「スレンダーシャッド」復活。これでジムがデカバスを釣りまくってたんだ、たしか。

公開日: : 最終更新日:2016/02/24 Lures

ルノアールってなんだかんだ便利ですね。

雰囲気がいいとかコーヒーがおいしいとかじゃなくて、電源とWiFiが使えることが圧倒的にいい。他のお店だと『電源WiFi使えます』的なことを謳ってても、いざ店内入ってみると電源使える席は数席しかなくて常に満席とか、WiFiまったく繋がらないとかもよくある。その点、ルノアールは電源使える席がかなり多いですし、ネットも快適に繋がりますね。途中で温かいお茶が無料で出てくるのも、やはり少しは嬉しいですけどね。

ジムこと村田基さんが愛用していたワームが、再販されています。

SPONSORED LINK

約10年ぶりに復活

12741900_958411910905943_2517792882797849494_n

スレンダーシャッド」。
ウォーターランドから出ていたこのワームが復刻です。村田基さんのお店、潮来釣具センターで販売スタートしています。

2サイズ(全長5インチ、6インチ)、全20色、10本入り、定価432円。

1998年頃、このワーム(白カラー)を使って村田基(ジム)さんが池原ダムでデカバスをばしばし釣ったような記憶があります(たしか)。当時はネットなんかないので、ロドリに出てきたそのデカバスの姿が新鮮で衝撃的だったのを覚えています。

しかも当時は、まだ初代アンタレスが出たばかりで、そのアンタレスを使って超クリアレイクでデカバスを獲る姿は、少年であった僕ら世代からはとてもカッコよく見え、日本とは思えない光景にワクワクしたものです。この頃から池原ダムの知名度が一気に高まり、全国からバサーが押し寄せるようになったのです(たしか)。

当時小学生くらいだった僕も、マネして買ってみたスレンダーリーチパドルの白カラー。今でも懐かしワームボックスにキレイに収まってます。上の茶色いのはダイワ、ジュラシックシリーズ。2016-02-23 11.43.16

村田基さんファンなどを中心に、大人気であったにもかかわらず、2007年には廃盤になってしまったこのスレンダーシャッド。復活を待ち望んでいた方も少なくないのでないでしょうか。

特にテキサスやダウンショット、スプリットショット(今はやってる人あまりいない)などで使うのが定番でした。同じくウォーターランドのアーマードスイマーのトレーラーとしても、ロドリなどで紹介されていたような(たしか)。

池原ダムのようなフィールドがあるようなこともビックリでしたが、ホワイトカラーのワームを使っていることも当時の僕はビックリしていました。白のワームなんて、釣れるわけないと思ってましたからね。

商品紹介というか、最終的には僕の思い出話のようになってしまいました( ・ω・)

スレンダーシャッドの購入はこちら

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週よく読まれている記事たち
hebinuma人気記事ランキングへ

■HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

■当サイトについて
なぜhebinumaを立ち上げたのか

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

「リザードクロー」、クリーチャー系ワームがima(アイマ)から新登場。2016年5月発売

DSTYLE「Dスパイカー」、2016年5月発売。青木さんが求めた『常にブレードが回り続けること』

釣り業界ではまだ珍しい定期便。メガバスが第二弾の受付をスタート

「チタラ」入手。想像以上にコンパクト、撃ちも得意なボードベイト

KROMUSHI(ケロムシ)。すり抜け良さそうな虫系ルアーがデプスから登場

「ビートルX ホバークロール」、羽が小さくなって生まれ変わった虫系プラグ

「ライオットブレード」、根掛かり知らずなスピンテールジグがティムコから登場

「ベイトベイト85」、S字スイミングもできる弱波動ルアーがノリーズから誕生

ルアーにも「STEEZ」ブランドが登場。2016年3月~発売。

ビッグサイズ版は「ギガンタレル」として、2016年秋頃に登場予定

「ウェアラブルルアー」入手。カメラ内蔵できるルアーとは、一体どんなものなのか

「リサ70F」入手。ワカサギ系ベイトのリアルなフォルム、質感とは

なぜ「KANATA(カナタ)」が発売前から品薄状態になっているのか

「ディービルシャッド」、ジャッカルから新登場。ソウルシャッドとの違いは?

限定POP-X(ポップエックス)獅子舞・唐獅子カラー

【2018年ver.】獅子舞カラーPOP-X、今年もムダに思わずポチリ…!

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です