「JBトップ50」の開催スケジュール。今年は結果だけでも紹介していく予定です

公開日: : 最終更新日:2016/09/11 トーナメント・大会, JBトップ50

最近、右目に違和感です。

最近と言うか、半年くらい前からなのですが、右目の下瞼あたりに異物があるような気がしてるんです。目洗っても、涙出しても完全に取れることはなく。レーシックした影響だったら怖いのですが、毎日PC画面見まくってることによる目のオーバーワークだ思いたいです。

今年は、JB公式トーナメントを一部だけですが、追いかけたいと思います。

SPONSORED LINK

最高峰トーナメント「JB トップ50」

スクリーンショット 2016-04-18 17.42.19

今年から、国内における公式トーナメント情報について、もう少し追いかけてみたいと思っております。

とは言っても公式トーナメントも全国各地で大小さまざまな大会があり、すべてを網羅するのは非常に難しいので、まずは日本における最高峰トーナメント「JB トップ50」の結果について発信していく予定です。

まずは2016年、のJBトップ50の開催スケジュール。

以下の通りです。

第1戦 ゲーリーインターナショナルCUP 4月8日(金)~10日(日) 早明浦ダム(高知県)
第2戦 ベイトブレスCUP 6月3日(金)~5日(日) 野村ダム(愛媛県)
第3戦 東レソラロームCUP 7月8日(金)~10日(日) 七色ダム(奈良県)
第4戦 エバーグリーンCUP 9月9日(金)~11日(日) 檜原湖(福島県)
第5戦 がまかつCUP 10月21日(金)~23日(日) 霞ヶ浦(茨城県)

2016年、JBトップ50の出場選手一覧はこちら。雑誌などでもお馴染み&人気の有名プロが数多く(当然ですが)出場することになっています。

第1戦は先日開催され、小森嗣彦さんが優勝を飾りました。その時のついての記事は以下から↓

 

 

少しでも貢献できれば

2015-10-18 07.31.37

現在の公式トーナメントの開催状況や結果について、常に把握しているような一般アングラーはものすごく数少ないような気がしています。

Deeep STREAMさんのこの記事でも言及されていましたが、

自分の周囲では誰がTOP50を制したかを知らないアングラーがほとんどです。

これ、本当にそう思います。

僕のまわりでもトップ50の結果を知らない(もしくは興味ない)ようなアングラーがほとんどです。

知りたいけど知れないのか、そもそもあんまり興味ないのかはわかりませんが、hebinumaを通して少しでも知ってもらうことに繋がればと思います。

僕自身も公式トーナメントに詳しい訳では全然ないのですが、最高峰トーナメントであるトップ50の結果を紹介させていただくことなら、まだできそうな気がしております。

ということで、6月開催予定の第2戦 ベイトブレスCUPの結果を、次回はお伝えさせていただきます。

via:JBNBC

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週よく読まれている記事たち
hebinuma人気記事ランキングへ

■HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

■当サイトについて
なぜhebinumaを立ち上げたのか

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

【JBトップ50】第4戦チャンピオンは、五十嵐誠選手!ウイニングルアーは自作モノ?

ケーシー・アシュリー?大森貴洋?モリゾー? 2015バスマスタークラシックのダイジェストが公開されたゾ!

「H-1グランプリ」、全選手のヒットルアーを公開しているところも魅力の一つ

2016「H-1グランプリ」第2戦(亀山湖)、優勝はジャッカルチーム川島勉さん!

【JBトップ50】第3戦の優勝は、小森嗣彦選手!今シーズン2度目チャンピオンに

昔は「釣り」がオリンピックの正式種目だったという事実

りんか準優勝!!そしてDゾーンすげぇえええ!!

アメリカでも!? 日米チャンピオンが2人とも「スピードクロー」を使用してたっぽい。

【JBトップ50】第2戦チャンピオン北大祐さん!そして今江克隆さんも完全復活へ!?

「バサーオールスタークラシック2016」の栄冠は誰の手に? 開催日時や出場選手一覧など

「the another Dimension」予約販売スタート。バサーオールスタークラシック2015の青木大介さん密着DVD!

バスマスターエリートシリーズ第4戦(レイクハバス)、優勝者はアーロン・マーティンス!

2016「H-1グランプリ」第3戦(牛久沼)、優勝は高橋一夫さん!牛久沼は二連覇!

冨沢真樹選手!ジャパンスーパーバスクラシック2016を制したのは、平成生まれの超若手アングラー

JBエリート5、完全復活チャンピオンに輝いたのは・・・番長、関和学選手!

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です