「パドチュー」をようやく入手。こんな風に奥まで中空になっているのがキモ

公開日: : 開封の儀, Lures, NORIES

ノリーズのワームって本当あんまり売ってないですね。

好きなカラーがないとかじゃなく、全く売ってないんですよ。このパドチューだって、何店舗か歩き回ってようやく見つけました。たまたま僕が行ってる店にないのかもしれませんが、フリップドムなんかもに付けるのに苦労したしな~。

ネットにもないから実店舗で頑張って探すしかなかったのです。でも、そうやって見つけたアイテムってのはすでに使う前から愛着あったりして、大切にしようと思うようになります。

今日はそんな実店舗でようやく見つけたノリーズのパドチューの開封の儀をしたいと思います。

SPONSORED LINK

完全に盲点だったパドチュー

2016-04-16 22.41.17

ノリーズの「パドチュー」。
昔から(ノリーズの前身ティファ時代から)あったようですが、完全に盲点でした。その存在すら認識していませんでした。

そんなワームをナゼいま?

それは先日の釣行で、友人がこれでよく釣っていたのと、伊藤巧さんによる解説や水中動画を見たからです。

詳しくはこちらから↓

その後ちょくちょくネットで調べてみましたが、いまいちよくカタチがわからない。ノリーズ公式HPを見てみても、チューブ系であることはわかってましたが、詳しい構造やカタチなどはわかっていませんでした。

ということで、もしかしたら同じように感じている方もいるのでは?と思ったのもあり、久しぶりに開封の儀をさせていただきます~。

細部を見てみる

これを探し求めていた。PADTUE、これでパドチューと読みます。2.5インチ。今回買ったのはチアユメロンというカラー。
2016-04-16 22.28.58

裏面ふむふむ。2016-04-16 22.29.11

ジグヘッドはやる予定ありません。ダウンショットとスプリットショットかな。特にスプリットショットでのフワンとした動きはやってみたいところ。2016-04-16 22.29.23

これが本体。パドルテールとチューブのハイブリッドでもあります。2016-04-16 22.30.23

裏面。2016-04-16 22.30.43

パドル根元部分の両サイドには、小さい突起(手みたいの)も付いてます。どういう役割があるんだろ。2016-04-16 22.38.31

顔面。かわいい目とヒゲ。2016-04-16 22.39.10

 

キモはボディ内部

パドチューのキモであるボディ内部。このように奥まで中空になっているのです。フワンした独特な柔らかい動きができるのも、チューブ形状ならでは。潰れるのでフッキングしやすいというメリットも。
2016-04-16 22.36.45

久しぶりに登場した専用比較くん(POP-X)と比べるとこんな感じ。2.5インチという数字だけ聞くと随分小さいような気もしてしまいますが、意外とそうでもないです。感覚的なことですが。2016-04-16 22.37.58

 

普段はあまり使わないスピニングタックルですが、このパドチューを使いたいがためにスピニング今年はもっと使おうかなと思うくらいです。

相当今さら感ありますけど、マイブームになりつつあります。未だ1匹も釣ってないのですが。

流れの弱い小河川などでのスプリットショットが楽しみ過ぎです。この記事を書いた時にも紹介した動画のようなアクションを出せるかと思うと、妄想が独り歩きしてしまいますね!

往々にして、こうやって前々から期待してると、あんまり釣れないという自分なりのジンクスもあるのですが。。

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週もっともよく読まれている記事たち hebinuma人気記事ランキングへ

■HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

「チビタレル」ようやくゲット! 意外とガンタレルと違うとこもあった

「タイニーシグレ」、Megabassの定番セミルアーに2.7gサイズが新登場

レイドジャパン「ホッグ系ワーム」、そろそろ発売か

レインズ「インセクター」、絶妙な浮力という虫系ルアーを買ってみた&使ってみた

ニシネルアーワークス、ハンドメイドの異彩を放つルアーたち。

くびれあり。「ピックルワーム」、ゲーリーから太めストレートが新登場

「EARTH WORM(アースワーム)」、リアル系ミミズワーム登場。380円~!

今さらだけど「ハンクル ジョーダン」。なにかと釣れるって聞くしね。

結局「ラインクリッパーWITHカラビナⅡ」というジークラックのピンオンリールを購入。

レイクポリス「RS-150」。懐かしのジャッカル初期のハードルアー。

「ウェアラブルルアー」入手。カメラ内蔵できるルアーとは、一体どんなものなのか

ビッグミノー「KANATA(カナタ)」。30gとは思えないようなキレアクション

少しだけ大きい「フリップギル 5inc」、2016年1月登場。

自動膨張式ライフジャケット「ラフトエアジャケット VF-052K」開封。外観や内部構造、細部をチェックしてみた

「シェイクシャッド」「Dスパイカー」など、2016年 DSTYLE 新作ルアーたち。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です