「野良ねずみ」、ティムコからもラット型ルアーが新登場

公開日: : 新製品, Lures, TIEMCO

昨日書いた、hebinuma2周年の記事。

アップ後、何人の方からメッセージなどをいただきました。ありがとうございます。順番に返信させていただきます。またFacebookでの友達申請していただいた方も順に対応させていただきます。

ラット(ネズミ)型のルアーが今年は増えてきそうな予感です。

SPONSORED LINK

ティムコから、虫として使うラット型ルアー

1

野良ねずみ」。
こんなにもわかりやすい名前のルアーがあるでしょうか。ティムコからもラット型ルアーが新登場します。

全長88mm、重量4g、全6色、定価1,015円(税込)、2016年5月頃の発売予定。

スペックを見ていただければすぐにわかると思いますが、ビッグベイトではありません。全長10cm以下。しかもハードルアーでもありません。

エラストマー素材でできているようですので、ワームの類。オフセットフックを刺して使うように設計されているので、下半身にはスリットも入っています。

浮くので、虫系として左右への首振りも可能の模様。実際に触ったわけではないので尻尾がどの程度柔らかいかわかりませんが、ボディ本体から遅れて左右へユラユラ動きそうです。

 

ネズミを食うバス

今年は各方面でちらほらと、ラット型ルアーが来るのか?と言われてることを耳にします。デプスやアイマからも出ることが確定しており、注目ルアージャンルの一つになっています。


 

ビッグベイトだけでなく、ワームなどでもラット型がいくつか出てくるのでしょうか。

バスがギルを食ってるのは見たこと多いと思いますが、ネズミを食ってるのを見たことある方は多くはないんじゃないでしょうか。

いまいちネズミが水面を泳いでいる姿や、それを食ってくるバスがイメージしにくいのですが、海外とかの動画探したらあるのかな。イメージできるような動画などありましたら、また紹介させていただきます。

via:TIEMCO

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週もっともよく読まれている記事たち hebinuma人気記事ランキングへ

■HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

「バウンストレーサー」。ワイヤーガード付きのメタルバイブが登場。

盛三の新作「スイミングトゥルーパー」というスイミング専用ジグ。期待できそう。

「Revo Deez Spinning(レボ・ディーズ スピニング)」登場! 青木大介さんがプロデュースすると、スピニングまで劇的にカッコ良くなる!

ウェイクベイト「i-JACK(アイジャック)」登場! アンスラックスの血を引き継ぐのか!?

「メガラバ」?りんかがメガサイズのラバージグを開発している模様。はてはて、どうなのか?

エバグリからベイトフィネス専用ロッド「TKIC-65MLST-BK ブラックブライアー」登場!

「ディサイダースピニング」登場! ベイトだけじゃないゾ!

「ムシガエル」とうソリッドボディの虫系ルアーが、ジークラックから新登場

モリックス「リップレスクランク」登場。 つまり新作バイブレーションのことです。

デプス「ギラギラコウゲキ」のデカさがハンパない!! でも琵琶湖なら食ってくるんだろな。

ジャッカル「リズムウェーブ」登場予定! 秦さんプロデュースの新型シャッドテールだ。

イマカツから「アイアンマウス」登場! 2月発売のペンシルポッパー!

ギル版「ステルススイマー」を開発中・・・2016年中に登場か。

ビッグサイズ版は「ギガンタレル」として、2016年秋頃に登場予定

イッセイから2015年、クランクやらペンシルやらメタルジグやらビッグベイトなど、いろんな新製品がリリースされそうだゾ!

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です