「ギルロイド Jr.」登場。ただし、ブーツテールは "ジュニア" ではない。

公開日: : 新製品, Lures, IMAKATSU

アルタ。

交番前と並んで、新宿東口で待ち合わせする時の定番ポイントです。笑っていいともが収録されている場所としても有名でしたが、どうやらスタジオとしての役割を終えるようですね。36年の歴史に幕を下ろすようで寂しいですが、ビルとしてのアルタは存続するようで、まだ良かった。

イマカツから新作ビッグベイトがリリースされました。

SPONSORED LINK

通常サイズのブーツテール搭載

img_0130-1

ギルロイド Jr.
その名の通り、昨年出たギルロイドのジュニア版です。リアル塗装である3Dリアリズムも施されています。

全長135mm、重量1.8オンス(約50g)、全9色、定価4,320円(税別)、2015年3月発売。はやいところだと、すでにショップに並んでいます。

通常ギルロイド(160mm、約80g)から大幅にサイズダウンしているものの、ブーツテール(↑写真、ゴム製のぷっくりしたシッポ)はそのまま通常ギルロイドと同じサイズ

今江さん曰く『水を捕まえて、パワーを残す』ためには、ボディサイズに合わせた小さなテールでは物足りないので、通常ギルロイドと同じブーツテールを採用することになったそうです。

一応ブーツテールだけでなく、フラットテール(一般的な普通の)も付属しているようですが、ブーツテールで使うことをおすすめしていました。

ギルロイドジュニアもそこそこ売れるでしょうが、やはり気になるのはこの後に控えているステルススイマーのギル版。

フックが完全内蔵されているギル型ビッグベイトは、今回以上に反響を呼びそうな予感。でもさっきの記事で言ったように、ギル型よりもラット型の方が釣り人にとっても新鮮だし流行るのかも!?

 

via:hosaking

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週よく読まれている記事たち
hebinuma人気記事ランキングへ

■HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

■当サイトについて
なぜhebinumaを立ち上げたのか

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

DAIWA×issei 限定コラボ「タトゥーラ HLC TW 6.3」、2016年11月頃に登場

「ZILLION(ジリオン)TWS」日本発売に向けて、ダイワが動き始めている!!

「フーラ」誕生! 青木さんディスタイルの新作ワームだゾ!

超人気「ブルフラット」に3インチが追加!! これで全3サイズのラインナップに。

2本で1,800円!「ステルススイマー」、ようやく2016年5月末に発売

「バスロイド寒鮒/寒鯉」、フィッシングショー限定カラ―として登場か!?

イマカツから「アイアンマウス」登場! 2月発売のペンシルポッパー!

超軽量!? アブも新型ベイトフィネスリールがあるっぽい!

「攻速ピラーニャ 3Dリアリズム」がまたリアル! ほぼ本物のギル。

no image

「ヒラクランクギル」のヒラ打ちが想像以上だった。正直舐めてた。

ノリーズのチャター「フラチャット」に14gモデルが追加。

no image

今さら?ジークラックから新アラバマリグ「MERRY-G FX JR(メリージーエフエックスジュニア)」が登場。

「RESERVE(レゼルブ)」、2017年新作ルアーの中で使ってみたいモノのひとつ

デュオ「オニマス」、2016年1月発売。ようやく公開された水中アクション。

「バーガー」、ドランクレイジー初となるギル型ワームが登場

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です