近所なのに全然釣れなかった。牛久沼と「TDスピナーベイト」。

公開日: : 最終更新日:2016/02/22 Lures, フィールド, 懐かしのアイツら, DAIWA, 茨城(カスミ水系以外)

FF9のアプリが出ましたね。

スクエニから公式にファイナルファンタジー9のアプリが出て、AppStore有料アプリランキングで2,000円という価格設定ながら数日間1位になってます。というか、2,000円は高くはないですけどね。PC版も近々出るようで。これはFF9を当時プレステでリアルタイムでやってた世代としては欲しくなっちゃいますが、迷います。

金額ではなく、たぶん落としたらスキマ時間を全部これに費やしてしまう可能性が。ラスボスまで30~40時間はたしかかかるから相当。PC版いいな。ちなみに超どうでもいいですが、僕のお気に入りパーティはジタン、スタイナー、サラマンダー、ガーネットでした。オズマも殲滅。

タックル整理してたら懐かしのルアーが出てきたので、ちょっとそのことについて。

SPONSORED LINK

チャリで30分の強敵「牛久沼」

 

牛久沼。

関東有数のメジャーフィールドで、全体的にシャローでアシが群生。昔っからバスが生息していることでも知られており、ノリーズ田辺さんなどの有名アングラーが通っている(いた)ことでも有名です。老舗レンタルボートたまやも、ちょいちょい雑誌などにも出てきます。

しかしながら、東京からもアクセスもいいこともあり(カスミよりも近い)、また最寄駅からも近く電車でも行けるということもあり、プレッシャーは結構高い方かと思います。『出ればデカい。』とは言われてます。

僕はこの近くの龍ヶ崎市というところで小学生~高校生までを過ごしましたが(蛇沼も近所)、本湖(本沼)で釣れたことはほぼありません。

実家からチャリで30分くらいで牛久沼に行けたので何十回も行ってましたが、たぶん本湖で釣れたのは2回のみ。

そのうちの1回がこのバスです。40cm近くはあったのかな。フェンウィックのロッドにスコーピオン1500、ラインは確かスーパーGT-R。当時はガラケーだったので画質悪い。DSC00002 - コピー

龍ケ崎大橋という橋があるのですが、このあたりで釣りました。岸沿い巻いてて、回収直前にガバっと。

牛久沼は岸沿いはアシが生えてて陸っぱりできないところがほとんどなんですが、この周辺はコンクリートで護岸整備されてるんです。今はどうなってるのかわかりませんが。

『バスがいそうだから』という理由ではなく、『陸っぱりしやすいから』という理由で、いつも一人で行く時はこのあたりばっかりで投げてましたね。

 

TDスピナーベイトが、牛久沼フィッシュを

で、その釣れた時に使ってたのがこのダイワの「TDスピナーベイト」。たしかTDブランドとして終盤くらいに出してたスピナベだったような…当時はルアー名とかあんま気にしてなかったので、もしかしたらちょっと違うかも。
2016-02-18 08.45.38

いたって普通のスピナベ。今ではこのルアーはもちろん、TDブランドさえなくなってしまってます。2016-02-18 08.46.02

ブレードにはしっかりと「TEAM DAIWA」の刻印が。今でもTDバイブレーションとTDミノーだけはラインナップとして残ってますね。2016-02-18 08.46.31

このTDスピナーベイトが、僕に牛久沼で貴重なバスをを連れてきてくれたのです。

もう全然10年くらい使ってないし、こいつの存在を忘れてましたが、タックル整理してたら他のスピナベの中に埋もれてるのを見つけ、懐かしくなったのでこんなことを書いてみました。

ちなみに、牛久沼の本湖は結構シビアですが、支流はまだいいです。陸っぱりも結構できるし、実際に僕も支流などでは数十匹は釣ってるかと。巻きでも出たり。

そして本湖で2回釣ったうちのもう1回が何で釣ったか思い出せない。ヒルデブランドのスピナベだったけな。

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週よく読まれている記事たち
hebinuma人気記事ランキングへ

■HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

■当サイトについて
なぜhebinumaを立ち上げたのか

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

no image

千葉房総ダム、行ってました。

「タトゥーラ MAGO HD」、ガンクラフトコラボ第二弾リールが登場。2016年9月頃

香港・マカオで釣りしてきた ~3日目後半~

「コルクノブ」をジリオンTWに付けてみた。結構シブくて気に入っている。

香港・マカオで釣りしてきた ~1日目~

東京ど真ん中でドナルドソン! 「弁慶掘」で今年はトラウト放流中。

「ウェアラブルルアー」入手。カメラ内蔵できるルアーとは、一体どんなものなのか

「スティーズSV TW」、気になる価格が公式発表されていた!

【海外釣り】グアムでGTルアーフィッシング爆釣!…のはずが普通に観光で終了

航空業界とのコラボ! ANA×GANCRAFT限定「リップルクロー178」が誕生

ギル版「ステルススイマー」、フックだけではなくテールにも隠し味?

「ドライブスティックファット」、O.S.Pからバックスライド向けタイプが登場予定

くびれあり。「ピックルワーム」、ゲーリーから太めストレートが新登場

「ムシガエル」とうソリッドボディの虫系ルアーが、ジークラックから新登場

「バトラー 601MFB ラプター」購入。15年以上前のダイワ人気ロッドを今さら

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です