デプス「スリザーラット」。今年はラット型ルアー元年!?

公開日: : 最終更新日:2016/04/05 新製品, Lures, DEPS

本当にWordPressの世界って奥が深いです。

さきほどもトラぶったのがきっかけでググってたら、新たな機能を発見。そんな使い方もあるのかと。のちほど自分のための備忘録の為にもと、書き溜めておこうと思います。

デプスの今年の注目新人、ラット型ルアーについてです。

SPONSORED LINK

アメリカではすでに実績のある、ラット型ルアー

2016-02-20 16.15.06

今年のフィッシングショーやキープキャストのデプスブースで、新作ルアーとして展示されていたラット(ネズミ)型ルアー。

TEST MODEL と表記され、名前さえ分からない状態でした。

そんなラット型ルアーですが、どうやら「スリザーラット」という名で開発が進められていることがわかりました。

スリザークといえばデプスを代表するルアーで、 "軽くて飛ばない" という意見もチラホラ見聞きしますが、いまでも人気フロッグのひとつです。

横浜フィッシングショーで初めて見たラット型ルアー。手前のバス型ビッグベイト(これはこれでなにか気になりますが)の奥でちょろっと見えるのがそうです。2016-01-30 13.19.28

そんなスリザークの名を冠した(?)スリザーラット、今回は誰がどう見ても軽いということは考えられません。むしろ重すぎの領域に入ってるかもで、ショーケース内のプロト(試作)を見た限りでは、2.5~3オンスくらいはありそうなサイズ感でした。

ジョイクロが誕生したころは、

『こんなんで釣れんの?』とあまりの大きさに驚いてしまいました。でもその分、釣れた時の喜びはハンパない。


しかしながら、今や2オンスくらいのルアーはさほどデカイと感じなくなってきている風潮があるように感じます。100g超えルアーもちょいちょい出てきてますしね。

それでもサーフェスルアーとしては、このスリザーラットは結構インパクトあるサイズ感になると思われます。先日紹介したimaのラット型ルアー「ディスラット」よりは、ほぼ確実にでかいでしょう。

去年1年間、ギル型ビッグベイトが流行ったように、今年はもしかしたらラット型ビッグベイトが流行るかもしれません。ima、デプス以外にも仕込んでいるメーカーさんあるのかも!?まったくわからないですが。

続報など分かりましたら、また紹介させていただきます。

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週よく読まれている記事たち
hebinuma人気記事ランキングへ

■HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

■当サイトについて
なぜhebinumaを立ち上げたのか

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

少し硬めな「ラストエース」。一口サイズのリアル系ベイトは、マス針下向きセッティング

【追記あり】「タトゥーラCT タイプR」、日本でも正式に販売開始。2016年8月~、実売19,000円前後か

「ゾーイ トップブレード」登場。 “キテレツ” なギル型チャターベイト!?

ビッグサイズ版は「ギガンタレル」として、2016年秋頃に登場予定

「野良ねずみ」、ティムコからもラット型ルアーが新登場

「Dスプーンマグナム」!ダイワからもマグナムサイズのスプーンが発売されそうだゾ!

「レベルバイブブースト」に7gが追加!!軽量サイズの仲間入りだゾ!

「モーターシャッド」。ゼンマイ式の、勝手に動くルアーが夏頃に登場。

RYUGI(リューギ)から伊藤巧さんのフックが出る予定。2016年6月頃。

「ピンコストレート」登場。 霞デザインオフィス第1弾ルアー!

ヘドンから今年も「干支ルアー」が出るゾ!今年はマグナムトーピードにファー仕上げ!

懐かし&今でも現役の「ラッキークラフト」ルアーたち、勝手に紹介させてもらいます

ついに「TATULA(タトゥーラ)HLC」発売! 実売20,000円台とかなり魅力的。

ビッグミノー「KANATA(カナタ)」。30gとは思えないようなキレアクション

「バスロイド」が死ぬほどリアル。イマカツ新作のバス型ビッグベイトがヤヴァイ。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です