「ディスラット」、アイマからネズミ型ルアー登場。

公開日: : 最終更新日:2016/03/04 新製品, Lures, ima

まじで部屋が汚い。

hebinuma記事の為に撮影したワーム衣装ケースをごっそりPCデスクに持ってきたのですが、そのまま2週間。まさに散らかってます。しばらくは使わないだろうし、いったん今日明日で片付けよう。新しいバス釣り雑誌も発売されたし、今日には16アルデバランBFS XG届くだろうし、綺麗な状態にしておかないとな。

アイマから新作ビッグベイトが登場します。

SPONSORED LINK

ネズミ型ビッグベイト登場

スクリーンショット 2016-02-27 11.28.12

Disrat(ディスラット)」。
ima(アイマ)からこんなかわいらしいネズミ型のルアーが登場します。

全長185mm、重量40g、フローティング、全8色、定価3,500円(税抜)、2016年4月末発売。スペック的にはビッグベイトの扱いなりそうなサイズ感。

まさに水面を泳ぐ表層系ルアーであり、この大きく長い尻尾が特徴的。柔軟性の高いエラストマー素材でできているようですので、左右に大きく動いてくれそうです。

アクション動画を見てないのでなんともいえませんが、ボディ本体の揺れから遅れて尻尾が揺れるはずですので、全体的な左右への動きがより大きく見えそう。わかりやすく一言で言うと、クネクネ感すごそう。

 

ネズミ型ルアー、今年は流行になるのか

アイマといえば、ソルトフィッシング(特にシーバス)では定番ブランドとして君臨していますが、ここ最近はこのディスラット以外にもバス用ルアーを独自開発・発売するなど、バス界への進出も積極的。去年はクジラルが一部で人気になりました。

昨年はギル型ビッグベイトが流行りましたが、今年はネズミ型かもしれません。他メーカーも、ネズミ型ルアーを開発中との話も聞きます。この前のキープキャストでも、デプスがネズミ型の新作ビッグベイトを展示してましたね。

アメリカでは定番である(らしい)ネズミ型ルアー、日本ではどうなりますでしょうか。日本人にとっては、ネズミが水面泳いでるのって見たことない、馴染みがないような気もしますが。まあ、でも人間がどう思ってるかではなく、魚にどう映るかですからね。

注目ジャンルの一つです。

via:ima

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週よく読まれている記事たち
hebinuma人気記事ランキングへ

■HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

■当サイトについて
なぜhebinumaを立ち上げたのか

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

「BEAT Strong(ビートストロング)」というバズベイトが、O.S.Pから登場!!

「ジリオンTWS」の公式ムービー『Project T Japan EPISODE2』が公開。

「ルドラ」、スローフローティングとミディアムスローフローティング、どう違うのか?

衝撃!!「ZILLION(ジリオン)TWS」は、スーパーハイギアの9.1モデルも出るゾ!!

タトゥーラに「103-TW、103L-TW」が追加! ギア比5.5のローギアモデル!

「1516XXH」。これが、ジリオンTWS(ギア比9.1)の型番だと判明!!

ジャッカル「マッシュボブ 50MR」。敢えて一瞬だけ引っかかるクランクが登場。

「ライオットブレード」、根掛かり知らずなスピンテールジグがティムコから登場

「真虫 フェザー」登場。フェザーが生えて、いい感じにキモイ

ハートランドから新モデル「フォールトラップ」デビュー! ロングキャスト用のベイト2本。

ニシネルアーワークス、ハンドメイドの異彩を放つルアーたち。

カラー変化する「BLUE CHIME(ブルーチャイム)」、本当に変わるのか実験してみた

no image

あれ「ZILLION(ジリオン)TWS」もう出てる!?US版Amazonで普通に買えるゾ!

「レーシングアベンタクローラー」開発中! 今度のイマカツはウッド素材トップだ!

「マッシュボブMR」、川島勉さん新作クランクが登場。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です