアルな毛ならではの効果だと思われます。同じくデュオから出る真虫フェザーも、表面張力を出せるルアーでしょう。

GWも夏日もあったりと確実に夏に近づいてます。虫系ルアーもそろそろ効きそうな時期突入ですね。

via:DUO

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週もっともよく読まれている記事たち hebinuma人気記事ランキングへ

■HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

「バウンストレーサー」、これは結構まじで根掛かりしないメタルバイブかもしれない。

TWS搭載の「スティーズSV TW」、ついに明らかに! 2016年春発売。

ザリ型ジグ「メタルクロースピン」がもうすぐ発売!イマカツ、このオフシーズンに新製品ラッシュだな。

並木さんの「HP シャッドテール」動画見てたら、ますます欲しくなってきた。これは楽しみだ。

デュオ「オニマス」、2016年1月発売。ようやく公開された水中アクション。

イッセイからロッド登場か!? 果たしてどんなロッドに仕上がっているのか。

「レベルバイブブースト」に7gが追加!!軽量サイズの仲間入りだゾ!

「レーシングアベンタクローラー」開発中! 今度のイマカツはウッド素材トップだ!

「ムシガエル」とうソリッドボディの虫系ルアーが、ジークラックから新登場

「AR-Wピンテール」登場! かつてイモグラブで一斉風靡した本山博之さんプロデュースだゾ!

「凜牙」専用のリブレ×イッセイの限定ハンドルが発売される! 今さら感ハンパないけど、カッコイイ~。

「グリフォン」「ドッグX ディアマンテ」など、2016年 Megabass 新作ルアーたち

シマノ「16ナスキー」登場。実売10,000円前後では最もコスパが良いかもな豪華スペック

「ジリオン TW HLC」登場。2016年6月頃の発売予定。

KROMUSHI(ケロムシ)。すり抜け良さそうな虫系ルアーがデプスから登場

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です