デュオ、初の新卒募集スタート。実は国内トップクラスのルアーメーカー

公開日: : 採用・求人, DUO

花粉がしんどい。

薬飲んでても、鼻水、喉と目の痒みが出ます。今日の朝なんかは起きたらすぐに痒さに気付きました。去年もこんなんだったかな、症状。現代医学では花粉症って完治できないようですが、いずれ完治できるように進歩することを願います。1年のうち1か月くらいとは言え、これからこれが数十年毎年やってくると思うとつらい。

デュオの採用情報です。

SPONSORED LINK

2017年新卒を募集開始

スクリーンショット 2016-03-11 10.26.04

デュオが2017年新卒採用をスタートしています。2017年3月卒業見込みの大学生、つまり現在(2016年3月)時点で、大学3年生の方が対象です。

デュオとしては、初の新卒採用ということになるようです。中途採用(転職)はこれまでもやっていました。

まず概要は以下の通り。


 

【募集職種】営業、開発、生産管理、広報
【募集人数】1~5名
【学部】全学部対象
【給与】基本給200,000円
【勤務地】本社(静岡県焼津市)
【勤務時間】9:00~18:00


開発を募集しているメーカーさんは多いですが、新卒で営業も募集しているメーカーさんはあまり多くないはず。中途(転職)であれば、ちょいちょい見かけます。

広報も珍しい。各種プロモーションやイベント企画・運営などに、新卒から携われるのは貴重だと思われます。

採用詳細はこちら

 

国内トップクラスのルアーメーカー「DUO」

2016-01-29 17.29.06

デュオと聞いて『レアリスのとこでしょ?』と思う方も少なくないと思います。それも正しいですが、それだけではないのです。

1995年創業当時はルアー販売代理店でしたが、その後事業転換。現在は自社商品レアリス以外にも、他社メーカーのOEM生産なども手掛けています。つまり、国内他メーカーのあの有名ルアーも、実はデュオが生産してるってこともあるのです。

海外生産ではなく、Made in Japan。ゼロからプラグ開発・製造できるメーカーは日本でも数少ないですが、デュオの技術力は、業界内でも卓越していると聞いたことがあります。

昨年はこの日本発の技術力が評価され、テレビでも特集されていました。

 

さらに海外進出も積極的であり、すでに現在69ヶ国でデュオルアーが販売されてるいます。全世界196ヶ国中、1/3以上の国でデュオが買えるということです。海外営業を任された場合は、さらなる新規開拓、既存取引国での流通量アップが期待されることでしょう。

なお最終面接は、社長との面接になるので、エントリーする方は事前に安達社長のブログを読み込んでおいた方がいいかもしれません。

 

転職希望者へ

2015-07-15 18.49.16

今回のデュオの採用とは関係ありませんが、転職を考えている方へ。

僕はアラサーですが、すでに2回ほど転職しています。まわりを見てもやはり20代後半、アラサーで転職している知人も多いです。

普通にもっと給料アップや自分の成長を求めて、新たな環境へチャレンジしている友人がほとんどですが、中には釣りの為に転職した友達もいます。

釣り業界への転職ではなく、時間の融通が利く会社への転職です。急な休日出勤も当たり前、有休なんて制度上あるけど事実上(雰囲気的に)使えない、土日はたっぷり宿題が当たり前。

小さい頃からバス釣り大好きな彼でしたが、社会人になった途端に全く行けなくなってしまったのです。そしてもっと時間の融通の利く、ホワイトな企業へ転職したのです。

お金に困っているわけではなさそうでしたが、お金よりも時間を優先したということです。それまでは新作リールやルアー買っても、一度も使うことなくシーズン終わっちゃたりしてたみたいですから。

積極的に転職を進めるわけでないですが、転職することに関しては僕は肯定派です。実際に数年働いてみて、別の環境を求めることがあっても普通だと思います。1社目ってまだ社会に出たことない学生時代に選んだ会社ですから。

いまは定番のリクナビNEXTだけでなく、未経験業界を積極的に応援するハタラクティブ、向こうから希望に合った会社を提案してくれるmeetaなどもあります。

これらのサービスを利用して、在職期間中にある程度、次の転職先を絞っておく(あわよくば入社を確定させておく)というのが賢いやり方です。

辞めてから、『さあ転職活動しよう!』ほど不安になることはないですからね。

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週よく読まれている記事たち
hebinuma人気記事ランキングへ

■HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

■当サイトについて
なぜhebinumaを立ち上げたのか

◆こちらの記事もどうぞ

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です